ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

自然史博物館がリニューアル

e0038811_6284163.jpg
最近ドイツニュースダイジェストに書いた記事を転載します。フンボルト大学のこの自然史博物館は、本当に内容が濃いのでおすすめです。門外漢の私が見ても、かなり興奮したほど。偶然にも私の友達のパートナーがフンボルト大学の教授で、実際にこの博物館に携わっている関係から、彼女を通じて記事を書く際にいろいろなことを教えてもらいました。



インヴァリーデン通りにある自然史博物館(Museum für Naturkunde)が2年間の改装期間を経て7月13日、リニューアルオープンしました。最初の3日間は入場無料ということもあって、約4万人もの人が訪れる盛況ぶりだったといいます。私も初日の午後に足を運んで来ましたが、親子連れが目立ち、至るところから歓声が聞こえてきました。

e0038811_626258.jpg
この博物館の大きな目玉は、入り口ホールにそびえる世界最大級のブラキオサウルスの化石です。約1億5000年前のこの恐竜の化石は1909年、当時ドイツの植民地だった東アフリカ(現タンザニア)で発見されたもの。すでに戦前から博物館に飾られていましたが、恐竜の研究が大きく進歩した結果、従来の骨の組み立て方では恐竜がその巨大な体重を支え切れなかったことが明らかになってきました。そこで最新の研究に従って、骨を組み立て直す必要が生じたのです。

今回の改装では恐竜の高さに合わせ、展示ホールの天井が増築されました。その間化石はカナダの専門家チームによって一旦解体され、海を越えたカナダに運ばれ、そこで修復。また化石を組み立てる際に必要な金属製の止め具も新たに作られたといいます。今年の春、久々にベルリンに帰って来たブラキオサウルスの化石をやはりカナダチームが組み立てたところ、身長は従来より約1メートル高い13.27メートルにも達しました。この数字は近々ギネスブックに載ることになるそうです。

e0038811_6265065.jpg
e0038811_629495.jpg
皇帝ヴィルヘルム2世によってこの自然史博物館がオープンしたのは1889年のこと。当時のドイツの植民地支配を背景に、急速にコレクションを増やしてゆき、現在では世界でも5本の指に入る規模を誇ります。見どころは、もちろん恐竜の化石だけに留まりません。太陽系の生成から始まり、多種多様な動物世界や人類の進化、最近の気候変動による生物への影響といったテーマを、実物とジオラマ、3Dの映像などによって、見て感じながら学ぶことができます。

e0038811_630151.jpg
さて、ようやく人ごみから開放されて外に出ると、あちらこちらからハンマーで石を叩き割る音が聞こえてきました。これは化石の産地で知られる南ドイツのホルツマーデンからこの日のために運ばれて来た粘板岩の山で、見つけた化石は自由に持ち帰っていいとのこと。嬉々とした子供たちの表情が印象的でした。入場無料の期間後も、自然史博物館の前には長い行列ができたとか。クヌートブームの次は、ひょっとしてブラキオサウルスブームがやって来るのでしょうか??
(ドイツニュースダイジェスト 8月3日)

せっかくなので、あと何枚か写真をご紹介しましょう。
e0038811_6311586.jpg
一番人気の正面ホールは人通りが絶えない。展示物を太陽光線から守るため、ガラスの天井から極力日光が入らないように工夫がされているという。

e0038811_6321986.jpg
古生物コレクションも充実。太古へのロマンを感じてしまう。

e0038811_6375615.jpg
初日の午後に行われた特別ショー。本物の人が恐竜を演じています。

e0038811_638166.jpg
Museum für Naturkunde
Invalidenstr. 43
Tel. 2093-8591
火-金 9:30-17:00
土、日、祝日 10:00-18:00
大人5ユーロ、学生3ユーロ

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-09 00:08 | ベルリン文化生活 | Comments(6)
Commented by akberlin at 2007-08-09 18:08
実は私の通っていたゼミや相方の研究室からとても近かったので、
一度、改装中に行ったことがあります。その当時はヴォーヴェライト市長
や、ニュースキャスターのアンネ・ヴィルがポスターで「展示物を
養子にしてください」キャンペーンを展開中でした。
展示物の保存や修復にかかる費用を剥製や標本を「養子」に
してもらってその寄付でまかなおう、ということだったようですが、
ある程度お金は集まったんでしょうか・・・。新規開店のこの
博物館、訪れてみたいです。
Commented by makrele at 2007-08-10 01:34 x
こんにちは!!はじめまして。
同じ自然史博物館についての記載でしたので、トラックバックさせていただきましたが届いていますか?尚そぐわないようでしたら、削除してください。
Commented by berlinHbf at 2007-08-11 01:47
>akberlinさん
なるほど、そういう経緯があったのですね!
恥ずかしながら当時はそんなこと全然知りませんでした。今年に入ってから中央駅の南口にブラキオサウルスの大きな模型が展示されたこともありましたね。実物はとにかく大きくて、写真1枚に収めるのがなかなか大変でした。
Commented by berlinHbf at 2007-08-11 01:49
>makreleさん
はじめまして!
ベルリン在住の方ですね。これからもよろしくお願いします。
残念ながらTBは届いていないようです。よかったらもう一度お試しください。
Commented by makrele at 2007-08-11 04:27 x
berlinHbfさん
再度試みましたが、うまくいかないみたいです。どうやらFCブログとExcite間では時々あるらしいのですが・・・。なので、そのページのアドレスを念のために貼らせて頂きました。
Commented by berlinHbf at 2007-08-12 20:12
>makreleさん
TBはやはりダメでしたか。エキサイト同士なら問題なくいくようなのですが、本当に何とかならないものか・・・

あの空飛ぶ恐竜ショーは、確かにちょっと不思議な代物でしたね(笑)。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング