ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

「カラヤンとフルトヴェングラー」(中川右介著)

e0038811_19323226.jpg
2日間通った週末のビールフェスティバルの余韻がまだ抜けませんが^^;)、最近読んだ本のこととかも少しずつ書いていきたいと思います。

まずは先月読んだ「カラヤンとフルトヴェングラー」という新書。
フルトヴェングラーとカラヤン、そして題名には入っていないがチェリビダッケという3人の指揮者をめぐる、戦中、戦後の混乱期の血みどろの権力争いが、筆者のかなり強い主観も交えて描れている。

これまであまり知ることのなかったフルトヴェングラーの意外な一面にも結構驚いたが、私としては「帝王」になる以前のカラヤンの話がとりわけ面白かった。
「カラヤン」は間違いなく私をクラシック音楽の世界に誘ってくれたうちの一人であるけれど、この人の録音や経歴を知るにつれていろいろな疑問が湧いてくることがある。例えば、

「1938年のカラヤン最初の録音は、(ベルリン・フィルでなく)なぜベルリンのシュターツカペレだったのか?」
「カラヤンが合唱曲で必ずといっていいほど起用するウィーン楽友協会合唱団というのはどういう団体なのか?(他の著名指揮者がこの団体を起用することはまずないので)」
「1953年の時点で、カラヤンがそれまでベルリン・フィルを振ったのは10回に満たないのに(ちなみに、ライバルのチェリビダッケはすでに403回も振っていたという)、なぜその数年後ベルリン・フィルの監督になれたのか?」

この本を読むと、それらの出来事の裏にある生々しい政治的な背景、カラヤンの策謀やその時々の思いが浮かび上がってくる。カラヤンにとって大きな転機となった、1955年のベルリン・フィルの初めてのアメリカ・ツアーが「首相のアデナウアー自身が企画したようなものだった」というのにも驚いたが、いまでもドイツでは政治と芸術の結び付きが日本とは比較にならないほど強いのをよく感じる。

ところで、今年創立125周年を迎えるベルリン・フィルは、記念の年にこれまで深くメスの入ることのなかったナチス時代のこのオケについて追求することを発表している。8月末からホール内で展示会が始まる他、ミシャ・アスターによる「帝国オーケストラ」という本の出版もその一環だ。中でも興味を引かれるのが、rbbで11月に放映される75分のドキュメンタリー番組(監督は"Rythm is it!"のエンリケ・サンチェス・ランチ)。1945年以前にベルリン・フィルで演奏していた最後の生き残りメンバー2人のインタビューも含まれているらしく、ぜひ見てみたいと思う。

e0038811_1934873.jpg
写真は昨年再オープンしたフリードリヒ・シュトラーセ駅前のアドミラル・パラスト(Admiralspalast)。旧フィルハーモニーが44年に1月に空爆されてから、この劇場に移して終戦直前までベルリン・フィルのコンサートは続けられたという。


今日は広島の原爆の日だ。あの年から62年。昨年の秋に初めて広島を訪れたので、いろいろな情景が目に浮かんでくる。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-08-06 14:20 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)
Commented by しゅり at 2007-08-07 06:16 x
マサトさん、こんにちは!
なんだか見覚えのある建物が・・・。
これってもしや(私にとって問題の例の)Melia Berlinの
隣の建物ですよね????
Admiralspalastだったのですか???
日本でいう1階部分ってカフェ?ですよね?
なんだろう、この建物と思いながら何度も往復したのですが・・・。
そういえば中庭?のような奥にKasseと書かれた看板とか駐車場とかも
あるみたいだったしずっとずっと疑問でした。
ちなみに涙の宮殿も工事中で囲いがしてあって
これも私の泊った部屋からよぉーく見えたのですが
涙の宮殿だと気がついたのは帰国後・・・・。
やんなっちゃいます(汗)。
Commented by gramophon at 2007-08-08 16:06 x
そんな所にアドミラル・パラストは在ったんですね。知りませんでした。

通常、普通の人が知らない舞台裏の駆け引きが色々出てて、この本は面白かったですね。

カラヤンはベルリン・フィルではなく、げーリングの招きで最初にStaatsoperを振った所為なのでしょうね。その最初の録音、《魔笛》序曲のSP盤を持ってますが、実に平凡な演奏です。とても、のちに帝王と呼ばれるようには全然感じられません。
Commented by kon'no at 2007-08-09 01:46 x
今日の産経に伯林伝で以下の記事があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070806-00000907-san-int
Commented by berlinHbf at 2007-08-09 05:46
>しゅりさん
Melia Berlinはいかがでしたか?
まさにその隣がアドミラル・パラストなわけです。僕もまだあの中で劇を見たことはないのですが、中庭を抜けたところにカッセがあって、劇場への入り口もそこからのはずです。涙の宮殿は工事中だから、よくわからなかったでしょう。
Commented by berlinHbf at 2007-08-09 05:53
>gramophonさん
意外かもしれませんが、アドミラル・パラストはまさにあのフリードリヒの駅前です。Sバーンのホームからもよく見えますね。

カラヤンの最初の録音はそんな感じなんですか。ただ、この本を読んでから、帝王以前のカラヤンの録音がまた違った趣で聞くことができそうです。
Commented by berlinHbf at 2007-08-09 05:56
>kon'noさん
先日はビール祭りでどうも(笑)。

教えていただいた新聞記事、興味深く読みました。例えば、ドイツとオーストリア、ベルリンとウィーンとでもカラヤンの受容のされ方というのは違うのでしょうかね。僕はベルリンで今まで、カラヤンのことをやたらと悪く言う人には出会ったことがないのですけど。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング