ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン州立バレエ団の"Shut up and dance! Updated"

昨夜はベルリン州立バレエ団(Staatsballett Berlin)の今シーズン最後のプレミエ、"Shut up and dance! Updated"を観た。バレエというと、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」を連想する人がいきなりこの舞台を見たらびっくりするだろう。というのもこの作品、5つの作品から成る連作なのだが、振り付けはシュターツ・バレエの若きソリストたち、音楽は国際的に有名なDJが書き下ろしたという電子音楽で、会場はいつものシュターツ・オーパーではなく、東の有名なクラブBerghainというのだから実験的要素がとても強い。

Berghainというクラブは、実はまだ行ったことがなかった。オスト(東)駅で降りて、小雨の振る中かつての東駅の広大な敷地をさまようところからこの未知の空間との出会いは始まる。工場やらコンテナやらが並ぶ敷地内を半分迷いながら抜けていくとやがて見えてきたのが半分廃墟のようなこのBerghainで、プレミエということもあり、会場内は特別な高揚感に満ちていた。

e0038811_017072.jpg
(c) E. Nawrath

ほぼ切れ目なく演じられる5つの作品は、神秘的なもの、怪しげな雰囲気のもの、ユーモラスに満ちたもの、それぞれ異なるカラーを持ち観る者を全く飽きさせない。作品によってはショーのようでいながら、それでいて高い芸術性が保たれているのはさすが。デジタルな音楽に載せて、中村祥子さん(着物のようなあでやかな赤い衣装)とかNadja Saidakovaといった、極めて高度な技術を持つこのバレエ団のソリスト級の人たちが次々に出てくるのは圧巻だった。クラシックなバレエと電子音楽と独創的な振り付けが組み合わさり、さらに独特のオーラを持つクラブBerghainで出会う。これはもうベルリンという空間でこそ生まれ得た作品、といえるかもしれない。

実は昨日はコンツェルトハウスでランランとバレンボイムのコンサートを聴くはずだった。チケットが買えなくて帰ろうかと思っていたら、そこで偶然出会ったバレリーナの友達がこの公演のことを教えてくれ、急遽観に行くことになったのだった。彼女によると、残り5回の公演はすでに完売状態なのだとか。思いもよらず新しい芸術創造の場に立ち会えて、昨日は本当にラッキーだった。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-06-28 17:28 | ベルリン文化生活 | Comments(10)
Commented by Rie at 2007-06-29 00:30 x
この記事とは全く関係のないコメントで申し訳ございません。ドイツニュースダイジェストの中で、中村さんのベルリンの壁の道の記事を読みました。ご指示通りにベルリン市ホームページでチェックしたのですが、その道のりのマップが見当たりません。もしリンクがお分かりでしたら教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。
Commented by kinoko at 2007-06-29 02:03 x
こんにちは!すごくおもしろそうなイベントですね!
うらやましいなぁ。
チケットチェックしたらやはり完売でした。。。当日券もないんでしょうか?
Suche Karteとか・・・。
ご存知でしたら教えてください^^
Commented by Kaorintan at 2007-06-29 13:17 x
個人的には実験的なものは苦手なことが多いのですが、舞台の写真を見る限りでは興味があります。同時に5つの作品を観ることができるのも魅力的ですね。Sucheしたらチケット手に入るのかなぁ。
Commented by 横須賀出身 at 2007-06-29 20:24 x
こんにちは。私の大好きなBerghainとクラシック音楽の共演なんて夢のよう。見たかったなぁ。
Commented by MOTZ at 2007-06-29 20:44 x
面白そうですね。最先端の場所でバレエ、というだけでなく
やはりベルリンの空気が絡むからこそ独特のものになったのでしょうね。
BERGHAINもその前身のOSTGUTも行ったことないんですが
「敷地を迷いながら進むとある廃墟」ってとってもベルリンぽくて
俄然行きたくなりました。
Commented by berlinHbf at 2007-06-30 08:53
>Rieさん
はじめまして!
「壁の道」については、以下のサイトをご参照ください。
ここに14のコースも詳しく紹介されていますよ。
http://www.berlin.de/mauergedenken/mauerweg/
index/index.de.php
Commented by berlinHbf at 2007-06-30 08:58
>kinokoさん
プレミエのとき、入り口付近でSuche Karteしている人を何人か見かけましたが、難しいようでした。何分会場が小さいから、チケットの枚数も限られてしまうんですよね。でも、ダメモトで行ってみる価値はあるかもしれません。
Commented by berlinHbf at 2007-06-30 09:07
>Kaorintanさん
せっかく踊りを見に行ったのに「踊らない」ダンスの公演、とかってたまにあるんですが、今回のはプロフェッショナルな技を存分に見せてくれた上での前衛作品だったので満足でした。5つの作品はもちろん照明、衣装とも全部違うので飽きません。
Commented by berlinHbf at 2007-06-30 09:09
>横須賀出身さん
こんにちは。たまにブログ拝見しています。
同じ横須賀出身とはうれしいです。Berghaiは初めてでしたが、とても気に入りました。また何か面白い催しのときにでも行きたいです。
Commented by berlinHbf at 2007-06-30 09:13
>MOTZさん
>「敷地を迷いながら進むとある廃墟」

本当にこの道でいいのだろうかと不安になってくるんですが、そういう気分で目指すクラブというのも悪いものではありませんでした。この周辺は再開発が進んでいるので、今のうちに行っておくべきかもしれません。もっとも、このクラブはなくならないでしょうけれど。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング