ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

シュターツオーパーの「サロメ」

1998年3月、私がベルリンに初めて来たときにシュターツオーパー(Staatsoper)で観たオペラが、R.シュトラウスの「サロメ」だった。以来このオペラは何度も観ているが、昨夜9年ぶりに同じ劇場の上演に再会することができた。

クプファー演出によるこの舞台はプレミエが意外に古く1979年にさかのぼる。今回が93回目の上演だという。98年に観たときの指揮者はホルスト・シュタインだった。だが、シュタインは当時体調がよくなかったのか、カーテンコールで一度を姿を見せることがなかったのをよく覚えている。本当に本人が指揮したのだろうかと私は今だに思うことがある。

昨夜指揮をしたのは若いフィリップ・ヨルダン。ぐいぐい引っ張っていく音楽作りは魅力的で、この作品のぎらぎらした音響を存分に満喫することができた。ただその分、私がドレスデンの「サロメ」で体験したような陶酔感には若干不足していたかも。何といってもこの夜はサロメ役を歌ったナディア・ミヒャエルが圧巻。最後まで体力を切らさず、太く表現力豊かな声で聴衆を完全に魅了させていた。他に、ヘロデ王のライナー・ゴルトベルクとヨハナーンのマーク・デレヴァンも大きな喝采を浴びえていた。
e0038811_23443553.jpg
ちなみに今月、シュターツオーパーでは“Staatsoper zum Kinopreis“としてオペラとバレエを映画館並の料金で聴けるキャンペーンを行っている。30歳以下の若者は、上から4つまでのいいカテゴリーの席をわずか7ユーロで聴けるのだ。ちなみに今月の演目は、「ドンカルロ」、「エレクトラ」、「フィデリオ」、「パルジファル」、「ジゼレ」、最近プレミエになった「皇帝ティートの慈悲」など。キャストが揃った公演も多いことだし、若い方々はこの機会にぜひ!

Musikalische Leitung: Philippe Jordan
Inszenierung: Harry Kupfer
Bühnenbild und Kostüme: Wilfried Werz

Herodes: Reiner Goldberg
Herodias: Rosemarie Lang
Salome: Nadja Michael
Jochanaan: Mark Delavan
Narraboth: Stephan Rügamer
Page: Simone Schröder

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-06-06 17:00 | ベルリン音楽日記 | Comments(14)
Commented by KSUZUKI at 2007-06-07 07:21 x
こんにちは、色々な演目が7ユーロで観れるなんて素晴らしいですね!エレクトラやパルジファルは大好きなので、、今からドイツに駆け付けたいくらいです(気持ちだけ…)。今すぐは無理ですが、10月はじめにはまたベルリン訪問しますので、あらためてここで色々予習させて頂きたいと思います。ただ、10月はちょうど入れ違いで国立オペラ座が日本にくるため、何も観れないのですが(^^;)。
Commented by shinno at 2007-06-07 07:32 x
パージファルは行ってみたいですねぇ。
Commented by gramophon at 2007-06-07 11:10 x
壁崩壊前の、1989年の秋にシュターツ・オーパーで観た《サロメ》はマサトさんが何度も観たのと、同じ演出だったんですね。2階の端の方でしたが、ドイチェオパーとの音響の違いに吃驚した記憶があります。でも、演出に覚えがありません。何を見てたんだか…
Commented by Kaorintan at 2007-06-07 17:36 x
残念ながらサロメはまだ観たことがないのですが是非観てみたいですね。
それにしても7ユーロとは! 一見敷居が高いように感じて中々オペラに行かない人でも、このお値段なら行ってみようかなと思うでしょうね。
日本でもこのようなことを取り入れて欲しいものです。
それにしても良い鑑賞ができて良かったですね♪
Commented by berlinHbf at 2007-06-08 20:49
>KSUZUKIさん
今月でシーズンは終わりなので、私もできるだけ見ておきたいと思っています。また10月にいらっしゃるのですね。おそらくいい演目がたくさん並んでいるのではないでしょうか。
Commented by berlinHbf at 2007-06-08 20:51
>shinnoさん
パルジファルはバレンボイム以下、豪華キャストの公演なので特におすすめですよー。
Commented by berlinHbf at 2007-06-08 20:52
>gramophonさん
この演目をDDR時代にご覧になっていたとは、すごい・・・
私はてっきり、90年代に入ってからの演出だと思っていました。
Commented by berlinHbf at 2007-06-08 20:55
>Kaorintanさん
日本でもこういうことが実現したらいいだろうなと私も思いますが、問題はどこがお金を出すかですね。今回の7ユーロ企画は、Vattenfallというエネルギー会社がスポンサーになっているそうです。
Commented by KSUZUKI at 2007-06-08 21:11 x
10月は国立オペラ座が日本に来日公演を行なう関係で、ちょうど行き違いとなるためベルリンのオペラ劇場そのものに行ってもだいたい休演が多いみたいです…(^_^;。残念なのですが。地道に美術館巡りをずる予定です。
Commented by Kaorintan at 2007-06-08 23:30 x
>今回の7ユーロ企画は、Vattenfallというエネルギー会社がスポンサーになっているそうです。

さすが音楽の都といった感じですね。このような社会貢献ならより一層大歓迎です。
Commented by rbhh at 2007-06-11 01:22
私は3月にウィーンで、ナディア・ミヒァエルが歌う『フィデリオ』のレオノーレを聴きました。彼女、とにかく目立ってました。素晴らしい声の持ち主だとほれぼれしました。またベルリンで歌う機会があったら是非とも行ってみたいと思います!
Commented by berlinHbf at 2007-06-11 06:50
>KSUZUKIさん
それは残念ですね。ただ、ベルリンにはまだ2つもオペラハウスがありますし、きっと楽しみは尽きないと思います。よい滞在になりますように。
Commented by berlinHbf at 2007-06-11 06:55
>Kaorintanさん
こういう企画はどこかスポンサーになってくれるところが見つからないと難しいですからね。あまり知られていませんが、ドイツはメセナ活動がかなり活発に行われているようです。
Commented by berlinHbf at 2007-06-11 07:01
>rbhhさん
お久しぶりです!ナディア・ミヒャエルのレオノーレ、これもよさそうですね。やはり目立っていましたか。オペラシーズンも今月で終わりなので、あといくつかは観ておきたいです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング