ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

「パリ五段活用」(鹿島茂著)

e0038811_9244753.jpg
ベルリンに住み、ベルリン関連の本を読み、ベルリンについて書いてばかりいると、たまにはこの街を離れたくなる。せめて空想上だけでも、ということで、先日読んだ「パリ五段活用」(中公文庫)という本について少し書いておきたい。筆者の鹿島茂さんはパリについての本を何冊も書いている方だから、ご存知の方も多いことだろう。背表紙の紹介文によると、『「食べる・飲む」「歩く」など8つの動詞からパリのもつ「唐突で曖昧な」魅力を展開した知のガイドブック』。

雑誌などに書かれたものをまとめた本なので、やや統一感に欠ける印象も受けたが、さすがに内容は読ませる。自分としてはベルリンとの接点を探しながら読んでも面白かった。とりわけ鮮やかだったのは、それまで前近代的だったパリが、19世紀半ばの都市改造をきっかけに街に光が入り込むようになり、同時期に誕生したデパートと第1回印象派展の間に実は大きなつながりがあったという話。河合純枝さんの「地下のベルリン」で知った気送郵便の話も出てくる。パリのプヌマティック(気送郵便)は比較的最近の1984年まで現役だったのだそうだ。読みながら思わずゴクリとなった、フランスパンの歩き喰いというのも一度やってみたい。

こういう都市の歴史探索的な本は、パリに関してなら日本語で書かれたものだけでも無数にあるだろうに、ベルリンに関してとなると途端に少なくなる。ベルリンだって探せば面白い話はいくらでもあるのになと思う。日本人一般の関心度でいえば、ベルリンがパリにかないっこないのはわかっているけれど。

奇妙に印象に残ったのは、「かぐ」という章のパリの地下鉄の匂いに関するエピソードだった。ベルリンの地下鉄の匂いはかなり独特だと思うが、パリのそれもかなり独特なものであるらしい。
なんのことはない、パリのメトロの匂いとは、浮浪者たちの体臭と、小便の染み込んだ新聞紙の匂いと、芳香剤入りの消毒薬の混じり合った匂いだったのだ。もちろん、これにパリの浮浪者たちに欠かせない葡萄酒の甘酸っぱい匂いを加えれば、メトロの匂いのアマルガムとしては完璧に近いものが出来上がるだろう。だが、この匂いがまったく不快なものかと言えば、必ずしもそうとは断定できない何かがある。それは奇妙に懐かしく、またどことなく恥ずかしい、人間そのものへのノスタルジーをかきたてるような匂いだった。
こういう話を読んでパリに行きたくなったら、それは作者の罠にはまったということなのだろう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-27 19:10 | ベルリンを「読む」 | Comments(9)
Commented at 2007-04-28 07:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MOTZ at 2007-04-28 18:03 x
おもしろそうな本また教えていただけて嬉しいです。
古い本ですが「パリ 旅の雑学ノート」(玉村豊男 著)も面白いですよ〜。華美で優雅なパリじゃなくて、それこそツンと刺激臭がするような内容です。

匂いっていうのは記憶を瞬時に引き起こしますね。
たまに東京でもJRのホームで線路が摩擦熱で焼け焦げたような匂い
(わかりにくいですね)を嗅ぐとドイツの列車を思い出しますし、
ゴム臭さ+生温い風でベルリンのUバーン、
アンモニア臭+ソーセージやハンバーグ系の良い匂いで
Sバーンの駅がフラッシュバックします。
Commented by Ryoko at 2007-04-28 23:29 x
Masato san
お待ちしてますよー。ぜひパリにいらしてください!
確かにメトロは匂います。が、この文を読めばちょっと納得です。
私もパリに移住する前に持っていたイメージと実際のものとはかなり違っていましたが、今住んでいて思うことは、やはり何か魅力のある街だということ。マサトさんも自分の五感でパリを感じでみて下さい。
Commented by berlinHbf at 2007-04-29 19:59
>MOTZさん
「パリ 旅の雑学ノート」は有名な本ですよね。すごく読んでみたくなりました。

>匂いっていうのは記憶を瞬時に引き起こしますね。

本当にそれはありますね。私だと例えば、アスファルトに染み込む雨の匂いによって幼少期の記憶がよみがえるとか。ドイツは石畳なので、その機会はなかなかないのですが。
それはともかく、MOTZさんの例が面白すぎました(笑)。なるほどなあと思って拝見しました。
Commented by berlinHbf at 2007-04-29 20:08
>Ryokoさん
パリからのコメント、お待ちしておりました!
パリは2回ほど行ったことがありますが、いずれも駆け足だったので今度はゆっくり訪ねてみたいです。前回とは違って、その時は路上や街灯、地下鉄の匂いなどにも関心がいくことでしょうね。
Commented by la_vera_storia at 2007-05-01 16:36 x
中央駅さん、息抜きにパリですか(笑)。鹿島茂さんは私も個人的に存じ上げています。大変なパリ通の方です。どちらかといいますと具体的な事物についての歴史的な知識が非常に豊富で、パリのいろいろな事象に焦点を当てる記述をされる方で、非常に勉強になります。パリについて鹿島さんの本とはある意味で対極的な記述をされる方が浅野素女さんです。浅野さんの本は数が少ないですが、以下の本を是非読んでみて下さい。(多分こちらのほうが多分中央駅さん好みです。)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9973384571
Commented by la_vera_storia at 2007-05-01 16:37 x
パリの匂いですが、私にとってそれはゴロワーズ(そしてジタン)の煙の臭い以外の何物でもない(なかった)、と思っています。生まれて初めてパリに行ったのは65年でしたが、子供ながらにあの強烈な臭いには驚きました。カフェで、駅で、街角で、映画館で...まるで街中に充満しているような印象を持ちました。ところが80年代の初頭を境にして、この臭いはだんだんと姿を消し、現在では特定の限られた場所でしか臭いません。今では、”Fumer tue”の「掛声」のもと、こうしてフランス映画のパリは「消えた」わけです(笑)。
Commented by la_vera_storia at 2007-05-01 16:39 x
自分でもベルリンのブログでパリについてのコメントを書くとは思いませんでした。今、旅の途中のモスクワです。いつかベルリンでお会いしてお話しましょうか。 えっ? パリの話をしましょうかですって? どっちの話でもいいですよ(苦笑)。 

ではまた!
Commented by berlinHbf at 2007-05-03 06:15
>la_vera_storiaさん
私の息抜きにお付き合いいただきありがとうございます(笑)
la_vera_storiaさんのお話にはたまにパリも出てくるので、そちらも少し気になっていました。タバコを吸わない私としては、ゴロワーズやジタンといわれてもピンとこなかったのですが、なるほどという感じです。フランス映画とも深く結び付いたタバコだったわけですね。紹介してくださった浅野素女さんの本、私がベルリンでやろうとしていることとかなりリンクするのを感じました。ぜひ読んでみたいと思います。la_vera_storiaさんとベルリンでお会いすることがあるとしたら、西よりも東の方がふさわしいかもしれませんね。ベルリン、パリ問わずいろいろなお話を伺えるのを楽しみにしています。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング