ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

再び工事の日々 -「涙の宮殿」の周辺-

e0038811_20582519.jpg
S-Bahnhof Friedrichstraße駅のホームより(3月16日)

昨年末、閉鎖されたフリードリヒ・シュトラーセ駅の「涙の宮殿」(Tränenpalast)のことをお話しましたが(その時の記事はこちら)、3月の初頭だったか、いつの間にかその周辺に柵が張られ、木が切断され、新しい工事が始まっていました。ベルリンの街の変化はある日突然やってくることが多いのです。

e0038811_20583612.jpg

e0038811_20591526.jpg
気付いた頃には、「涙の宮殿」の小さなエントランスホールがきれいになくなっていました。昨年の夏、「涙の宮殿」の中で写真を撮っていたら、受付のおばさんが「この建物は文化財なので改修されて残ることになるけど、入り口のホールは残念ながら取り壊されてしまうのよ」と話してくれたのですが、あれはやはり本当だったのかと思いました。

e0038811_2059254.jpg
この「涙の宮殿」は一時取り壊しの危機にもさらされていましたが、保存されることが決まり、現在はその用途をめぐって議論が続けられています。壁があった時代を忘れないための記念館にする案もあるとか(新聞記事)。

e0038811_21455136.jpg
この敷地には、Mark Braun建築事務所の設計によるご覧のガラス張り雑居ビルが建つ予定で、ベルリンの中心部の風景がまたひとつ変わろうとしています。

参考:
フリードリヒ・シュトラーセ駅周辺のこの1年 (2006年12月16日)
フリードリヒ・シュトラーセ駅の「涙の宮殿」(2006年12月22日)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-09 15:13 | ベルリン発掘(境界) | Comments(10)
Commented by la_vera_storia at 2007-04-10 00:45 x
なるほど、現在はこういう状態ですか...。

この「涙の宮殿」、大きく声をあげなければ取り壊しが決定していたいたであろうという状況は、やはりベルリン市民にとって、あえてこの場所を通って東西を行き来したというケースがあまりなかったからかもしれません。この場所における「個人的ドラマ」が希薄だったのではないでしょうか。 結局ここに強い思い入れを抱くのは外国人でここを頻繁に利用した者ということになるのかな?
Commented by la_vera_storia at 2007-04-10 01:02 x
フリードリヒ通り駅の北側出口の一つにシュプレー川を渡る歩行連絡橋がありますよね。 中央駅さんも渡ったことがありますか? あの連絡橋の駅側のほうに、非常に質素な服装をしたロシア人の老人が立っていてアコーディオンを演奏していることがあります。彼の弾くメロディーは、ほとんどが哀愁を帯びたロシア民謡です。 不思議なことにその旋律を聴いていると昔の東ベルリンのことを思い出してしまいます。この老人、今でもあそこで時々演奏しているはずです。DDR時代のあの駅に掲示されていた、黄ばんでいて粗末な紙に書かれていた列車の出発/到着時刻表の記憶...。 実にノスタルジーを感じた瞬間でした(笑)。
Commented by ルフィ at 2007-04-10 01:38 x
どうしてあの共和国宮殿を涙の宮殿というのですか?その背景を知りたいです。
Commented at 2007-04-11 01:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berlinHbf at 2007-04-11 18:54
>la_vera_storiaさん
>この場所における「個人的ドラマ」が希薄だったのではないでしょうか。
それはあるのかもしれません。共和国宮殿などに比べると、かなり寂しい幕切れでした。

>シュプレー川を渡る歩行連絡橋
この橋は私はかなり頻繁に利用しています。駅の真下ということもあって、独特の暗さのある橋ですよね。私にとっては、天気や聞こえてくる音楽によっては陰鬱な気分にさえなる場所です。ただ、la_vera_storiaさんのエッセーを拝読して感じたのですが、どこかベルリンの過去とつながっている場所なのかもしれません。DDR時代からあった橋なのでしょうかね。
Commented by berlinHbf at 2007-04-11 18:58
>ルフィさん
>どうしてあの共和国宮殿を涙の宮殿というのですか?

つい最近、共和国宮殿のことも書いたためまぎらわしかったですね。実は両者は全くの別物です。「涙の宮殿」というのは、フリードリヒ・シュトラーセ駅に面したかつての検問所の俗称です。どうしてこの名前がついたのかは、過去のエントリで触れていますのでよかったらご覧くださいね。

http://berlinhbf.exblog.jp/4774703/
Commented by akberlin at 2007-04-12 03:18
トレーネンパラスト、こんな状態なんですね。
フリードリッヒシュトラーセはウチから近かったこともあってよく
利用した駅です。周りの風景が変わって行くのもベルリンを
離れていると寂しい気がします。
Commented by berlinHbf at 2007-04-13 17:54
>akberlinさん
フリードリッヒシュトラーセの他に、今アレックス周辺が工事だらけです。今年は大型ショッピングセンターがオープンしますし、新しいトラムも駅前に延びてきます。今度ベルリンに遊びに来られたらびっくりするかもしれませんね。
Commented by JENS at 2007-04-18 02:52 x
涙の宮殿も、昨年夏に初めて行ったのですが(これも地元人に勧められ)、工事前にに行けてい良かったです。住んでるMASATOさんですら「突然」と感じるんですね、年に1-2回行くだけの私がついて行けないのも無理はないですかね(笑)行くたびに、どこかしら「え?ここ工事してんの?」とか、バスのコースが変わってて(多分週末とか夜だけとか?)気が付かないで乗って失敗したりです(笑)
Commented by berlinHbf at 2007-04-18 03:21
>JENSさん
>住んでるMASATOさんですら「突然」と感じるんですね、

ええ、私でも付いていけないことがしばしばです。バスのコースが変わったり、地下鉄の部分運休があったりということは日常茶飯事ですからね。しかも時にはそれが何ヶ月も続いたりする・・・

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング