ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

新しい文化の発信基地

e0038811_8581662.jpg
昨年9月、さまざまな文化施設がひしめき合うベルリンに、また一つ新たな文化の発信基地が生まれました。今回はこのユニークなアートスペースをご紹介したいと思います。

アレクサンダー広場から東へ向かうSバーンに乗ると、列車はやがてシュプレー川に沿って走ります。オスト(東)駅が近づく頃、煙突が目印の赤レンガの建物が視界に入ってくるのですが、それがRadialsystemです。

「ラディアルシステム」とは何やら耳慣れない響きかもしれません。実は、20世紀初頭にこの建物が下水処理施設として建てられた時の名前なのです。戦後長らく廃墟のまま放置されていましたが、歴史的な建物とガラス張りの新しい部分とを融合させるという建築家ゲルハルト・シュパンゲンベルクの斬新なアイデアにより、複合的なアートセンターとして生まれ変わりました。2つの大ホールの他、楽屋、リハーサル室、バーなどを備え、シュプレー川を望む開放的な眺望はすばらしいものがあります。

e0038811_8594246.jpg
ラディアルシステムのコンセプトは非常に明快です。すなわち、「伝統」と「革新」。新旧の要素が組み合わさったこの建物のように、様々なジャンルのアートがここで出会います。コンテンポラリーダンスの第一人者サシャ・ヴァルツ&ゲスツが新作を発表する一方でベルリン古楽アカデミーがバロック音楽を演奏したりというような、コントラストの際立つプログラムは魅力的です。古楽といっても、ここでは伝統的なクラシックコンサートのスタイルにはあまりこだわりません。例えばNachtmusik(夜の音楽)というシリーズでは、椅子のない広いスペースで聴衆は寝っころがりながら音楽を楽しむことができます。

「伝統」と「革新」、それはベルリンをベルリンたらしめる根本的な要素なのかもしれません。民間経営のラディアルシステムは、他の公共文化施設に比べるとチケットの値段はやや高めなのですが、大小様々な劇場が林立するベルリンで、これから目の離せない存在になりそうです。
ドイツニュースダイジェスト 2007年3月30日)

e0038811_914349.jpg
これはおまけの1枚。昨年10月、サシャ・ヴァルツの"Dialoge 06"のマチネー公演を見に行った時のことですが、終演後天井からロープがするすると下りてきて、たちまち子供たちのブランコ大会が始まったんです。ラディアルシステムのプログラムを見ると、(K)のマークのついた公演がありますが、これは子供(Kinder)同伴大歓迎という意味で、ベビーシッターも用意されているとのこと。つい先ほどまでプロのダンサーたちが踊っていた場所で、何だか不思議な、でもいい光景に出会いました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-04-04 02:31 | ベルリン文化生活 | Comments(6)
Commented by gramophon at 2007-04-04 21:41 x
さすが、子供OKというところが、一歩も二歩も進んでますね。
Commented by la_vera_storia at 2007-04-05 00:44 x
このあたりの地区のこれからのあり方について、確かに中央駅さんのレポートのようなプランがすでに提案されています。以下御参照下さい(pdfで46ページありますが誠に興味深い案です)。
http://www.ensure.org/entrust/Case_Studies/Berlin_Case_Study.pdf

この地区は私にとっても非常に思い出深いところです。字数が必要ですので、後日他所にも書いておきましょう。
Commented by berlinHbf at 2007-04-05 08:26
>gramophonさん
確かに子供用のKinderoperやファミリーコンサートはこちらでは割りと頻繁に見かけますし、「魔笛」や「くるみ割り人形」もお子さまだらけです。いいのではないでしょうか。
Commented by berlinHbf at 2007-04-05 08:31
>la_vera_storiaさん
東(オスト)駅周辺はベルリンのこれからの再開発の焦点ともいえる場所だと思います。教えていただいたレポート、時間があればじっくり目を通したいほど興味深いものですね。 la_vera_storiaさんの思い出話もまた聞きたいです。近々お届けする予定のメヒティルトさんとの「クロイツベルク時空散歩」では、ちょうど東西の国境だったこの辺りがでてきますので、またお読みいただけると幸いです。
Commented by gonta-maus at 2007-04-06 00:01
プログラムの工夫がおもしろいですね。寝っころがりながら
音楽聴いてみたいです。心地良さにグースカしちゃったらどうしよう(笑)
古き良きものを大切にしながら、新しいのにも触れていくのって
こういう感じなんですね。子供たちにも一緒に、っていうのがステキです。
Commented by berlinHbf at 2007-04-07 04:53
>gonta-mausさん
考えてみたら、クラシック音楽のコンサートのスタイルや作法というのは(「曲の最中に音を立ててはいけない」とか「楽章間は拍手をしてはいけない」とか)、かれこれ200年ぐらい(?)変わっていないですよね。もうそれにすっかり慣れきっているわけですが、もう少し自由な雰囲気でクラシックが楽しめるスタイルのコンサートがあってもいいじゃないかと思ったりもします。ここのNachtmusikコンサートはどんなものか一度聞いてみたいですね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング