ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

才気爆発! ラトルのハイドン

e0038811_1027883.jpg

ハイドンの音楽はある意味ポップだと思います。

極端なところがなく、音楽はいつも快活で大らか。モーツァルトのように時に美に溺れることもなく、いつもいい意味での常識の範囲内にとどまっています。それでいて、人を驚かそうとする意外性とユーモアに満ちていて、ハイドンと一緒にお酒を飲んだら楽しそうです。

今月フィルハーモニーではハイドンの音楽が集中的に取り上げられ、私はサイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルの演奏で、オラトリオ「天地創造」と88番から90番までのシンフォニー3曲をまとめた演奏会の2晩を聴くことができました。今回はその後者を取り上げます。ラトルが指揮するハイドンは何回か聴いたことがありますが、なぜかハイドンに限ってはこれまで一度もハズレがありません。複雑な現代音楽も得意とするこのイギリス人がハイドンを振ると、本当に明晰で生き生きとした音楽になるんです。

まずは88番ト長調。「V字」という変てこな愛称が付いていますが、これは私の大好きな曲のひとつ。非常に素朴でシンプルなシンフォニーですが、音楽としての質が高く、何回聴いても飽きません。私はちょっと気分が優れない時にこの曲を聴くと、心なしか気分がすっとします。この日の演奏の中ではこれが一番よかったかも。古楽器奏法も取り入れた3楽章の中間部は、クールかつ立体的に音が重なっていましたし、続く2人が追いかけごっこをしているようなフィナーレもめくるめく音楽になっていました。

次の89番へ長調はどちらかというと地味な印象が拭えませんが、舞踏風のフィナーレは楽しい。ラトルは弦楽器にグリッサンドをかけさせた上に独特の間合いを付けて、その部分をかなり強調していました。

さて、メインの90番ハ長調。これまた素敵な曲です。主役はフルートとオーボエでしょうか。弦楽器の上を駆け巡るパッセージが多く出てくるんですが、ブラウとケリーという2人の名手はそこに自由に装飾を加え、生き生きと表現していました。この曲は、実は終楽章にちょっとした仕掛けがあります。普通は曲の最後にしかでてこない終結音を途中で2回も使っているため、ハイドンの企みにひっかかったお客さんは曲が終わったと思い込んで、そこで拍手をしてしまうんです(笑)。ラトルも指揮棒を一旦は下ろすのですが、ニコッと笑いながら、ひょうひょうと曲を再開。お客さんは爆笑です。こんなことが2回も続いて今度こそ曲が終わると、もちろん大喝采に包まれました。いやー、ハイドンだけのプログラムでここまで沸くなんて。

何かと主義主張に凝り固まって極端に走りがちな世界の政治指導者には、パパ・ハイドンの精神を見習ってほしいものです。

Berliner Philharmoniker
Sir Simon Rattle Dirigent

Joseph Haydn
Symphonie Nr. 88 G-Dur
Symphonie Nr. 89 F-Dur
Symphonie Nr. 90 C-Dur

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-02-17 02:37 | ベルリン音楽日記 | Comments(7)
Commented by pfaelzerwein at 2007-02-17 17:54 x
洗練度でどうしても古楽器の場合は、ハイドンの手練手管をなかなか味わえないのですが、中庸と云う意味でもこうした機能的なオーケストラでないと表現出来ないかもしれませんね。だからかノーリントンがハイドンを上手に演奏したとは聞かない。近くにいれば聞きたかった演奏会です。
Commented by haydnphil at 2007-02-18 06:10 x
4月20日にはアダム・フィッシャー指揮、ハイドンフィルハーモニーによる交響曲88番、101番、モーツァルトオーボエ協奏曲の演奏会が、ベルリンフィルハーモニーの室内楽ホールであります。是非聞き比べてみてください。
Commented by berlinHbf at 2007-02-18 21:11
>pfaelzerweinさん
コメントありがとうございます。
ラトルの演奏は、現代オケの機能性を生かした見事なものだったと思います。でも、一昨年、ラトルはイギリスの古楽オケともハイドンをやったのですが、そちらもすばらしい演奏でした。媒体が何であれ、ラトルとハイドンとの相性はそれだけいいということなのでしょうね。
大分前、ノリントンがやはりこのオケとハイドンの「オックスフォード」を演奏するのを聴いたことがありますが、こちらはこちらで実にスリリングな演奏でした。
Commented by berlinHbf at 2007-02-18 21:15
>Haydnphilさん
情報ありがとうございました。いつもブログ拝見しています。
時間が取れたらぜひ聞きに行きたいコンサートです。
もう大分前になりますが、88番はイヴァン・フィッシャー指揮のベルリン・フィルで聞いたことがあります。
Commented by 焼きそうせいじ at 2007-02-19 05:34 x
今、9月の定期演奏会でのベートーヴェン5番(ラトル指揮)の録音(ハンガリーのバルトークラジオのネット放送のオンデマンド)を聴いている最中です。このベートーヴェンを聞くと、彼がハイドンの直接の後継者だということが如実に伝わります。なぜでしょうね?フルトヴェングラーで聴こうものなら、ベートーヴェンは音楽史上唯一無二の高峰になってしまうのですが…。
Commented by 焼きそうせいじ at 2007-02-19 05:40 x
もう6年も前のことですが、ラトルがアムステルダムで「トリスタン…」を振ったときに、並行してハイドンの「四季」を上演しました。たんにプレミエを出した後は時間ができるけれどオランダにいないといけないから、間を埋めるためにこのコンサートを入れたものか、それとも何か彼の中で連関がある(ワーグナー漬けの数週間のあとにバランスをとるとか)ものか、ご本人にぜひ伺いたいなどと思ったものでした。
このときは、クリスマスオラトリオ(これも彼にやってもらいたいです)のような清明なハイドンを聞いた記憶があります。
Commented by berlinHbf at 2007-02-21 06:53
>焼きそうせいじさん
コメントありがとうございます。
ラトルのベートーヴェンを聴いて、ハイドンをお感じになったというのは面白いですね。その演奏会、私は会場で聴きました。いつもながらのいい演奏だなとは思いましたが、正直そこに「熱狂」はなかったですね。私は彼のエロイカの方に、むしろベートーヴェンらしさを感じました。

「トリスタン」と「四季」の組み合わせは、一見突飛に見えますがいかにもラトルらしいですね。明日からは、ドボルザークとヤナーチェク、その間にトーマス・アデスの新作という、これまた彼の持ち味が出そうなプログラムです。よかったらまた感想書きますね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング