ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ホテル・エスプラナーデ - 天使の降りた場所(22) -

e0038811_854112.jpg
ポツダム広場のソニーセンターにて(2006年10月27日)

「ベルリン・天使の降りた場所」の最終回は、ダミアンとマリオンが出会い、2人の恋が成就する場所である。

e0038811_10382387.jpg
このダンスホールでのコンサートシーンは映画の中ほどと最後の2回出てくるが、内部の様子がわかるのは何といってもカラーに切り替わる最後の場面だ。80年代のベルリンで人気が高かったニック・ケイブ率いるバンドが虚無的ともいえるサウンドを奏でる最中、マリオンはふと思い立ったようにホールを出て、隣のバーに向かう。そこで人間になったダミアンと出会い長いモノローグが始まるというシーンだが、それにしても何と雰囲気の豊かな美しい空間だろうか。壁にはアールヌーヴォー調の装飾が凝らされており、20世紀後半に生まれた大音響のロックのサウンドにこの甘美な場所は、およそ似つかわしくないようにさえ思われる。

このシーンが撮影されたのは、かつての「ホテル・エスプラナーデ」のダンスホールである。残念ながら今はもうない。この建物はポツダム広場からほど近い場所にあったが、昨年秋にポツダム広場をこのブログで取り上げた時、私はあえてこのホテルについては触れなかった。なぜなら、ここもまたベルリンの人々にとって「比類なき記憶」の眠る特別な場所ゆえ、このシリーズの最後を飾るにふさわしいと思っていたからだ。

ヴィム・ヴェンダースはこのように語っている。
かつてのホテル・エスプラナーデのダンスホールは、私が大好きなベルリンの場所の一つだった。この映画の撮影の10年後に取り壊されることになった時、私はただ泣くしかなかった。カイザー・ザールのようにこのホールも保存されていたらよかったのに、と思う。
e0038811_855148.jpg
ホテル・エスプラナーデ(Hotel Esplanade)が建てられたのは、今からまさにちょうど100年前の1907年から1908年にかけてである。外観はベル・エポック調、内装はネオ・バロックとネオ・ロココが交じり合うという壮麗な建築だった。皇帝ヴィルヘルム2世が晩餐会を催したカイザー・ザールを始め、大広間をいくつも持ち、1600平方メートルの広大な中庭も名物だった。

1920年代のベルリンの黄金時代は、このホテルを抜きにして語ることはできないかもしれない。グレタ・ガルボ、チャーリー・チャップリン、マリーネ・ディートリヒなどがこのホテルを利用し、若きビリー・ワイルダーはここの専属ダンサーとして働いていた。このブログにたまに書き込んでくださるある方の話によると、40年代前半はあのカラヤンもこのホテルに宿泊していたそうだ。戦前のホテル・エスプラナーデを巡る逸話や伝説は、それこそ無数にあるに違いない。ベルリンの輝かしい時代を振り返る時、決まって話題になるのがこの場所なのである。

終戦末期の空爆でポツダム広場が廃墟に化すと、ホテル・エスプラナーデの栄光の時代も幕を閉じた。しかし、カイザー・ザールや「朝食の間」など、ごくわずかながら生き延びた部分も存在した。やがて、すぐ近くに壁がそびえポツダム広場が無人地帯となる時代がやって来るが、この遺構を壊すのはさすがに忍びなかったのだろうか。以後何十年にも渡って、このホテルは廃墟のような姿でこの場所に立ち続けた。「ベルリン・天使の詩」が撮影されたのもこういう時代の中だった。

e0038811_10495897.jpg
e0038811_10503888.jpg
90年のドイツ再統一後、この敷地にソニーセンターが建てられることが決まると、ホテル・エスプラナーデの取り壊しが話題に上るようになった。しかし、それに反対するベルリン市民が多い中、ソニーはカイザーザールを特殊な吊り上げ作業によって75メートル移動させた後、ソニーセンターの一部に組み込むという信じられないような離れ業によってこの問題を解決させたのだった。1996年3月のことである。これは有名な話なのでご存知の方も多いことだろう。また「朝食の間」(下の写真)は、500体もに分解され、新しい場所に移して再び組み立てられた。これとは対照的に、映画が撮影されたダンスホールは取り壊されてしまった。この映画を観ていると「あの中に入ってみたかった」と私はつくづく思うが、とにかくベルリンの「比類なき記憶」が宿る場所はこうしてかろうじて残されることになったわけだ。

e0038811_10583572.jpg
ダミアンとマリオンの恋が成就したところで、ベルリン中を駆け巡ったこの長い旅も終わりとなる。

余談になるが、このホテル・エスプラナーデから50メートルも離れていないKino Arsenalという映画館で、私は一度ヴェンダースさんを見かけたことがある。2003年の3月のことだった。この年は小津安二郎の生誕100年で、この映画館で小津の全作品が上映されたのである。ヴェンダースは小津映画の熱烈なファンで知られており、「東京画」というオマージュ作品も撮っているほどだ(私もこの時観た)。

その日上映されたのは「東京物語」でも「晩春」でもなく、「東京暮色」という比較的地味な作品だった。そうそう上映される映画ではないから、いい機会だと思ってヴェンダースは観に来ていたのかもしれない。「ベルリン・天使の詩」は最後、「すべてのかつての天使 とくに(小津)安二郎、フランソワ(トリュフォー)、アンドレイ(タルコフスキー)にささぐ」という字幕で終わる。

e0038811_1124549.jpg
私はその時ヴェンダースに話しかけようなどとは思いもしなかったが、今思うと、ポツダム広場-ホテル・エスプラナーデ-「ベルリン・天使の詩」のヴェンダース-小津安二郎-「東京暮色」-この2人の映画が好きな「私」とつながり、勝手ながらあの場所でヴェンダースを見かけたことに不思議な縁を感じている。またいつかベルリンでヴェンダースさんを見かけることがあったら、思い切って話しかけてみることにしよう。

人気blogランキングへ
(最後までお付き合いいただきありがとうございました。よかったらワンクリックをお願いします)
by berlinHbf | 2007-02-10 03:09 | ベルリン天使の降りた場所 | Comments(9)
Commented by Ken at 2007-02-10 18:01 x
ベルリンで、ソニーセンターに立ち寄ったとき、
確かにこの「部屋」をみた記憶はあるのですが、
背景を知らなかったた自分が残念です。
次の訪独の際の予習になってます、このブログ!
Commented by la_vera_storia at 2007-02-11 00:13 x
中央駅さん,ご無沙汰しています. 素晴らしい文章に感心しています. この映画ですが,私の経験から言えば,DDR出身の方には今一つ理解しにくい映画のようです. 私と一緒にこれを観た東出身の親しい人は首を傾げていましたし,その人の友人たちも同様でした. 私などは分断時代のポツダム広場付近の様子は,むしろ懐かしく感じて興奮しつ観ていました.
Commented by la_vera_storia at 2007-02-11 00:33 x
今は仕事で上海に滞在していますが,ここには多くの西洋建築の古い建物が残っています, 租界地時代の建築物ですが,そういうものはよく保存されているものの,昔ながらの古い家屋は再開発で多くのものが姿を消しています.このホテルエスプラナーデについて,確か吉田秀和さんは54年のベルリン訪問の時に,このホテルで室内樂のコンサートを聴いているはずです, 私は,しばらく超多忙な日々が続きます. 少し時間ができましたら,戦時下のベルリンのことなどを投稿したいと思います. またよろしくお願いします. (携帯電話からの投稿で失礼します.)
Commented by berlinHbf at 2007-02-11 10:03
>Kenさん
私がベルリンに来た当初、このカイザーザールの前を通ることは何度もありましたが、それが何なのか全く知りませんでした。後になって、実はこういう意味を持っている建物なのだと知った時はさすがに興奮したものです。
Commented by berlinHbf at 2007-02-11 10:13
>la_vera_storiaさん
上海からわざわざコメントをいただき、ありがとうございます。
上海は私にとって全く未知の場所ですが、急激な再開発の渦中にあるという点では、ひょっとしたらベルリンとも何か共通するものがあるのかななどと思ったりもします。一度訪ねたい街のひとつです。

>確か吉田秀和さんは54年のベルリン訪問の時に,このホテルで
>室内樂のコンサートを聴いているはずです
11月に日本に帰った時に、実家にある吉田さんの「音楽紀行」をめくっていたら、その記述がたまたま目に止まりました。1954年のことだったそうですね。

お仕事の方が少し落ち着かれましたら、またいろいろお話を聞かせていただけるとうれしいです。これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by ながしま at 2007-03-08 20:31 x
ホテルのボールルームは、現在は「宴会場」ですよね。かつては多くのホテルにはダンスホールがあって、それは社交場であり、出会いの場にもなっていたんでしょうね。そういう男女の出会い/出会いの場の歴史というのも社会史の面白いテーマになるかな。
そういえば、昔モスクワのホテル(ベルグラード)に泊まったときに、ダンスホールならぬディスコがありました。あれはかつてのダンスホールの系譜をひいていたんでしょうね。

forum bmkサイトでは現在のベルリンのダンスホール(社交ダンス用)を特集することにしました。

マサトさんも踊るんですか。
Commented by berlinHbf at 2007-03-11 08:17
>ながしまさん
レスが遅くなってしまいごめんなさい!
ホテルのダンスホールは、「男女の出会い/出会いの場の歴史」として十分面白いテーマになる気がします。エスプラナーデのこのダンスホールは、映像で見るだけでもうっとりしてしまいます。当時はどんなに華やかだったんだろうかと、ノスタルジックな想像力が刺激されますね。

bmkのダンスホール特集、どういう場所と出会えるのか楽しみにしています。
Commented by  yu- at 2012-03-09 01:47 x
こんばんわ。
昨日『ベルリン天使の詩』を初めて観ました・
とても興味深い記事でした!
面白かったです。ありがとうございました(^-^)
Commented by berlinHbf at 2012-03-17 07:18
yu-さん
この「ベルリン・天使の詩」のシリーズを読んだ方から今でも感想やコメントをいただくことがあり、うれしく思います。いつかぜひ映画の舞台も訪ねてみてくださいね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング