ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

トラム天国、ベルリン(1)

e0038811_4193885.jpg
アレクサンダー広場付近にて(2006年5月9日)

近年、トラムと呼ばれる路面電車を再評価する動きが世界的に高まっているようだ。ヨーロッパの中都市以上の多くの街では今でもトラムが活躍しているし、先月はパリのトラムが70年ぶりに復活したというニュースも耳にした。日本で路面電車というと、何となくレトロなイメージがあるかもしれないが、バリアフリーに配慮した最近の欧州のトラムは、機能的にもデザイン的にもすぐれたものが少なくない。
e0038811_3593528.jpg
例えば、これは昨年アイルランドのダブリンで見かけたトラム。なかなかかっこいいでしょう^^)

e0038811_740739.jpg
数年前、フランスのシュトラスブールで目にしたトラムにはびっくりした。あいにく手元に写真がないのだが(http://www.strasbourg.fr/より借用)、これがトラムかというくらいデザインがおしゃれで街中で存在感があった。もちろん低床式なので障害を抱えた人も利用しやすいようになっている。

私は初めての街に行くと、まずトラムに乗って街を眺めるのが大好きなので、トラム再評価の動きは素直にうれしい。トラムは建設費が割安の上、交通渋滞の緩和にもつながるし、何より環境にやさしい。土地事情の違いがあるとはいえ、日本でもトラムの利点が徐々に見直されてきているようだ。

e0038811_446035.jpg
さて、ベルリンのトラムは昨年電気化されてから125周年を迎えた。今さらながらではあるが、昨年5月に催されたその記念イベントの様子をお伝えしつつ、この街のトラムの歴史を振り返ってみたい(チンチン電車なんかに興味ないぞ、という方もどうぞご覧ください)。

e0038811_415648.jpg
まずはこちらから。

e0038811_42182.jpg

1881年5月16日、ベルリン郊外のグロース・リヒターフェルデで電気式の市電が走った。ベルリンでは1865年から馬車鉄道が走っていたが、電気式の市電としてはこれが世界初だった。発明者はヴェルナー・フォン・ジーメンス(Werner von Siemens)。言うまでもなく、あのシーメンス社(日本語表記に従う)の創業者であり、電気機関車を発明した人でもある。このかわいらしい電車はその第一号車を復元したものだ。

京急の「ドレミファ・インバータ」(シーメンス社製)は、この人がいなかったら存在しなかったかも^^;)。

e0038811_412793.jpg
当時は電車と馬車鉄道が併用されていたが、1902年には全ての馬車鉄道が電気化される。これは“PFERDE-EISENBAHN“と書かれているから、当時の馬車鉄道を再現したものだろう。

その頃はいくつもの私営会社が混在していたが、1920年にベルリンのトラム、バス、地下鉄が一つの会社のもとに統合される。これが今日のBVG(ベルリン交通局)の礎となった。

e0038811_452274.jpg
第2次世界大戦の後、東西に分断されたベルリンは、トラムにおいても東と西とで違う道を歩むことになる。西側では路線はどんどん縮小されていき、1967年にはとうとう全廃されてしまう。これはオリンピックを境に衰退の道をたどった東京の都電とよく似ている。一方東ベルリンでは、トラムは公共交通機関として重用され、逆に拡張されていった。

e0038811_455639.jpg
現在ベルリンには22路線、合わせて約300キロのトラムのネットワークがあるが、上記のような理由から、その大部分はかつての東ベルリンにある。いくつかの路線では現在も拡張工事が続けられている。

e0038811_4201680.jpg
実はトラムが好きという方は少なくないように思うのだが、残念ながら日本のガイドブックには、ベルリンのトラムについての記述は(路線図も含めて)ほとんど何もないようだ。もし初めてベルリンに来て、バスや地下鉄だけでなくトラムにも乗ってみたいという方には、私はM1をまずおすすめしたい。この路線は博物館島の前から始まって、フリードリヒ・シュトラーセ、オラーニエンブルク門、ハッケシャー・マルクト、カスターニエン・アレーなど、ミッテやプレンツラウアーベルク地区のおいしいどころをうまい具合に巡ってくれる。車窓からは、同じ鉄道でもSバーンとは一味違う、ベルリーナーの日常のひとコマが垣間見れるはず。バス、トラム、Sバーン、Uバーンは同じBVGが経営しているので、1回チケットを買えば有効期間内はどれでも乗ることができるのも便利だ。

次回はこのイベントの様子をもう少し詳しくお伝えしましょう。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-01-20 20:41 | ベルリン発掘(全般) | Comments(22)
Commented by KIKI at 2007-01-21 06:00 x
トラム好き・・・かも(笑)。「はたらくクルマ」に実は興味シンシンだったりします。巨大メカイモムシがごろごろ来ると意味不明にわくわくしちゃいます。車両のつながってるところに乗って、曲がるときに「わおー」とか。いい年こいて、そういうのが好き(^^;)

そういえば、ドレスデンのトラムがやけに長くてびっくりしました。あとで知ったんですけれど、目の不自由な人のために「しゃべる」ハイテクトラムもあるんだとか。ドレスデン、すごい。
Commented by berlinHbf at 2007-01-21 08:55
>KIKIさん
お、意外なところにトラム好きがいましたね(笑)。女性のトラムファンは実は結構いるのではと想像しているのですが、この機会に白状していただきたいものです。

>車両のつながってるところに乗って、曲がるときに「わおー」とか
それ、なんかわかります^^;)。ベルリンにはバスでもそういうのがありますよね。

ドレスデンのトラムすごいですね。しゃべるトラムというのは、ぜひ一度見てみたいものです。
Commented by しゅり at 2007-01-21 10:44 x
こんにちは、マサトさん。
富山にも路面電車があるのですが
最近路面電車が走るルートが拡大され
今走っている路面電車はちょっと外国チックな電車です。
フランスやドイツの路面電車を視察に行って
しただけあるなぁーと勝手に感心しています。
まだ乗っていませんが(汗)。

さて、M1は本当にいいですよね。
この路線にあるホステルで前は泊まっていたので
何度もM1を乗りました。
本当に勝手がいい路線ですよね。
ホステルの前が乗り場だったので
ますます勝手が良かったのですよ。
Commented by ジュリオ at 2007-01-21 12:22 x
こんにちは、久々ににコメントとなりますが・・・。
ベルリンでは様々な時代の車両が保存されているのですね。日本でも見習って欲しいですね。ベルリンで路面電車というと戦争末期にバリケードとして使われたことがまず思い浮かんでしまいますが。
写真を見ると東ドイツ時代からのチェコ製のタトラカーも色が変更されながらもリニューアル(?)して元気に活躍していますね~。一回乗っただけですが走りっぷりも勇ましいかった印象です。石炭で煤けた街並みと旧型の2軸単車とか、郊外に建設されたプラッテン・バウとそこに延びる市電っていうのが自分の好きな風景になってます。
Commented by at 2007-01-21 19:51 x
こんにちは。久々にコメントしています。
実は4月の頭にベルリンに5日間行くことになりました。
イースター休暇にハマってしまい、どこもかしこもお店はお休みなようですが(^^;
今回はミッテ地区を中心に回る予定なので、ぜひトラムに乗ってみたいです!
いつもこちらの情報を読みながらベルリンに思いを馳せていましたが、やっと行けることになりました。
しっかり読ませていただきますね(^ー^)
Commented by hiro_hrkz at 2007-01-21 23:30
こんばんわ。
ベルリンの路面電車はケペニックを走る旧61系統に乗っただけですが、
沿線風景が変化に富み、楽しかったのを思い出します。

そういえば、約10年前に開かれるはずだった、東京都市博では、
姉妹都市であるベルリンの低床型トラムがデモンストレーション走行する予定だった・・と聞いています。
実現していれば、日本国内での認識も違っていたかもしれませんね。
Commented by berlinHbf at 2007-01-22 08:49
>しゅりさん
>富山にも路面電車があるのですが
富山ライトレールですね!
http://www.t-lr.co.jp/index.html
サイトを見てみましたが、本当にヨーロピアンなスタイルのトラムなんですね。まさか富山にこういうトラムが走っていたとはびっくりです(と言ったら失礼でしょうか)。HPを見る限りでは、経営は幸先よさそうな感じに見えましたが、どうなんでしょうね。話は変わりますが、富山は食が豊かそうでいいですね~(しゅりさんのHPを拝見していてよく思います)

しゅりさんもM1の常連でしたか。あの路線は、特に目的がないまま乗っていても楽しいです。

遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします!
Commented by berlinHbf at 2007-01-22 08:57
>ジュリオさん
これはびっくりしました。久々のコメントありがとうございます!
>戦争末期にバリケードとして使われたこと
そういうことがあったのですね。
ジュリオさんはトラムに大変お詳しいようですね。

>東ドイツ時代からのチェコ製のタトラカーも
私はトラムの車体のことまではよくわからないのですが、DDR時代はチェコ製の車両が使われていたのですか。
これらの旧式の車両は動体保存されていて、今でもイベントの時などに走ったりするようです。大事にされているのがよく伝わってきました。
Commented by MOTZ at 2007-01-22 09:03 x
はい、トラム好きの女子ここにもいます。はたらく車系大好き。
ベルリンでは「トラムが走ってる=旧東地区」と目安にしていました。
実は電車に比べてバスと同様わかりにくいイメージがあり、
迷子になりそうで使う事は少なかったのですが、
全然そんなことないんですよね!
前回のベルリン旅行でM1の便利さに気付きました。
トラムの行き先などの表示板、あと何分で来るかわかって
便利ですね。デザインもカッコよくて。
Commented by berlinHbf at 2007-01-22 09:07
>鮭さん
コメントありがとうございます。
4月にベルリンにいらっしゃるのですね!イースター休暇に重なってしまったようですが、街を歩く分にはそれほど大きな変化はないとは思いますよ(そう願います)。ミッテはいろんなトラムが入り組んでいて楽しいです。またいろいろご紹介できたらなと思っています。

それではこれからもよろしくお願いします!
Commented by berlinHbf at 2007-01-22 09:15
>hiro_hrkzさん
>ケペニックを走る旧61系統
ひょっとして湖に沿って走るアレでしょうか?それなら私も昨年夏に初めて乗りましたが、とても楽しかったですね。一度ブログでも紹介したいくらいです。あとはラーンスドルフのレトロな87路線でしょうか。あれにも一度は乗らねばと思っています。

>約10年前に開かれるはずだった、東京都市博では
そういえばそんなものがありましたね。あの時都知事選に出馬した青島さんも最近亡くなり、時の流れを感じます。
Commented by berlinHbf at 2007-01-22 09:25
>MOTZさん
>「トラムが走ってる=旧東地区」
おっしゃる通りですね。確かにトラムは利用しにくいイメージがあるかもしれませんが、同じBVGだし全然そんなことないんですよね。路線図が少々複雑で、入り組んでいることは確かですが、旅行者の方にももっと利用していただきたいです。

>トラムの行き先などの表示板、あと何分で来るかわかって
最近はバスにも設置されていますが、あれは本当に便利です。定刻より遅れる場合もちゃんと対応してくれますからね。

トラム好きの女性はやはり結構いるんですね。うれしいです(笑)
Commented by hiro_hrkz at 2007-01-23 01:25
>マサトさん
私が乗ったのはフリードリヒスハーゲン→シェーネヴァイデでした。
それと反対の、湖の南側に沿って走る系統・・・恐らくマサトさんが乗られた系統だと思います・・・が、非常に良いと知ったのはドイツ旅行後のことで、ちょっと残念に思っています。この系統などで、廃止案があるようですが・・・。

87系統(ヴォルタースドルフ軌道)は、森と湖とお伽の電車・・という感じで、大変よかったです。89系統(シュトラウスベルク鉄道)も、なかなかよいと聞いてます。
Commented by Ken at 2007-01-23 01:27 x
フライブルクに住んでたときに、ベルリンを旅行したらトラムが
24時間営業だったのでびっくりしました(記憶まちがってる?)
ベルリンにあるかどうかはわりませんが、
終点の電停でぐるっとひとまわり、方向を変えるところがすきでした。

ドイツの乗り物といえば切符もってるのに
「ファーシャイネビッテ」
が聞こえるとどきどきしたのを思い出します。
Commented by berlinHbf at 2007-01-23 08:56
>hiro_hrkzさん
>湖の南側に沿って走る系統・・・
私が乗ったのはそれですね。夏のある日、湖沿いの砂浜に向かう客を多く乗せたこのトラムは、かなりリゾート感が漂っていました。

87、89系統のレトロトラムにも近いうちにぜひ乗りたいです。
情報ありがとうございました。
Commented by berlinHbf at 2007-01-23 09:10
>Kenさん
ベルリンのトラムが深夜も走っているかどうか、ちょっとわかりません。僕の記憶では深夜に乗った記憶がないのです。
>終点の電停でぐるっとひとまわり、方向を変えるところがすきでした。
はい、そういうのは何となくわかります(笑)。
>「ファーシャイネビッテ」
あれには今でも一瞬どきっとしますね^^;)
でもそういえば、トラムで検札を受けたことは実は一度もないですね。
Commented by shinno at 2007-01-23 12:17 x
チンチン電車好きですよ~っ。
しかし、写真を見ると、昔はあんな感じだったんですね~っ。
アイルランドのはかっこいい!!
Commented by pauken at 2007-01-23 15:45 x
ウチは二人ともドイツでトラムのファンになり、毎年カレンダーをドイツアマゾンで買っています。東(オットー大帝のMD)だったのでタトラカーも当然健在。サッカーやハンドボールの試合の時は車両を揺らす暴れん坊のファンを満載して走ってました。最初は「次の駅は」がなかなか聞き取れませんでした。
Commented by ながしま at 2007-01-24 08:22 x
マサトくん、ブログ盛況ですね。私も路面電車大好きですよ。ベルリンのはテトラ型が好きなんですが、もうすぐ退役しそうですね。最近のは乗り心地は良いですが、テトラの方が床が高くて景色がいいんですよね。足の不自由な人や子供、乳母車を押す人にはあんまり優しくないですけどね。新しい車両は一番後ろに乗るとロマンスカーの展望車みたいでいいよね。今度、forum bmkと共同で路線レポートしませんか。
Commented by berlinHbf at 2007-01-25 02:16
>shinnoさん
アイルランドのモダンなデザインのトラムもかっこいいですが、昔の車両も味がありますよね。しかし本当に、トラムが好きな人って多いんですねぇ(笑)。
Commented by berlinHbf at 2007-01-25 02:21
>paukenさん
このブログを始めた頃に何回かコメントをいただいたことがある、paukenさんですね。久々のコメントありがとうございます。

>毎年カレンダーをドイツアマゾンで買っています
トラム・カレンダーなるものがあるんですか!それのベルリン版があったら(それでなくても)、ちょっと欲しいですね。

>車両を揺らす暴れん坊のファンを満載して
ケルンでそういう場面に出くわしたことがあるので、情景が目に浮かびます。ベルリンのスタジアムは西側にあるので、トラムに危険が及ぶことはありませんが、その反面落書きのひどさには目を覆いたくなります。
Commented by berlinHbf at 2007-01-25 02:30
>ながしまさん
コメントありがとうございます。
トラムにおける「テトラ型」の意味がようやくわかりました。なるほど、確かに眺めはこちらの方がよさそうですね。しかし最近の主流はどこも低床車ですから、徐々に消えつつあるというのもわかる気がします。

>一番後ろに乗るとロマンスカーの展望車みたい
いいですね。今度その場所に乗ってみます(笑)。しかし、最近のトラムは悪質ないたずらによる引っかき傷で、外がよく見えないことが少なくないのが残念です。

>forum bmkと共同で路線レポートしませんか。
もし何か機会がある時はよろしくお願いします。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング