ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン・スポーツ宮殿 - 天使の降りた場所(16) -

e0038811_5582334.jpg
Pallasstraßeにて(2006年10月23日)

映画「ベルリン・天使の詩」の舞台を訪ねるこのシリーズは、またしても間が開いてしまった。それには一応訳がある。これから取り上げる場所というのがドイツの負の歴史と深く関わっていて、そうお気楽には書けそうにないという思いがあったからだ。でも、ここを越えないことにはベルリンの天使はいつまで経っても人間になれないので^^;)、これから2回に分けて書いてみたいと思う。

その場所とは、アメリカからやって来る「刑事コロンボ」のピーター・フォークを主人公に、第2次世界大戦を舞台にした映画を撮影するロケ現場という設定で、作品中に何度も出てくる巨大なコンクリート製の建造物のことである。この建物がどこにあってどういう意味を持つものなのか、ご存知の方はいらっしゃるだろうか?「ベルリン・天使の詩」を観るまで、私は何も知らなかった。

それがシェーネベルクのPallasstraßeにある戦時中に作られた防空壕だということがわかった時も、「ああそういえば、あの通りに何かあったなあ」と思った程度である。私は自転車でこの通りを何度も通ったことがあったけれど、この建物の存在を意識したことは全くなかった。ただ、日本の公団住宅のような形状の無機質なアパートがやたらと立ち並んでいる、ちょっと変わった場所だという思いは抱いていた。

e0038811_558542.jpg
ポツダム通りとこのパラス通りが交差するこの場所は、実は曰くつきとも言える場所である。まずこの話からしなければならないだろう。

「ベルリン・スポーツ宮殿(Berliner Sportpalast)」という建物が、かつてここにそびえていた。1910年にリヒャルト・シュトラウス指揮のベートーヴェンの第9でオープンしたこのスポーツ宮殿は、約1万人収容の当時ベルリンで最大のホールだった。中でもここのスケートリンクは当時世界最大級と言われていた。1920年代には、しばしばここでボクシングの試合が開催され、Max SchmelingやSabri Mahirといったスターの技に人々は熱狂した。

だが、ナチスが台頭し、戦争の色が濃くなるにつれて、スポーツ宮殿は政治集会の場に使われることが増えていく。何といってもこの場所を有名にしたのは、ナチスドイツがソ連とのスターリングラードの戦いで敗れた直後の1943年2月18日、ヨーゼフ・ゲッベルスが国民に「総力戦(Totaler Krieg)」の必要を訴えた演説によってだろう。その内容と生々しい録音は、こちらのサイトで聞き知ることができる。ゲッベルスの狂気の演説に対して圧倒的な歓声で答える党員たち。聞いていて身の毛がよだつのを感じるほどだ。

その後スポーツ宮殿は1944年の空爆で大破したが、戦後屋根を修復して主にコンサート会場として使われ、1973年に解体されるまでこの地に建っていた。

e0038811_642568.jpg
「ベルリン・天使の詩」の一場面より(1986年)。

e0038811_6331926.jpg
その20年後の様子。Luftschutzbunkerと呼ばれるこの防空壕は、スポーツ宮殿の通りをはさんだ向かい側に戦時中建てられたものだ。いよいよ次回、それについて書いてみたいと思う。

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2007-01-10 01:12 | ベルリン天使の降りた場所 | Comments(7)
Commented by ぷりんつ・あるぶれひと at 2007-01-10 22:55 x
全く別の建造物であるにもかかわらず、スポーツ宮殿は何故か、オリンピアシュタディオンと同一視されることが多いのですよ。

スポーツ宮殿についてサイトを作成しアップ間近だったのですが、ポツダム通りの住所の番地の割り振りが、昔と今では異なることに気付き、そのページはボツとなりました。この場でボツ原稿の一部を追記事項としてカキコさせてください。

1910年11月17日に当時世界最大のスケートリンクとしてオープン、帝政時代「ホーエンツォレルン・シュポルトパラスト」と呼ばれてました。
1933年ごろまで、スポーツ宮殿の所有者が何度かかわりますが、
宣伝省に接収された1942年から敗戦までの一時期を除き、1934年から1961年までは、チューリッヒ保険会社が所有していました。
終戦までのスポーツ宮殿の住所は、Potsdam Str 72

下記の動画サイトで、総力戦演説と、総力戦のもたらしたものをご覧いただけます。

http://www.youtube.com/watch?v=gOZ8oJhETfQ&mode=related&search
Commented by ぷりんつ・あるぶれひと at 2007-01-10 22:58 x
次回のベルリン旅行時の目的地が増えました。
ありがとうございました。
Commented by Sacmac at 2007-01-11 11:36 x
あれ、ここ。。。
私がベルリンで一番最初に住んでいた家の近所みたいです。
そんな歴史があったなんて、全く知りませんでした。
Commented by 焼きそうせいじ at 2007-01-11 18:31 x
ぷりんつ・あるぶれひとさんご紹介の映像の別バージョンです。
http://www.youtube.com/watch?v=OoV7Vzq3pps

ドイツの週間ニュースの映像で、音はこっちのほうが悪いですけれど、全編演説会場のスポーツ宮殿の中が念入りな演出をほどこして映し出されています。

それにしても、ここで恍惚として右手を高々と挙げている人たちは、戦後どこへ行ったんでしょう。あの人たちは戦争でみんな死んじゃって、「騙されていた」「強制されていた」人たちが生き残ったんでしょうかね…。
Commented by berlinHbf at 2007-01-12 21:15
>ぷりんつ・あるぶれひとさん
補足説明ありがとうございます!
http://de.wikipedia.org/wiki/Sportpalast
によると、スポーツ宮殿の住所は172番地になっていますね。

>次回のベルリン旅行時の目的地が増えました。
かつてここにスポーツ宮殿があったことを示すGedenktafelを探したんですが、そのようなものは何も掲げられていませんでした。でも興味がある方にとっては訪れる価値はあるかもしれません。これからお話しする防空壕もすぐ近くにありますしね。
Commented by berlinHbf at 2007-01-12 21:20
>Sacmacさん
>私がベルリンで一番最初に住んでいた家の近所みたいです。
そうですか!風景に見覚えがあったのかな?
この防空壕もそうですが、普段よく歩く何気ない風景が、その場所の歴史を知ることによって全く新たな印象をもたらすことってありますよね。
Commented by berlinHbf at 2007-01-12 21:32
>焼きそうせいじさん
YouTubeではこんな映像まで見れてしまうのですか。
これにはびっくりしました。スポーツ宮殿の内部もよく映し出されていますね。

音声を聞いた限りでは、観客は敗北でやけっぱちになっている軍人ばかりというイメージだったのですが、市井の人と思われる人々も多く映っているではありませんか(冒頭に東洋人らしき人も映っているように見えたのですが)。このような「普通の」人々があの狂気の雰囲気を作り出すことに加担していたのかと、いまさらながらあの時代を思いました。本当に、この人たちにはその後どういう運命が待ち受けていたんでしょうね。

遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング