ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

Frohe Weihnachten!

e0038811_23381074.jpg
皆さん、Frohe Weihnachten(メリークリスマス)!

昨夜のクリスマスイブは、同じアパートの別館に住むドイツ人カップルのパーティーに招待されました。彼ら(ゼバスティアンとヨアンナ)のことは、いつか「隣人のありがたさ」で一度お話したことがあります。ドイツ人にとってクリスマスは非常にプライベートな行事で、こういう場に招かれるのはなかなかないことなので、喜んで行って来ました。

e0038811_23372227.jpg
この日はゼバスティアンの両親がミュンヘンから来ていた他、ヨアンナがバイトしているパン屋さんのオーナーやそのブラジル人の彼女、エアバス社のエンジニアをしているフランス人、あと日本人の私といった具合になかなか国際色豊かでした。

e0038811_23373575.jpg
食事は8時過ぎから始まったのですが、心のこもった料理をいただいているうちに、たちまち0時を回っていました。日付が変わったところで、ヨアンナが白い下敷きのようなものを持ってきて、それを割って一人ずつに渡します。何のことかと思っていると、これから始まるのはポーランドのカトリックの伝統習慣らしく、下敷きに見えた白い板はHostieと呼ばれる祭餅でした。ちなみにヨアンナはドイツ人とポーランド人のハーフです。

e0038811_23382385.jpg
これを持って、その場に居合わせる人一人に挨拶して回ります。まず相手の祭餅を少しちぎって口に含み、その人に対する感謝の気持ちと、来る年も幸せでありますようにと言葉を掛け合うのです。この日初対面という人も中にはいたのですが、こうやって面と向き合って相手のことを思いやろうとすると、親密な空気がそこに生まれ、なんとも温かな気分になってくるのは確かです(男女問わずハグするのは結構疲れますが^^;)。キリスト教国におけるクリスマスという行事の本質を垣間見たような気がしました。
(後記)Kenさんがこの習慣のことを詳しく触れられています。興味のある方はこちらをぜひご一読を!

その後は、お互いのプレゼントを開封し合います。クリスマスツリーの下には2人からのプレゼントがランダムに置かれていて、私の名前の書かれた包装もちゃんとその中にありました^^)。

もう何度もドイツのクリスマスを経験してきましたが、今年はとりわけ思い出深い聖夜となりました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-12-26 00:33 | ベルリンのいま | Comments(12)
Commented by わに at 2006-12-26 11:10 x
まさとさん、Frohe Weihnachten!素敵ですね。お羨ましいです。
東京はクリスマスでも慌しく、昨日もあの彼と打ち合わせでした苦笑
昨年のクリスマスはミュンヘンのフラウエンキルヒェで過ごしましたが、
22時にミサが始まり、24時に閉祭、とても厳かなクリスマスで素敵でした。
夕食は日記に書いたようにバーガーキングでしたけど。。。
Commented by こうま at 2006-12-26 13:12 x
お久しぶりです!なんて素敵なクリスマス♪
羨ましいです!
やっぱり日本のとはなんか違いますよね。
明けたら慌しく正月仕様に切り替えが始まってたり・・・。(苦笑)
あ、某オケの皆は今年も大橋でがんばってるみたいですよ。(笑)
Commented by gramophon at 2006-12-26 16:19 x
家族と過ごすドイツ人のクリスマスに招待されるのは、とても名誉なことですね!マサトさん。
それ故、Weihnachtenのレストランは超暇でした。イブの午後になると街中から人が消えたように、ひっそりとしてた記憶があります。逆にSivesterの忙しいこと。日付が変わるとほとんどドンチャン騒ぎでした。
Commented by akberlin at 2006-12-26 21:01
ぬくもりのあるクリスマスをお過ごしになられたのですね。
すばらしいです。ベルリンは東寄りな街だけにポーランドや
チェコ出身、あるいは親が東欧諸国出身、という人が多かった
ようにも思います。ステキな思い出の夕べの報告、ありがとう
ございました(^^)。
Commented by Ken at 2006-12-26 23:50 x
メリークリスマス!
バーゼルで友人宅にクリスマスの晩餐に呼ばれたことがあるのですが、
そのときの「白い下敷き」は
Brotって呼ばれてました。いろいろな呼び方があるんですね。
そのときの日記↓
http://blog.livedoor.jp/d79254oberried/archives/23125.html
Commented by berlinHbf at 2006-12-27 09:22
>わにさん
コメントありがとうございます!
わにさんはミュンヘンでクリスマスを経験されたのですね。
フラウエン教会のミサ、すてきだったことでしょう。
しかし夕食がバーガーキングとは(笑)
そういう出来事ってなかなか忘れませんよね。

「あの彼」は今東京なのですね。どうぞよろしくお伝えください(笑)
Commented by berlinHbf at 2006-12-27 09:37
>こうまさん
これはこれは、お久しぶりです!

>やっぱり日本のとはなんか違いますよね。
ホント違いますね。
街のイルミネーションとか、そういう表面的なことではそう大差はないですが、そこに住む人々の暮らしの中に入っていくと見えてくるものが全然違います。彼らに「日本ではクリスマスはどう祝うのか?」と聞かれて、答えに少し困りました(笑)。

>某オケの皆は今年も大橋でがんばってるみたいですよ。
今年もやはりそうですか(笑)。まあ、あのオケにとってはそれこそ伝統行事みたいなものですからね。
Commented by berlinHbf at 2006-12-27 09:45
>gramophonさん
>イブの午後になると街中から人が消えたように、ひっそりとしてた記憶があります
本当に不気味なほど街が静まり返りますよね。
そして、おっしゃる通りジルベスターになるとがらっと変わります。
あのコントラストは強烈です。
レストランで働かれていたら、そのあおりをモロに受けることになるのでしょうね。お店にとっては稼ぎ時なのでしょうけれど。
Commented by berlinHbf at 2006-12-27 09:52
>akberlinさん
ベルリンは本当に東欧系の人が多いですよね。
ドイツ人でも苗字が東欧・ロシア系という人に出会うことが結構あります。ベルリンのこの地理的条件が、街に独自のカラーを与えているといえるかもしれません。
Commented by berlinHbf at 2006-12-27 09:57
>Kenさん
ブログ拝見しました!
これです、まさにこれ!私よりもはるかに詳しく説明されていますね。
「お母さんはポーランドの出身」というのもまさに一緒で、文化風習という点で大変興味深かったです。TBを試みてみますね。
Commented by shinno at 2006-12-28 09:08 x
遅くなっちゃいましたけど、フローエ・ヴァイナハテンです。
今年はいろいろあったけど、なんとなく思い出に残るクリスマスになりましたっ。
さ、年末に向けて頑張るぞっ!!
Commented by berlinHbf at 2006-12-31 11:02
>shinnoさん
今日はDSOの今年最後のコンサートですね。
すてきな本番になることを願っています。
時間が取れたら僕も行きたいんですが。
Guten Rutsch ins 2007!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング