ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

M.ショスタコーヴィチ指揮のD.ショスタコーヴィチ

e0038811_14799.jpg
今年はショスタコーヴィチの生誕100年ということで、ベルリンでもショスタコ関係のコンサートが目白押しだ。正直、ショスタコーヴィチの音楽はどうも「絶叫」のイメージが強いのか私は少々苦手で、その世界に素直に入っていけないもどかしさを感じることが少なくないのだが、今回のベルリン・ドイツ響のコンサートには惹かれるものがあった。というのも、プログラムのメインのショスタコの交響曲第15番を、1972年の1月にモスクワでの初演を指揮した作曲家の息子マキシムが振るからだ。それだけではない。同じ年の6月には、ショスタコーヴィチの臨席のもとモスクワのオケがドイツでこの曲を演奏しているのだが(おそらくドイツ初演だろう)、その時の会場がベルリンのフィルハーモニーだった(その写真が現在フィルハーモニーのフォアイエに展示されている)。このショスタコーヴィチ最後のシンフォニーは、「死」をテーマにしたもので、彼はその3年後に亡くなる。あと、これはまあどうでもいいことだが^^;)、私が生まれたのはショスタコーヴィチが亡くなった2日後である。そんなことを考え出すと、聴きに行かずにはいられない気持ちになってきた(15日。フィルハーモニー)。

写真で見るショスタコーヴィチは威厳に満ちているので、何となく息子も同じ雰囲気の人かと思っていたが、全然そうではなかった。もう70歳に近いのに、動きは機敏だし、指揮台にも駆け足気味でやって来るほど。どうもあまり落ち着きのある性格ではないのかもしれない(笑)。指揮ぶりも何となくつかみどころがないというか、少なくともあまり見やすい棒ではなさそうだ。実を言うと、前半のモーツァルトは少々退屈してしまった。

しかし後半のショスタコーヴィチはやはりよかった。この前、ピアニスト、ピエール=ロラン・アイマールによるコラージュ・コンサートのことを書いたけれど、ショスタコーヴィチ最後の交響曲はまさにそれ自体がコラージュのような作品で、過去の作曲家からの引用が次々に出てくる。まず有名なのが、ロッシーニのウィリアム・テル序曲からの引用。この日の前プロはまさにウィリアム・テル序曲だったこともあって、あのメロディーが流れるとお客さんの間からはくすくす笑い声が聞こえてくる。その他にも、シェーンベルク、マーラー、ワーグナーなどなど。4楽章、パッサカリアで曲が膨れ上がった後、高らかに鳴り響くのがハイドン最後の交響曲「ロンドン」の冒頭、というのも何やら暗示的だ。マキシム氏の演奏では、全体の流れがここに向かって構築されているように感じられた。

不思議な音楽だ。ショスタコーヴィチが「死」をテーマに書いた曲なのに、「絶叫」が少ない。代わりにあるのは、「皮肉」や「自己を冷静に見つめる目」というものだろうか。ソロ楽器の比重が高い一方で、トゥッティ(全奏)の時間が短いのも特徴的。打楽器による謎めいた終わり方も何とも言えない。プログラムによると、ショスタコーヴィチは死についてこのように語っていたそうだ。
死への恐怖は、ひょっとしたら人間が持つ最も強い感情かもしれません。これより深くて内向的な感情はないと私は時々思います。死の恐怖の圧迫のもと、皮肉にも人は偉大な詩や音楽を創造します。つまり、死の恐怖が生への結び付きを強め、生への影響力を高めるのです。死の恐怖につけこませてしまってはだめで、それに慣れなければなりません。そのための一つの方法が、死について書くことです。

死を否定することは無駄です。それでも人は死ぬからです。しかし、死を理解するということは、死に屈するということではありません。私は死に屈しません。死を賛美しません。死に抵抗もしません。私が抵抗するのは、人々を処刑するような虐殺者に対してです。
終演後、カーテンコールで再び舞台に現れたマキシム氏が、父親が書いたシンフォニーのスコアを両手で高々と掲げていたのが印象的だった。

PHILHARMONIE
So 15. Okt 2006 20 Uhr
Deutsches Symphonie-Orchester Berlin
Maxim Schostakowitsch DIRIGENT
Arabella Steinbacher VIOLINE

Gioacchino Rossini Ouvertüre zur Oper Guillaume Tell
Wolfgang Amadeus Mozart Violinkonzert Nr. 1 B-Dur KV 207
Dmitri Schostakowitsch Symphonie Nr. 15 A-Dur op. 141

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-20 18:50 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)
Commented by pfaelzerwein at 2006-10-21 03:37 x
スタンディングオベーションのお写真のスキンヘッドさんなどは東からの方のように見えますね。「人々を処刑するような虐殺者に対して」をプログラムに入れてくるのは、このソヴィエトを代表する作曲家の現在のドイツでの典型的な受容かと思います。昨日からこの作曲家の交響曲全集CDを聞いているのですが、仰る絶叫に緊張が置き換えても良いようです。すると、その様相のミクロ的なあまりためにならない楽曲分析よりもその緊張の源泉をマクロ的に捉えられるのではないかと考えるようになりました。ラトルの解釈でもそこの絶叫は不可解この上ないものでしたが、そこがこの作曲家の全てという印象を受けています。
PS. TB不可能のようです。
Commented by berlinHbf at 2006-10-22 09:37
>pfaelzerweinさん
TB、やはりダメでしたか。原因がよくわからないのですが、申し訳なく思っています。私はショスタコーヴィチのことはあまり詳しくなく、ドイツにおいてこの作曲家がどのように受容されているのかもよく知らないので、残念ながら適切なコメントができそうにありません。どちらかと言うと私は、この作曲家の交響曲よりは弦楽四重奏曲に興味があり、これから1曲ずつ聴いていきたいと思っています。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング