ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

天使の降りた場所(11) - ポツダム広場伝説は続く -

e0038811_203866.jpg
ポツダム広場のPark Kolonnadenにて(2006年3月12日)

ポツダム広場を巡る話も、ようやく現代にまでやってきた。

実を言うと私は、現代建築の実験場のような現在のポツダム広場にそれほど愛着を感じているわけではない(ついでに言うと、この周辺には手ごろな値段で楽しめる感じのいいカフェやレストランをほとんど知らない)。過去を賛美するばかりではないけれど、私がどうしても憧れてしまうのは、これまでご紹介してきたような文化が爛熟した戦前のポツダム広場だ。今回はそんな過去へのオマージュも若干込めながら、現代のポツダム広場をぶらりと巡ってみることにしよう。

まず、冒頭の写真をご覧いただきたい。今年の2月頃だろうか、ちょうど戦前のポツダム広場のことをいろいろ調べていた頃で、ある日の夜、私はこの周辺をぶらぶらしていた。もちろん戦前の面影など、どこを見渡しても残っていない。だが、ガラス張りの正面をイルミネーションが飾る、この丸みを帯びた建物を遠くからふと見ていた時、突然私の眼前に戦前のポツダム広場のある画が表出したのだ。

e0038811_2154036.gif
e0038811_205869.jpg
そうなのだった。家に帰ってすぐに調べてわかったのだが、イタリア人のジョルジョ・グラッシという人が設計したこのPark Kolonnadenという建物は、戦前のポツダム広場の象徴だった(そしてまさにそこに建っていた)Haus Vaterlandをモチーフにしているのだった。もちろん現代版は、ドイツ最大のレジャー施設だった「父なる国の家」と違ってただのオフィスビルなのだが、ややもすると少々無愛想な現代建築群があの「ポツダム広場伝説」とまだどこかでつながっているのを感じて、私はうれしくなった。

e0038811_250987.jpg
広場の中心には、1924年から1936年にかけてこの場所の交通を取り仕切っていた有名な信号機のレプリカが置かれている。この信号機が導入した「赤・黄・緑」の3色は、後に世界の信号機の標準として定着した。

e0038811_218592.jpg
広場北側の2つの対のビルは、1920年代のアメリカの高層ビルのスタイルを継承しているのだそうだ。左側のビルは、現在ホテル・リッツカールトン。

e0038811_2123531.jpg
そのほぼ向かい、ハンス・コルホフ設計の高層ビルは、フリッツ・ラングの映画「メトロポリス」に出てくるビルを想起させる。夜にこの前を通ると、その印象は一層引き立つ。

e0038811_2125725.jpg
そして、ポツダム広場に面したビル群の中で最も新しいこの雑居ビルは、1930年代のあのコロンブス・ハウスをイメージさせる(私の勝手な想像だが)。実際のコロンブス・ハウスはこの対角線上に建っていた。

e0038811_22311.jpg
この広場を歩いていて、これに気付く人はおそらくそういないと思うが、ドイツ鉄道(DB)本社ビルの入り口近くに、古びたSバーンの標識がガラス向こうにはめ込まれている。これは何だろう?

e0038811_242329.jpg
この標識はまさに歴史の証人だ。写真は1959年のポツダム広場の様子だが、おそらくこの中に写っているものと同一と思われる(後ろに見えるのはHaus Vaterlandの廃墟)。このSバーンの表示板は1939年から、何と1990年までひたすらここに立っていた。つまり、ポツダム広場の激動の変遷をずっと眺め続けてきたわけだ。ドイツ再統一後、一旦はニュルンベルクの鉄道博物館に移されそこに展示されたが、ドイツ鉄道の本社がポツダム広場に移転することが決まった後、再びかつての場所に戻って来た。

e0038811_2383198.jpg
時代の証言と言えば、Erna-Berger-Straßeの奥には、壁があった時代の見張り台がポツンと佇んでいる(以前こちらでご紹介しました)。これほど寂しげに見える「物」もそうない。

e0038811_2333160.jpg
「ベルリン・天使の詩」の内容とは大分ずれてきてしまったが、ポツダム広場を巡る話はここでひとまず終わりにしたい。20世紀の激動を経験したベルリン・ポツダム広場は、21世紀も新たな都市伝説の舞台となるのだろうか。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-10-11 01:37 | ベルリン天使の降りた場所 | Comments(11)
Commented by 楕円球 at 2006-10-11 11:37 x
先月ベルリンを訪問し、このPotzdamer Platzにあるホテル"Madison"(最近資本が変わったのか、Mandalaと変わりましたが)に宿泊しました。この界隈の発展は本当にめを見張るものがありますね。前回の訪問は1998年で、まさに廃墟・魔窟という表現がぴったりだったのですが。今回の記事、とても興味深く拝読しました。ありがとうございました。
Commented by la_vera_storia at 2006-10-11 16:43 x
中央駅さんはLaurenz Demps氏と話されたことはおありでしょうか? あるいはお会いにならないまでも、この方の書いた本を読まれたことがありますでしょうか? 中央駅さんの「ポツダム広場伝説」を非常に興味深く読ませていただきましたが、こういう「ベルリン史探訪」路線(それはそのまま私自身の最大の興味でもあるのですが)を深めたいとお考えでしたら、是非Demps氏となにかの機会に是非会われる機会を持たれることをお勧めします(焼きそうせいじさんはDemps氏と面識はありますか?)。この方の連絡先はネット上で公開されていますが、あえてそのページはリンクしません。
Commented by la_vera_storia at 2006-10-11 16:43 x
壁崩壊後の数年後でしたが、たった一度だけドイツ人の知人にくっついていき、少しだけお話させていただきましたが、この人ほどすばらしい「ベルリン史探訪」の案内役はいないといってもよいでしょう。Demps氏(いや、正確にはProf. Dr. Laurenz Dempsと書くべきでしょう)も壁崩壊後、例の件(IM)による疑いをかけられたりしましたが、そのような危機を乗り切って現在に至っています。なにかの集まりででもお知り合いにでもなられれば収穫は大きいと思いますよ。
Commented by MOTZ at 2006-10-11 20:57 x
Park Kolonnadenのお話を教えていただいて
今までの「東京みたいで面白みがない風景」という
ポツダマープラッツの印象が変わりました。
前のコメントにも書きましたがこういった数々の
歴史の証拠写真を手に、そして年代物の古地図を片手に
散歩できたら一層楽しめますね。

Commented by hiro_hrkz at 2006-10-11 23:18 x
2年前、ベルリンに行った際、かつてこの街が東西に分裂していた場所ということを最も感じたのが、この場所でした。
Sバーンの駅構内にあった地下商店街?の廃墟、一方でソニーセンター等の新しいビル、旧東側のビルなど、時間の動きが狂ってしまっていると思ったものです。今回、過去の写真を連続的に見ることで、この場所にはやはり栄枯盛衰が沁み込んでいることを改めて思いました。

それにしても信号の色の発祥が、ここだとは少々驚きです。
Commented by berlinHbf at 2006-10-12 07:52
>楕円球さん
コメントありがとうございます。ベルリンにいらっしゃったのが98年以来とは、それはいろいろびっくりされたことでしょうね。私がベルリンに初めてきたのも98年でした。興味を持って読んでいただけたようで、うれしいです。
Commented by berlinHbf at 2006-10-12 08:08
>la_vera_storiaさん
ベルリン史のLaurenz Demps氏をご紹介いただき、ありがとうございます。私は恥ずかしながらこの方のことは存じ上げておらず、著作のタイトルに幾分見覚えがあるという程度でした。早速ネットで検索したらいろいろ出てきたので、まずはそちらから当たってみて、著作も読んでみたいと思います。la_vera_storiaさんのおっしゃる「ベルリン史探訪」路線は、私にとってこれからも深めていきたいテーマですので、Demps教授には機会があったらぜひお会いしたいです。
Commented by berlinHbf at 2006-10-12 08:16
>MOTZさん
私もこの記事を書くためにいろいろ調べているうちに、ポツダム広場を再発見したという感じです。
>歴史の証拠写真を手に、そして年代物の古地図を片手に

こちらの本屋では、年代物の地図が気楽に手に入りますからね。
ネットでベルリンの昔の地図を見ることもできますよ。
http://www.alt-berlin.info/index.htm
Commented by berlinHbf at 2006-10-12 08:54
>hiro_hrkzさん
ご感想ありがとうございます。
ポツダム広場にはあまりにたくさんの物語がつまっているので、どのようにまとめるか難しかったのですが、この場所の栄枯盛衰がいくらかは伝わったでしょうか。

>信号の色の発祥が、ここだとは少々驚きです。
世界初かどうかは今ひとつ定かでないのですが、「この信号機に導入された色が後に世界の標準になった」ということがどこかに書かれていました。
Commented by la_vera_storia at 2006-10-12 10:08 x
Demps教授がおもしろいことを言っています。
中央駅さん、いかがでしょうか?
http://www.taz.de/pt/2006/04/03/a0190.1/text.ges,1
Commented by berlinHbf at 2006-10-12 22:51
>la_vera_storiaさん
興味深い記事のリンク、ありがとうございます。
「最近の建築は退屈だ」の見出しにまず引かれました(笑)。
プリントアウトしてじっくり読んでみたいと思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング