投稿キャンペーン


ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る
画像一覧

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ご寄付のお願い

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2014 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ライフログ


ベルリンガイドブック (GEM STONE)


街歩きのドイツ語


Lonely Planet Berlin


The Rough Guide to Berlin (Rough Guide Berlin)


Hof――ベルリンの記憶


ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版


NHKスペシャル こうしてベルリンの壁は崩壊した ヨーロッパピクニック計画 [DVD]


ベルリン・歴史の旅-都市空間に刻まれた変容の歴史 (阪大リーブル025)


点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)


がんばれ、ブランデンブルク州!


Brandenburg


考える人 2014年夏号


はじめての編集 [単行本]


私の好きな曲―吉田秀和コレクション (ちくま文庫)


私のオペラ人生―ドイツオペラ界のまんなかで


ポーランド旅行


忘れられた日本人


時刻表2万キロ (角川文庫 (5904))


子どもはなぜ電車が好きなのか―鉄道好きの教育“鉄”学


あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅 (文春文庫)


オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)


転がる香港に苔は生えない (文春文庫)

外部リンク

天使の降りた場所(4) - 戦勝記念塔 -

Siegessäule(9月5日)

おお こんがりと焼きあがった凱旋記念塔よ
幼き日々の 冬の砂糖をまぶされて。
ヴァルター・ベンヤミン「1900年頃のベルリンの幼年時代」より

映画「ベルリン・天使の詩」では、中年の天使が戦勝記念塔の女神像に腰掛けて、ベルリンの街を眺めるシーンが繰り返し出てくる。それはこの映画の顔ともいえるほどよく知られたシーンだろう。

戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)は、対オーストリア、デンマーク、フランス戦争の勝利の記念として1871年に建てられた。実はこの塔、当初は現在の連邦議会議事堂前の広場に建っていた。1938年、この巨大な塔をティーアガルテンのど真ん中に移させたのは、ヒトラーの命を受けてかの「ゲルマニア」計画に着工した若き建築家、アルベルト・シュペーア(Albert Speer)だった。

このシリーズを始めるにあたり、映画の中で印象的なシーンを演じている戦勝記念塔はやはり外せないということで、先日私は約5年ぶりにこの塔に上って来た。汗をかきながら285段の階段を上っている最中は、自分のブログのために別に足腰を鍛えなくてもと半ば自嘲気味だったが(笑)、てっぺんからの眺めはそんな気分も吹っ飛ぶほどのものだった。やはり久々に来てよかった。

1986年、天使ダミアンは戦勝記念塔からこういう風景を眺めていた。

2006年の私はこういう風景を眺めている。
手前から延びているのは6月17日通り。その終着点にあるブランデンブルク門、テレビ塔、その左のビルは昔と変わらず。その横の連邦議会議事堂はてっぺんにドームが付いた。さらにその左、パウル・ローベ議員会館、首相官邸、シュプレー川を渡ったところに見えるベルリン中央駅と、この地区の変貌ぶりは著しい。一方で、今も昔も変わらずにあるティーアガルテンの緑の豊かさは目を和ませてくれる。

時計回りに眺めてみよう。まずこちらはポツダム広場方面。画面のほぼど真ん中、黄金に輝いている横長の建物は前回お話した国立図書館。その左にサーカス屋根のフィルハーモニー、ソニーセンター、ポツダム広場の高層ビル群などが見える。20年前にはありえなかった風景だ。

動物園(ツォー)方面を望む。一番高いビルはヨーロッパセンター。その右隣にちょこんと出っ張っているのが、先日ご紹介したカイザー・ヴィルヘルム記念教会。

完全な逆光になってしまったが、こちらが6月17日通りの西側になる。この通りをひたすら真っ直ぐ行くとオリンピック・スタジアムが見えてくる。画面中央のやや左寄りに、先日出てきた放送塔がかすかに見えるのだがおわかりいただけるだろうか。そしてその隣の丘のような地形。これは戦争の瓦礫で作り上げた人口の山、Teufelsberg(「悪魔の山」)だ(こちらでご紹介しました)。

その右、ハンザ地区を望む。森の向こうには、1950年代にアルヴァ・アアルトやマルティン・グロピウスらが設計した実験的な集合住宅群が見える。

さらに目を移すと画面ほぼ中央に見えるのは、いつかご紹介したべレビュー宮殿。手前の円形の建物は、新しい連邦大統領府。

女神ヴィクトリアには、これからもずっとベルリンを見守っていただきたい。


Siegessäule
夏季オープン時間 (1.4.-31.10.):
Mo-Do 9.30-18.30 Uhr, Fr-So 9.30-19.00 Uhr
冬季オープン時間 (1.11.-30.3.):
Mo-Do 9.30-17.30 Uhr, Fr-So 9.30-18.00 Uhr
Tel. 391 29 61

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-09-09 17:37 | ベルリン天使の降りた場所 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://berlinHbf.exblog.jp/tb/4127658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nozomuz at 2006-09-10 19:37
ティアガルテンの緑は86年から変わってませんね。今後も変わらないと思いますが。

女神ヴィクトリアのお顔は近くからみると意外に凛々しいのですね。
ダミアンと並んでいる写真は仏像みたい。(^^;
Commented by xixi at 2006-09-10 21:32 x
先日はお世話になりました、xixiです。はじめてコメントを差し上げます。

自宅のある名古屋には、ティアガルテンほどまとまった緑がありません。
非常にうらやましく思います…
ぜひまた私が行ける時まで、変わらずにいてほしいものです!
Commented by berlinHbf at 2006-09-11 20:36
>nozomizさん
>ダミアンと並んでいる写真は仏像みたい
女神像を間近から見上げましたが、こんな仏像みたいな大きさではなかったですよ^^;)。意外と可憐でした。天使が腰掛けているのは、もちろん映画用に作られたものだそうです。
Commented by berlinHbf at 2006-09-11 20:41
>xixiさん
無事に戻られたようですね。先日はこちらこそありがとうございました。
>自宅のある名古屋には、ティアガルテンほどまとまった緑がありません
ティアガルテンもご案内できたらよかったですね。都心の真ん中にこれだけの緑があるというのは、本当に気持ちのいいものです。ぜひまたいらしてください!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(111)
(110)
(106)
(105)
(103)
(95)
(95)
(84)
(83)
(73)
(68)
(66)
(64)
(62)
(56)
(53)
(51)
(45)
(41)
(39)

以前の記事

2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...

最新のコメント

お返事頂いてありがとうご..
by nobuny at 00:31
nobunyさん ご丁..
by berlinHbf at 06:46
初めまして。 今年9月..
by nobuny at 06:08
竹内様 ご丁寧なコメン..
by berlinHbf at 04:08
中村様、 考える人につ..
by 竹内明日香 at 08:50
EURO三郎さん メー..
by berlinHbf at 00:53
berlinHbfさん ..
by EURO三郎 at 11:49
Biribiさん はじ..
by berlinHbf at 11:29
しゅりさん コメントあ..
by berlinHbf at 11:15
中村さん 初めまして。 ..
by Biribi at 18:31
中村さん お返事くださ..
by Kazue at 22:22
マサトさん、こんばんは!..
by しゅり at 03:50
Kazueさん はじめ..
by berlinHbf at 23:35
MOTOさん 本当に内..
by berlinHbf at 23:29
冬風さん お返事が遅く..
by berlinHbf at 23:24
冬風さん お久しぶりで..
by berlinHbf at 17:40
はじめまして。 9月か..
by Kazue at 04:55
素晴らしい!ホントに素晴..
by MOTO at 11:15
ドイツの勝利は本当に劇的..
by 冬風 at 02:45
お久しぶりです、ふと見た..
by 冬風 at 02:38

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

エネルギー問題をテーマにした..
at 2014-11-22 13:13
イラストレーター高田美穂子さ..
at 2014-11-18 10:06
壁崩壊25周年のベルリンにて
at 2014-11-16 14:45
村上春樹さんがヴェルト文学賞..
at 2014-11-08 01:37
発掘の散歩術(52) -壁崩..
at 2014-11-07 23:57
「考える人」(新潮社) 20..
at 2014-10-27 17:06
60周年を迎えたアメリカ記念..
at 2014-10-18 16:11
地下鉄の駅で見た夕日
at 2014-10-17 17:39
発掘の散歩術(51) -「ひ..
at 2014-10-09 23:45
ドイツ統一24年目の日
at 2014-10-04 23:48
シンポジウム「文化政策による..
at 2014-09-19 20:25
発掘の散歩術(50) -ピア..
at 2014-09-12 01:19
ベルリン、夏の終わりの日々
at 2014-09-08 18:34
日本の夏2014
at 2014-08-30 22:34
奈良岡聰智講演会「第一次世界..
at 2014-08-30 22:23

記事ランキング

イラストレーター高田..
壁崩壊25周年のベル..
村上春樹さんがヴェル..
ユニクロ・ベルリン店..
時間の止まった場所(..
「考える人」(新潮社..
ザクセンハウゼン強制..
時間の止まった場所(..
発掘の散歩術(52)..
10 クロイツベルクの行列..

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite