ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

サシャ・ヴァルツ インタビュー(1)

e0038811_2028555.jpg
Radialsystemにて(8月24日)

数え切れないほどの劇場、コンサートホール、クラブなどが軒を構えるベルリンに、9月9日、また新しい文化の発信地が誕生する。ラディアルシステム(Radialsystem)という名前のこの施設は、劇場というよりは、複合的な文化センターとでも呼べるものらしい。

場所はオストバーンホフ(東駅)から歩いてほど近い、シュプレー川の岸辺にある。古くから工業地帯だった場所だ。20世紀初頭のレンガ造りの建物が、Gerhard Spangenbergの設計によって斬新に生まれ変わった。ここに大小さまざまのホールにあらゆるジャンルのアートが集結する。コンサートやパフォーマンスアート、アート見本市の会場になるだけでなく、外務省のレセプションに使われたりもする。また、クラブシーンになる一方で、ベルリン古楽アカデミーのような団体がここでコンサートを行ったりもするそうだ。昨日様子を見てきたらまだ工事中だったが、開幕がとにかく楽しみである。

さて、このラディアルシステムのオープニングを飾るのが、コンテンポラリーダンスの第一人者、サシャ・ヴァルツの新作“Dialoge 06 – Radiale Systeme“だ。ベルリンの都市情報誌"Tip"の最新号に彼女のインタビューが載っているので、今回はそれを訳して伝えるという試みをしてみたいと思う。それほど長いインタビューではありませんが、2回に分けてお届けします。


Tip: 粗造り状態のユダヤ博物館、ゾフィーエンゼーレ、シャウビューネ、内部が空っぽの共和国宮殿など、あなたの演出は建築物に対して強い反応をします。あなたは今、ラディアルシステムのオープニング作品の演出のリハーサル中ですが、ここでもそれは同様なのですか?

Sasha Waltz: ええ、絶対的に。空間の調査からリサーチが始まり、そこから作品が生まれます。私がさまざまな空間で取り組んできたインスタレーションは一時的なプロジェクトに過ぎませんが、強いインスピレーションの源泉になり、それが大きな作品への動力になります。ラディアルシステムにおいては、20世紀初頭のレンガ造りの建物と極めてモダンな建築とが組み合わさっています。建築において、これはすでに刺激的な対話です。この小屋のオープニングのプロジェクトでは、さらに先へと進みます。私は24人のダンサーと3つの音楽アンサンブルと一緒に仕事をします。つまり、ベルリン古楽アカデミー(Akademie für Alte Musik Berlin)、Vokalconsort Berlin、そして現代音楽を演奏するmusikFabrikです。これらがどのように1つの対話の中で歩み合うことができるのか?本当に一つの実験です。この非常に様々な音楽がこの建物のさまざまな空間でどのように作用し、ダンスアンサンブルとどのように発展するのか、これはものすごいコントラストです。私はダンスで、この建築物に対してはっきりと反応するよう試みます。つまり、この壁が語るものを、肉体(Körper)で聞くのです。肉体を使って何ができるでしょうか?

e0038811_19503446.jpg
"Körper"の舞台装置

Tip: 開幕公演は建物全てを使って行うそうですね?

Waltz: ええ。でも建物だけでなく、川とその反対の岸辺も使います。“insideout“の時と似ていて、(作品の)大部分の間、聴衆は建物全体を自由に行き来することができ、全てのホールで何かが同時に起こります。座席は置かれずにあらゆることが進行し、聴衆は身動きできる状態で出たり入ったりします。建物の前でのシーンもあって、そばを流れる川がこの建築にとって重要です。最後、聴衆の全てと4つのアンサンブルが再び集まり、動きは濃密さと集中の度合いを高めます。私たちはゼロから始めます。この建物はまだ工事中で、開幕公演の時になってようやく完成します。それはとにかく特別な瞬間になるでしょうね。

Tip: ラディアルシステムの魅力として、さまざまなアートが部屋を持ち、互いに反応する可能性がある、ということが挙げられます。このことはあなたの芸術活動と合致するのではないですか?つまり、あなたは、ダンスとこれまで同様に音楽と造形芸術を反応させるのですか?

Waltz: „insideout“や“Körper“の時はいずれにしろそうですね。オペラ“Dino & Aeneas“においてはなおのことです。それはいつも個々の要素が豊穣なものになるための試みなのです。私の作品において、音楽はただの背景ではなく、それ独自の生命を持っています。舞台装置も同様に、ある力を発揮する物体でなければならず、ただそこにあるだけではだめです。“insideout“の舞台はそもそもインスタレーションです。“insideout“の経験を私は今回の“Dialoge 06 – Radiale Systeme“に使います。ただ、空間は5倍もの大きさになりますが。

e0038811_19541912.jpg
"insideout"の舞台より

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-08-25 14:00 | ベルリン文化生活 | Comments(1)
Commented by lignponto at 2006-08-26 10:35 x
また一つ面白そうな場所がベルリンにできましたね。

一度行ってみたいです!!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング