ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリンの壁建設から45年

e0038811_1912910.jpg
Checkpoint Charlie(8月14日)

毎年8月のこの時期になると、日本での終戦記念日のようにベルリン(あるいはドイツ)では壁のあった時代のことが思い出される。一昨日の8月13日、壁が建設されてから丸45年を迎えた。

e0038811_18373658.jpg
かつて東西の検問所があったチェックポイント・チャーリーは、今でも世界中からの観光客が絶えることがない。ところで、今月初頭からこの場所で壁の歴史を振り返る野外展示が開かれており、私は昨日観て来た。

e0038811_18574240.jpg
展示は部分的にかつての壁に沿っており、全長約300メートルにも及ぶ。写真のサイズが大きいのでとても見ごたえがある。説明は英独表記で、しかも簡潔なのがありがたい。

e0038811_18384651.jpg
それでは、私が印象に残った写真を時の流れの順に並べて、かつての時代を簡潔に振り返ってみることにしたい。

e0038811_18395881.jpg
1961年8月19日。チェックポイント・チャーリー(以下も同様)。この時壁はまだなかった。

e0038811_18401789.jpg
1961年10月27日。米ソの戦車が国境を隔てて対峙する。

e0038811_18405897.jpg
1963年6月26日。アメリカ大統領J・F・ケネディがチェックポイント・チャーリーを視察。西ベルリン市長ヴィリー・ブラントの案内を受ける。ケネディーはこの直後、シェーネベルク市庁舎前で有名な演説を残した。

e0038811_18411743.jpg
1965年5月3日。

e0038811_18543156.jpg
冷戦時代のポツダム広場の様子。Sバーンの駅は「幽霊駅」と化した。上から1962年、1970年。

e0038811_18415323.jpg
1986年4月10日。

e0038811_18421438.jpg
1988年1月31日。シュタージはデモに参加した約120人を逮捕。

e0038811_18423742.jpg
1989年11月9日。壁崩壊の夜。ちなみに写真背後の建物は昔から全く変わっていない(↓)。

e0038811_18425629.jpg
1階にカフェ・アドラーがある。

e0038811_18431427.jpg
1989年11月11日。壁崩壊の2日後、壁の前でバッハを奏でるムスティスラフ・ロストロポーヴィチ。

e0038811_18433420.jpg
1990年6月22日。チェックポイント・チャーリー廃止。

e0038811_1859475.jpg
2005年、戦後60年目の夏。

e0038811_1844413.jpg
今世界で起きていることを見ると、壁があった時代のリアリティーは全くといっていいほど失われていないように思われる。日本もドイツも平和な状態が保たれているのはありがたいことだが、権力者のエゴによる戦争や紛争、テロに巻き込まれている人々は今も世界に少なからずいる。そのことを忘れてはならないし、今もどこかで苦しんでいる人々への想像力を失いたくないと思う。

参考:
「現代史ベルリン 増補」
永井清彦著
朝日選書(1990年)
いい本ですが、廃刊中なのが残念です。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-08-15 15:32 | ベルリンのいま | Comments(6)
Commented by lignponto at 2006-08-16 13:04 x
素晴らしく良くまとまっていますね!!

まさにベルリンの現代史でしょう。
写真入でしたのでとても分りやすかったです。
Commented by 焼きそうせいじ at 2006-08-17 04:33 x
ベルリンに足を運ぶたびに、「壁」の記憶が次々に消えていくのを実感しています。フリードリッヒ・シュトラーセの「涙の館」も無くなるという話も耳にしました。現在私が関心を持っているのは、ドイツないしベルリンの分断の歴史をどうこれから描くのか、東西それぞれが別の歩みをして40年後に一緒になりました、なのか、どのようにかして「統一された」歴史を書こうとするのか、この点です。それがドイツ人とベルリン市民のアイデンティティの形成に結びつくからです。

中央駅のそばにも、検問所跡と犠牲者の記念碑が立っています。
Commented by berlinHbf at 2006-08-17 20:34
>lignpontoさん
優れた報道写真は本当にいろいろなことを語りますよね。ここに写っているJ・F・ケネディですが、ベルリンを訪れたわずか5ヵ月後に暗殺されることになります。
Commented by berlinHbf at 2006-08-17 20:45
>焼きそうせいじさん
「涙の館」は建物自体は残るようですが、入り口のホールなど一部は取り壊しになるようです。7月最後の公演の日も人の入りはあまりよくなく、寂しい幕切れだったとか。私は閉館間際にあの中に入って写真を撮ってきたので、今度ご披露します。あの分断の時代を、ドイツ(ベルリン)の歴史にこれからどのように組み込んでいくのかというのは大変興味深いテーマですね。

>中央駅のそばにも、検問所跡と犠牲者の記念碑が立っています
中央駅からハンブルガーバーンホーフに向かうと、川のたもとに記念碑が立っていますがあれでしょうか。検問所跡は気付きませんでした。
Commented by 焼きそうせいじ at 2006-08-18 04:12 x
「入り口」というのは、かつて東から西へ行く、ないし戻る人があの建物に入っていったあの部分でしょうか。小さな展示がありますよね。消える前にもう一度見ておきたいです。

川のたもとの記念碑というのは、たぶん私が見つけたものと同じでしょう。Invalidenstrasseにあるはず。あの川を渡れば(というか橋の手前から)東で、そこに検問所がありました。二回くらい使ったことがあります。
Commented by berlinHbf at 2006-08-18 06:36
>焼きそうせいじさん
そうですあの部分です。「涙の宮殿」のチケット売り場の女性に聞いたら、この部分はなくなるのだと教えてくれました。そこに展示してあったプレートや資料などは既に競売にかけられています。近いうちにその時撮りまくった写真を公開しますので、また当時のお話など聞かせていただけるとうれしいです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング