ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ハンブルク駅現代美術館でミもココロも涼む

e0038811_6342100.jpg
Hamburger Bahnhof - Museum für Gegenwart(7月27日)

この木曜日、久々にハンブルク駅現代美術館に足を運んで来た。その名前からも建物の外観からも想像できるように、ここは19世紀末までハンブルク行きの列車が発着するターミナル駅だった。建物を改築し、美術館として生まれ変わったのは1996年のこと。今回は今年で10周年を迎える、ベルリンでも異色のこのミュージアムをご紹介してみたい。

e0038811_6343149.jpg
ハンブルク駅現代美術館はベルリン中央駅から歩ける距離にある。私が意図して木曜日の午後に訪れたのは、毎週この日の14時から18時までは入場無料だからだ。これは知っておいて損はないだろう。ベルリンは相変わらず30度を越える日々で、この日も猛暑。が、汗をかきながら館内に入ると、別世界に来たかのような心地よさを感じる。冷房が程よく効いているせいもあるが、この美術館はまず空間としてすばらしい。もともと駅だった面影を残す広々とした本館は白を基調とし、窓から光がシャワーのように心地よく差し込んでくる。ここは私のベルリンの好きな場所の一つだ。

e0038811_6463926.jpg
e0038811_635547.jpg
e0038811_6353710.jpg
本館の後方からは、さらにRieckhallenという別館が延びているのだが、これがまた途方もなく広い。別館は地上階に加えて地下もある。

e0038811_646726.jpg
もともと何かの倉庫だったのではないかと思わせるような建物なのだが、この広大なスペースに贅沢なほどゆったりと作品が並んでいる(見張りの係員も身をもてあましているような感じ^^;)。ここにはFriedrich Christian Flickが収集した、いわゆるフリックコレクションが集められている。

e0038811_636140.jpg
ホール3ではRichard Jacksonというアーティストの特別展示をやっていた(8月13日まで)。

e0038811_640716.jpg
作品は3つしかないのだが、その中で面白かったのはこれ。一体何だと思いますか?

e0038811_6362885.jpg
格子に囲まれた狭い1本道をぐるりと回ると(一方通行なので、ご覧のように入り口で入場制限がある)、正方形の檻のようなその中に入ることができる。格子とその奥の壁に描かれているペインティングとが重なり合って、目を動かす度に色彩の表情が変わる不思議な空間。こんな感じに見えます↓

e0038811_6365395.jpg
e0038811_637197.jpg
e0038811_641232.jpg
解体中の共和国宮殿に関する写真展もあった。

e0038811_6412677.jpg
こちらはアンディ・ウォーフォルの間。奥の毛沢東の絵、デカい。

この美術館は現代美術を「鑑賞」するというよりも、広大な館内を散歩するような感覚で訪れるのがいいのではないかと思う。とにかく広いので、歩いているうちに実際さまよっているような気分にもなってくる。冷房が効いているのでこの時期でもおすすめだし、何よりもその空間自体に圧倒されるはずだ。

Hamburger Bahnhof - Museum für Gegenwart - Berlin
Invalidenstraße 50- 51 · 10557 Berlin
Telefon (+49 30) 397834-11
Fax (+49 30) 397834-13
開館時間:10時~18時(土曜日は11時~20時。日曜日は11時~18時。
月曜閉館)
料金:8ユーロ/学割4ユーロ(木曜日の14時~18時は入場無料)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-07-29 02:01 | ベルリン文化生活 | Comments(9)
Commented by madonotabi at 2006-07-30 02:54
ベルリンでのお気に入りの美術館の一つです。
美術館へ行くまでのだだっ広い道の風景も印象に残っています。
古い記事ですが、TBさせていただきました。
Commented by la_vera_storia at 2006-07-30 02:54 x
駅を美術館に改造したので有名なのはパリのオルセ美術館の例がありますね(正確には少し異なりますが).
私もベルリンでこの美術館に行ってみましたが,現代美術を積極的に紹介しようという意図がはっきりしていましたね. 話は変わりますが,この美術館のすぐそばに,かつては東西間の特別な検問所がありました. もちろん外国人は通行できませんでしたが. そのためか,あそこから東側はなんだか空間が広々とした感じがあります. 近くにホテルがありませんでしたか? DDR時代にそのホテルに一度だけ泊まりました. 夜になるととても暗いし,本当に不気味な雰囲気がありました. 名前は変わっているはずですが,まだあるはずです.
Commented by la_vera_storia at 2006-07-30 03:25 x
現在,私の日本の自宅には,DDR時代の東ベルリンの街角を写した膨大な数のネガがあります. 東地区だけでおそらく二千枚近いでしょう. これらを全部整理して,同じ場所の同じアングルで,現在のベルリンの街角の写真を写し,その2枚を並べて対比させて.場所の記載とコメントを入れて, Berlin(Ost), then and now とでもして,ネットで公開するのが私の夢です. 問題なのは,かつて撮影した写真の場所の正確な特定作業です. 仕事からリタイアしたらゆっくりと取りかかりたいと思っています. まだ十年以上先になるでしょう. これが,私のベルリンへのオマージュとするつもりです. ひょっとしたら中央駅さんのお力をお借りすることがあるかもしれません(笑). その時は是非よろしく(笑)!
Commented by lignponto at 2006-07-30 06:40 x
ここは、お気に入りの場所の一つです。
またベルリンに行ったら行きたいですね。
Commented by akberlin at 2006-07-30 19:13
併設されているカリスマ・シェフ?の一人、サラ・ヴィーナーの
カフェもオススメですよ~。ケーキとコーヒーしかまだ試して
いませんが、ケーキは絶品でした。

ちなみにサラ・ヴィーナー、金曜夜のヨハネス・B・ケルナーの
番組にときどき出演していますが。
Commented by berlinHbf at 2006-07-30 21:59
>madonotabiさん
TBありがとうございました!この美術館は本当に空間の使い方がいいですよね。以前教えていただいた「ベルリン-東京」展、今こちらで開催中なので今度観に行こうと思っています。
Commented by berlinHbf at 2006-07-30 22:17
>la_vera_storiaさん
>近くにホテルがありませんでしたか?
これはどこでしょうか。橋を渡ったところには、連邦経済省や交通省などの役所がありますが、その近辺でしょうか?ちょっと気になります。

>東地区だけでおそらく二千枚近いでしょう.
これはすごいですね。ネット上で公開するだけでなく、本としても出版していただきたいくらいです。間違いなく貴重なものになるでしょう。私もできることなら何かご協力したいところです。ただ10年後、私がベルリンにいるかどうかは誰にもわかりませんが(笑)。

実は私も今、壁のあった20年前に撮影されたある映画を見て刺激を受け、撮影場所があれからどう変わったかを確かめる探索をしているところです。近いうちにここで公開したいと思います。
Commented by berlinHbf at 2006-07-30 22:21
>lignpontoさん
この美術館はファンが多いのかもしれませんね。ぜひまた訪れてくださいね!
Commented by berlinHbf at 2006-07-30 22:25
>akberlinさん
こちらからもコメントしようと思っていたところでした。ベルリンを離れられてしまうそうで、残念です。いつかどこかでお会いできそうな気がしていただけに。

>サラ・ヴィーナーのカフェもオススメですよ~
そのカフェはまだ行ったことがないんです。今度はお茶をするためだけにあの美術館に行っても惜しくなさそうですね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング