ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

時間の止まった場所(1) - Nordbahnhof -

e0038811_0445391.jpg
U Bahnhof Friedrichstraßeにて(3月14日)

ベルリン・ミッテにあるフリードリヒ・シュトラーセ(フリードリヒ通り)。古くからの交通の要衝であり、壁によって分断されていた時代は、この駅に東西の検問所があった。当時はひどく寂れていたらしい。私がベルリンに来た2000年でさえまだ空き地だらけだったのだが、この数年間で新しい建物がすごい勢いで建っていった。人間の記憶などいい加減なものだと思う。5年前にどこがどうだったかと思い出そうとしても、もはやほとんど思い出すことができないのだ。あの当時、写真を撮っておけばよかったと悔やまれる。

とにかく、ベルリンの新しい中心の一つになったフリードリヒ・シュトラーセ。しかし、ここからSバーンで北に2駅ほど行ったところに、いまだこのような光景が広がっていることはあまり知られていないのではないだろうか。

e0038811_0465792.jpg
SバーンのNordbahhof(直訳すると「北駅」)。地下のホームを上がって、地上に出ると巨大な空き地が広がっている。

e0038811_0453152.jpg
フリードリヒ・シュトラーセのモダンな建築群と賑やかさとはあまりに対照的だ。なにかここだけ時の流れが止まっているかの印象さえ受ける。私が初めてここを訪れた時、「一体何なんだここは・・」と思った。

実は戦前までこの敷地一帯は、Stettiner Bahnhof(シチェチン駅)という駅だった。シチェチンとはバルト海に程近い北の町。ここからシチェチン行きの列車が出ることからこの名前が付いたのだった。しかし、第2次世界大戦で駅の建物が大きく破壊された上、戦後ドイツとポーランドの国境はオーデル・ナイセ川の線上に定められると、つまり、シチェチンがポーランド領となったことで、「シチェチン駅」としての意義は失ってしまうのだった。

e0038811_046824.jpg
この風格さえ漂う廃墟の建物は、北のパンクー方面に向かう、現在のSバーンに相当する郊外電車の駅舎だった。1936年、この下に地下のトンネル駅が出来たことによってこの駅は役目を終えたのだが、つまりそれ以来70年間(!)、廃墟のままここに立っていることになる。

e0038811_0474177.jpg
それにしても、なぜここだけ時が止まったかのような空間が残っているのだろうか。続きはまた次回に。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-04-28 19:13 | ベルリン発掘(境界) | Comments(11)
Commented by Shuji Kamano at 2006-04-30 07:17 x
貴重な情報有り難うございます.まだまだベルリンは変われるところがいっぱいあります.興味深いです.
Commented by Yozakura at 2006-04-30 09:59 x
風格漂う廃墟の写真、貴重な発見
 またまた掘り出し物ですね、これは。鉄道愛好ヲタクの鑑・中央駅氏の面目躍如たる一葉、拝見しました。
 ご指摘の通り、ただの鉄道駅にしては、風格があると申しますか貫禄があり過ぎるのです。設計や施工も立派なのでしょうが、その所為だけとも思えません。ひょっとして、交通サービスの提供以外の目的にも利用された経緯があるのでしょうか?
 実は、某ピアニストの著述になる最新録音CDを聴いていたところ、そのピアニストが若き日々、生活に窮乏し、ベルリン市内のBahnhofmission(キリスト教会が鉄道駅に設置した旅行者救護所)に宿泊した赤裸々な体験を率直に告白していたのでした。
 これは全く勝手な感慨ですが、先に掲示された廃墟の駅画像から漂い溢れ出す「過去の利用状況や生活の臭い」と、CD録音された彼女の語り口との間に何かしら、通じ合う翳りや気配があるのです。
 廃墟の謎解き、期待しております。お元気で。Yozakura 敬白

Commented by しゅり at 2006-04-30 10:58 x
マサトさん、こんにちは。
Nordbanhof、懐かしく拝見しました。
昨年この駅を利用してこの周辺を歩き回りました。
工事中なところも多く、また非常に閑散としてて
私もちょっと違和感を憶えたのを思い出しました。
しかし、上記の駅舎には全然気がつきませんでした。
この駅に行った目的の一つに
東西を分けていた時代の見張り小屋(?)のオブジェと
かしているものがあると誰かのHPで読んだので
行ってみたのですが、全然見当たらず時間がたち
撤去されたのかなと思いながら諦めました。
しかし、この周辺にあった集合住宅はシンプルにして
どこかブルジョアな趣もあって、改装されたのかなと思いながら
一体どんな人が住んでいるんだろうと思いました。
ここもあっとう間に変わってしまうんでしょうね。
次回のマサトさんのレポート、楽しみにしています!!
Commented by berlinHbf at 2006-05-01 08:51
>Kamanoさん
先日半年ぶりにこの場所を訪れたら、ここさえも工事の波が押し寄せていました。次回はそのことにも触れます。

>Yozakuraさん
>ベルリン市内のBahnhofmission
駅がこういう用途で使われていたことがあったのですか。この駅は戦前からすでに廃墟だったので、そのピアニストの若かりし頃と時代がかぶることはおそらくないのではと思いますが、話としてはとても興味深いですね。

この続きは謎解きというほどの話ではないですが、またお読みいただけたらと思います。
Commented by berlinHbf at 2006-05-01 09:01
>しゅりさん
ベルリン観光でこんなところにも来られていたとは、やはり相当な「通」ですね(笑)。
>東西を分けていた時代の見張り小屋
そういうものがまだどこかにあるのかもしれません。この敷地内に残っている「壁」はご覧になりましたか?あまり人目に付かない場所にあるのですが。

>次回のマサトさんのレポート、楽しみにしています!!
ありがとうございます。でも、あまり期待をなさらずに、続きをお待ちくださいね!
Commented by ジュリオ at 2006-05-01 11:09 x
駅の廃墟と後ろにそびえるDBマークのビルがあまりに対照的で合成の写真みたいですね。空爆を生き残ったこの駅もポーランド方面に通じてたとなると第二次大戦末期は避難民が押し寄せたのでしょうか。最後のくすんだ東ドイツ製のワゴン車、(バルカスだったかな)の写真いいですね。この車のとぼけた顔が好きです。
Commented by しゅり at 2006-05-02 06:30 x
>この敷地内に残っている「壁」はご覧になりましたか?

勘違いかもしれませんが、Nordbanhofに並行してある
(Garten Str.に沿った壁)・・かな??
どこなのか教えてくださいませ。

さて、先日「るるぶ」のベルリンのページの地図を見ていたら
前にマサトさんが紹介されていたポツダマープラッツ近くの見張り小屋の
場所が出てて驚きました。

マサトさんのブログ、ついつい期待してしまいますよ~。
本になったらいいのになと思っています。
Commented by berlinHbf at 2006-05-02 20:39
>ジュリオさん
>駅の廃墟と後ろにそびえるDBマークのビルがあまりに対照的で合成
>の写真みたい
なかなかシュールな風景ですよね。そう言われてみると、確かに合成写真のようにも見えます。このDBのビルはここ数年で建てられたものです。

>第二次大戦末期は避難民が押し寄せたのでしょうか
これについては私はわかりませんが、調べてみたら面白そうですね。

>東ドイツ製のワゴン車、(バルカスだったかな)
ほう。そういう名前だったのですか。この風景に妙にマッチしていたので、写真を撮らずにはいられませんでした。
Commented by berlinHbf at 2006-05-02 21:01
>しゅりさん
>(Garten Str.に沿った壁)・・かな??
まさにその通りです!ここには結構長い距離が残っていますね。続きはもうしばらくお待ちください。

>「るるぶ」のベルリンのページの地図を見ていたら
「るるぶ」にそういうことが紹介されていたというのは驚きですねえ。最近の号ですか?

>マサトさんのブログ、ついつい期待してしまいますよ~。
>本になったらいいのになと思っています。
そんなこと言っていただけると、うれしいし、続け甲斐があります。
ベルリンの本を書くというのは、私も実は夢の一つとして抱いています。まだまだですが、これから内容をもっと発展させるべくがんばります!
Commented by しゅり at 2006-05-05 06:47 x
「るるぶ」ですが最新号です。
ベルリンの地図のポツダマープラッツ周辺を
目を凝らしてみると小さく記述があります。
こういうのを発見すると嬉しくなります。
こういうちょっとした観光ガイド(ちょっとマニアな)が増えると
いいのですが・・・。
マサトさん著のベルリンガイドがあれば重宝するのに。
マサトさんの夢がかなうといいですね。
その夢、応援しています!
Commented by berlinHbf at 2006-05-06 20:38
>しゅりさん
情報ありがとうございました!
>こういうちょっとした観光ガイド(ちょっとマニアな)が増えると
>いいのですが・・

そうですね。ベルリンはパリやロンドンに比べると注目されることは少ないですが、その分発掘のしがいもあると思うのです。そういう知られざる場所やその歴史を掘り当てていくのは、やはり大きな楽しみです。

応援どうもありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング