ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

Hip H’Oper - コーミッシェ・オーパーにて -

e0038811_1911386.jpg
音大生の友達から借りてようやく手にすることのできた、「のだめカンタービレ」に今はまっています(笑)。これ、本当におもしろいデスね。「のだめ」の影響で、今日本ではクラシックがちょっとしたブームになっているそうですが、この漫画を読んで、クラシックを聴いてみたくなる人の気持ちがわかるような気がします。自分自身、のだめや千秋が演奏する曲が急に聴きたくなって、CDの棚を漁ったりもしました。

クラシックを聴くようになっても、なかなか気楽に劇場に足を運ぶというわけにはいかないのが、オペラかもしれません。日本だとまずお金がかかるという現実的な問題の他に、心理的な壁もあるでしょう。その点、ドイツでは、日本で映画1本を観るよりも安い値段でもオペラが楽しめるという、その意味では天国のような環境なわけですが、ただそれだけで若い人たちがどんどんやって来るわけでもないようです(何しろベルリンは娯楽には事欠きません)。

どのようにしてオペラの新しい聴衆をつかむか、これはこの町に限らずオペラ座共通のテーマだと思います。ベルリンでは若い人も結構見かけますが、町によっては聴衆の高齢化が著しいところもあるとか。もちろん劇場はどの世代に対しても開かれているべきですが、若い世代の聴衆が育っていないということはその劇場の将来の危機とも言えるわけです。

先日、「ばらの騎士」でご紹介したコーミッシェ・オーパーで、一風変わった試みを観たのでご紹介しましょう。

それは"Hip H’Oper"なるもの。文字通り、ヒップホップとオペラを合わせた造語で、モーツァルトの「コシ・ファン・トゥッテ」(のだめ5巻にも登場!)をヒップホップ風にアレンジしたものです。オペラの原題は「女はみんなこうしたもの(Così fan tutte)」なんですが、今回は男女複数形の「女も男もみんなこうしたもの(Così fan tutti)」にしているところが何やら意味深。

e0038811_19144816.jpg
それにしてもオペラとヒップホップが一体どう結び付くのか、想像がつきにくいのですが、聴いていくうちにだんだんわかってきます。音楽は、モーツァルトの音楽に忠実な部分、純粋にヒップホップだけの部分、そしてモーツァルトとホップホップが融合する箇所の3つに分類することができるでしょうか。対に配置される男女6人の主要人物も、フィオルデリージ、ドラベッラ、ドン・アルフォンゾはオペラ歌手、グリエルモ、フェランド、デスピーナはヒップホップ系からという意表を突く人選。コーラス兼ダンスは、様々な国籍から成るベルリンの高校生計40人で、昨年秋から毎週練習を積んできたとのこと。オーケストラも音楽を勉強している地元の高校生です。

e0038811_1915796.jpg
では、話の内容も大胆に脚色するのかと思いきや、いくつかのアリアがカットされたことを除いてはほぼオリジナルに忠実で、特にオチもありません。これは意外でしたね(コーミッシェのレパートリーに入っている本家のオペラの方にはオチが付いているのですが・笑)。個人的には、流麗なモーツァルトの音楽とビートの激しいヒップホップが交互に繰り返されると、聴いていて段々疲れてくるということはありましたが、モーツァルトの音楽もそれなりに味わえたし、重唱部分でのオペラ歌手とヒップホッパーのやり取りはとてもコミカルで、「こういうのもアリか!」という新鮮な感覚が楽しめたのも紛れもない事実。

e0038811_19135818.jpg
何といっても、普段空席が目立つこの劇場が10代の若者を中心にほぼ完全に埋まったのは、それまでに見たことのない光景でした。もちろん、彼らが今後もこの劇場に自分から足を運ぼうとするかというと疑問を感じはしますが、終演後の盛り上がりを前にして、一回限りの試みで終わってほしくはないなと思いました。

面白いもので、こういう異色の試みが、このコーミッシェ・オーパーでやられるとあまり違和感がありません。サイコドラマのような恐怖(笑)の「蝶々婦人」や、売春宿が舞台と化した衝撃の「後宮からの逃走」(いずれもCalixto Bieito演出)を始めとした、斬新で過激な舞台に慣れているせいもあるかもしれませんが、それはおそらくベルリンの持つ気風というのにも関わることだと思います。ヒップオペラはちょっと極端にしても(笑)、例えば東京で似たようなことを実現させる、気風、土壌、エネルギーはあるでしょうか(どんどんやってほしいですが)。

コーミッシェ・オーパーは、他にも新しい聴衆を取り込む試みを積極的に行っています。数日前に観た子供用オペラ「えんどう豆の上に寝たお姫さま」(アンデルセン原作、ユダヤ人亡命作曲家のエルンスト・トッホが作曲)もアイデアを感じさせるものでしたし、子供にも受けていました。こういうユニークな企画は、機会があったらまたご紹介しましょう。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-04-14 14:18 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)
Commented by Kaninchen at 2006-04-15 18:47 x
のだめいいですよね!私も大ファンです。
オペラとヒップホップの融合、これもいいですよね。少し前、ミュージシャン達がこぞってクラッシックをアレンジした曲を出したりもしましたよね。
さて、5月から3ヶ月ほどドイツに行きますので、その時はまた連絡させていただきます。
Commented by berlinHbf at 2006-04-16 05:20
>kaninchenさん
>のだめいいですよね!
そういえば、のだめの出身地はkaninchenさんお住まいの福岡でしたよね!のだめが実家に帰った時の福岡弁(佐賀弁?)が印象的でした(笑)。

来月からドイツにいらっしゃるのですか!おそらくW杯絡みなのでしょうね。私も本選が始まったら、ベルリンにいない可能性もありますが、ぜひ一度ご連絡いただけたらと思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング