ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

元祖クロイツベルクに登る

e0038811_917481.jpg
Kreuzbergにて(3月27日)

ベルリンのクロイツベルク(Kreuzberg)というと、いまやすっかり「トルコ人街」というイメージが定着してしまったが、「クロイツ(十字)」と「ベルク(山)」という2つの単語が合わさってできたこの地名の由来は意外と知られていないかもしれない。そのクロイツベルクの元祖ともいえる場所が、実は私の住んでいる場所のすぐ近くにあるので、今回はそれをご紹介してみたいと思う。

時は1813年、解放戦争(Befreiungskriege)でプロイセンも加わった同盟軍がナポレオン軍を破ると、民族解放を記念する記念碑がベルリンに作られることになった。

e0038811_1593527.jpg
選ばれた場所はハレ門(Hallesches Tor)の南側にある、当時Tempelhofer Bergと呼ばれていた高さ66メートルの小高い丘の頂上だった。すでに著名な建築家だったカール・フリードリヒ・シンケルはそこに、ライプチヒ、パリなどの4つの戦いをシンボリックに表現した、ゴシックのカテドラル風の国民碑を設計した。この高くそびえ立つ塔は1821年に完成したのだが、てっぺんに十字架(Kreuz)が構えることから、いつしかこの丘そのものがクロイツベルクと呼ばれるようになったらしい(ちなみにドイツ軍の紋章である「鉄十字(Eisernes Kreuz)」を、現在のデザインに改良したのもこのシンケルといわれている)。1888年以降はその周囲が公園に改造されて、ヴィクトリア・パークとして市民憩いの場所となる。

e0038811_9245153.jpg
1920年、新しい自治法が成立し、いわゆる「大ベルリン」が成立すると、この周辺地区は丘の名前に因んで、「クロイツベルク」と名付けられた。結局、現在の「クロイツベルク」生みの親は、建築家のシンケルとも言えるわけである。

2001年には2つの地区が合併し、「クロイツベルク・フリードリヒスハイン」が現在のこの地区の正式名称。

こんなところが「クロイツベルク」の簡単なあらましだろうか。
では、この上に登ってみよう。標高66メートルとはいえ、意外と登り甲斐がある。

e0038811_9273445.jpg
天気のいい日は、どこからともなくこの上に人がやって来る。犬の散歩でやって来る人、カップルでいちゃつく人・・(手前のビールは定番のBecksです・笑)

e0038811_153537.jpg
自転車を担いで登って来る人もいれば、

e0038811_9292198.jpg
頂上の展望台では、太鼓をたたく人、双眼鏡で遠くを眺める人、なぜか逆立ちの練習をしている人などさまざま。

e0038811_9295443.jpg
こちらはチェスに興じる人たち。

e0038811_1544940.jpg
でも、美しい夕暮れ時は、見る方向はみんな一緒。

e0038811_9254433.jpg
これは昨日(27日)の夕暮れ。訪れた甲斐があった。

e0038811_1523995.jpg
ポツダム広場方面を望む。中央のとんがり屋根はソニーセンター。

e0038811_1554648.jpg
こちらが南側の風景。この丘の斜面では、16世紀以来ワイン製造が続けられていて、現在でも市内で唯一ワインが作られているという。正面の赤いレンガの建物は、ベルリンのビールメーカーSchultheißの長年工場だったところ。私の知り合いの生粋のベルリンっ子に言わせると、工場が現在の場所に変わってからは、「水が変わったために味が落ちた」とのことだが。

e0038811_150071.jpg
この元祖クロイツベルクは、U6の"Platz der Luftbrücke"からが近い。この駅は、世界史の教科書に頻繁に登場する1948年の「ベルリン空輸(Berliner Luftbrücke)」の舞台となったテンペルホーフ空港の最寄り駅であるためこの名前が付いたのだが、1926年から37年まではその名の通り「クロイツベルク」駅と呼ばれていた(地図:http://www.stadtentwicklung.berlin.de より)。

e0038811_149195.jpg
その当時の駅名標が、ホームの南側に2つだけ記念に残されている。

e0038811_9194016.jpg
元祖クロイツベルクは、ベルリンで私の好きな場所のひとつ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-03-28 02:03 | ベルリン発掘(西) | Comments(16)
Commented at 2006-03-28 10:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanihiro4 at 2006-03-28 15:16 x
まさとさんクリックをしに毎日楽しみにしています。この間 ヒットラーがゲルマン人を特別な人種と思った理由がわかったと書きましたが私はあなたのお母さんと同じ世代ですので戦争を体験しています。特に父が軍人でしたのでドイツには特別な思い入れがあります。どういうわけかイタリアにはそのような感情がないのですけどドイツにはいつか行きたいとずっと思っていました。
Commented by tanihiro4 at 2006-03-28 15:17 x
海外旅行が自由になっても貧乏で行けなかったのですが2000年だと思いますがドイツロマンチック街道という安いツアーで行きました。その時最初に泊まった宿がコブレンッだったのです。若いドイツ人が散歩している姿を本当に美しいと感じました。ドイツ人って素晴らしい体型をしていますね。女はどうもいけないように思いましたが。若い男性を見ていると体型の素晴らしさに感嘆いたしましたのです。ヒットラーが特別な民族と考えたのもむべなるかな。と思ったわけです。ホロコーストを肯定してるわけではありませんよ。決して許されることではありませんが戦後の日本と比べてみてもドイツは素晴らしいと思うわけです。日本だってもう少しで東西に分断されてもおかしくない状態であったのですからね。アメリカのお陰?で一つですがだからって長いあいだ沖縄はアメリカのものでしたし未だに北方領土は返してもらえません。日本の政治家は何を考えているのかしら?といろいろと考えさせられるこの頃です。
Commented by akberlin at 2006-03-28 19:25
本当に山(ベルク)があったんですね。夕焼けが美しい。
ワタシもそのうちに登山してみよう。(リュックと水筒持参で・笑)
Becksが定番?
ベルリナーピルスとかベルリナーキンドゥルじゃなくて?(笑)。
Commented by berlinHbf at 2006-03-29 08:30
>tanihiro4さん
>父が軍人でしたのでドイツには特別な思い入れが
私の場合ドイツそのものに対する思い入れはそれほどではないかもしれませんが、こちらに来てドイツと日本の数奇な因縁みたいなものを感じることはありますね。お父さんが戦時中外交官として日本に滞在していたというドイツ人の方に知り合う機会などもあって、不思議な縁だなと思います。日本に友好的な方も実際多いですし。

>ドイツ人って素晴らしい体型をしていますね
個人差もありますが、みなさん大概大きいですものね。
レニー・リーフェンシュタール監督の「民族の祭典」の冒頭シーンをふと思い出しました。
Commented by berlinHbf at 2006-03-29 08:39
>akberlinさん
クロイツベルク登山、悪くないですよ(笑)。暖かくなったら昼間芝生にねっころがるのもいいですが、夕暮れ時もおすすめです。
>Becksが定番?
「ドイツ人の腹はBecksでできている」なんて言い回し(?)も聞いたことがありますが、やっぱり強いですよね。
個人的にはベルリナーキンドゥルも好きなんですが。
Commented by lignponto at 2006-03-29 19:15 x
情報ありがとうございます。
ここは、行った事がありません!!
次回ベルリンに言った時には、行ってみたいです!!
ベルリンのトルコ人街なるものがあるのならそこも訪れてみたいです。

話が変わりますが、リンクを張りたいのですがいかがでしょうか??
Commented by berlinHbf at 2006-03-29 20:29
>lignpontoさん
リンクはもちろん歓迎です!
トルコ人が多く住むのは現在のクロイツベルクの東側とノイケルン地区でしょうか。今度いらっしゃる時は、多様なベルリンを見てくださいね。
Commented by nozomu at 2006-03-29 21:22 x
クロイツベルクの由来が建築家のシンケルだとは知りませんでした。
今度ベルリンに行く機会があったら行ってみたいです。

過去の滞在中、クロイツベルクに立ち寄る機会はあまりなかったのですが、何度か人なつこいトルコの方に路上で話しかけられたことを思い出しました。日本人が珍しかったようです。

Commented by sueshin114 at 2006-03-30 05:44
はじめまして。Stuttgartから書き込みさせていただいてます。
僕も以前Kreuzbergに2ヶ月ばかり住んでいたことがあり、夕日を見に登ったことを思い出し、ついつい書き込んでしましました。
Kreuzbergはとってもいいところですよね。カフェやらアジア料理屋やら昼間からビールが呑める環境が整っているいい環境でした。
今度Berlinに行く際にはこのBergにも寄ってみようと思います。
Commented by konno at 2006-03-30 06:31 x
BecksもKindlも邪道ですよ。やっぱビールはバイエルン産に限る。今はErdinger(120年だそう)をのんでいます。

昨日例のドイツパス資格取得希望者(日本語これでよいのかな?)に関する特集をRBBで見ましたが、ゲストも視聴者からのコメントもなかなか薀蓄にあるものでした。私は断固賛成ですが、問題はその「使い方」にあると思います。

視聴者からの最後のコメントで、(ドイツ人の)私がこのテストにパスしなかったら、私のアイデンティティーはどこにあるんだろう?というのが印象でした。日本も遅かれ早かれなるでしょうけどね。
Commented by berlinHbf at 2006-03-30 19:21
>nozomuさん
>クロイツベルクの由来が建築家のシンケルだとは
この記念碑にはドイツの民族意識を高める意味合いもあったと思うんです。まさかその周辺が後に、外国人が30%以上を占める地区になろうとは、さすがのシンケルも想像さえしなかったでしょうね。
Commented by berlinHbf at 2006-03-30 20:02
>sueshin114さん
はじめまして!Stuttgartからの書き込みありがとうございます。
クロイツベルクに住むようになってもうかれこれ経つのですが、確かになかなか居心地のいいところです。昼間からビールが飲めるのは、別にここに限ったことではありませんが(笑)。
これからもどうぞよろしくお願いします!
Commented by berlinHbf at 2006-03-30 20:10
>konnoさん
>やっぱビールはバイエルン産に限る
私もバイエルンビール好きですよ。特にヘレスが大好きなんですが、ベルリンではなかなか飲めないのが残念です!普段飲むのはオーソドックスなピルスナーですかね。

>ドイツパス資格取得希望者に関する特集
ちょうど今その話題について触れたところです。
あのテスト、ちょっとやってみましたが、なかなか骨がありますよね。同じことを日本版でやったら、私相当自信がありません(笑)。日本もこれからドイツみたいになっていくのでしょうか。人事ではない問題ですよね。
Commented by hummel_hummel at 2006-03-30 23:03
上の設問3にも通じますが、そもそもベルリンに山があったとは驚きです。低すぎではありますが・・。
>3月27日
日付に反応します。この月曜の夕方といえば、ハンブルクは、信じられない位の雷&大雨でした。南部のHarburgで竜巻がおこったり。。ベルリンは夕日が綺麗だったんですね。
Commented by berlinHbf at 2006-03-31 20:09
>フンメルさん
今日のLexikonにも出てきましたが、ハンブルクは大変だったみたいですね。ベルリンもこの日決していい天気ではなかったんですが、19時頃きれいな夕日が望めたんです。ちょうどそちらで竜巻が猛威を振るっていた頃ですよね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング