「ほっ」と。キャンペーン


ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

"Good Bye Hotel Unter den Linden!"(3)         - 最初で最後の訪問記 -

e0038811_18164572.jpg
ホテル・ウンター・デン・リンデン(2月26日)。

(前回のつづき)
私たちはこの後、ホテルのレストランで最後のランチをした。これが文字通り、本当の意味での最後だったことを、私は後から知ることになった。

e0038811_18204438.jpg
ウンター・デン・リンデンに面したホテルの一角がレストラン"Tilia"になっている。開店は昼の12時だが、私たちが訪れた14時頃はそれほど混んではいなかった。私たちが頼んだのは「七面鳥とアスパラのフリカッセ」(6,5EUR)。こちらの方のコメントは置いておいて(私は学食のメニューに慣れているのでそれなりにおいしく食べられたが、フンメルさんは無言^^;)、うれしかったのは、旧東独のホテルだけあってここではロストッカー(Rostocker)の黒ビールが飲めることだった。私が2000年に初めて訪れた旧東独の町がバルト海に面したロストックで、その時飲んだビールがこのロストッカーだったのだ。思い出深いビールにこんなところで再会できるとは・・

e0038811_18211972.jpg
e0038811_18221218.jpg
人々がせわしなく通り過ぎていく外の通りとは対照的に、このレストランの中はゆったりとした時間が流れていた。客は年配の方が中心で、新聞の記事から察するにその多くがDDR時代を生きた方たちだろう。みなさん思い思いに、消え去るこのホテルでの最後の時間を過ごしているようだった。それは、私が普段足を運ぶカフェやレストランとは違う空気だった。

e0038811_18232536.jpg
e0038811_182485.jpg
後でフンメルさんが教えてくれたのだが、上の写真で一番右のご婦人が、写真を撮っている私のことを興味深そうに眺めていたとか^^;)。最後お店を出る時、私がそちらを向いて軽く会釈をしたら、件の女性はにっこりと微笑んでくれた。

e0038811_18172923.jpg
翌日の夕方、私はオペラを観に行く途中にこのホテルの前を通った。あれ、レストランの明かりが消えている。確か2月末までは営業しているはずなのに、と思ってそばに寄ってみると、"Das Hotel Unter den Linden ist geschlossen."と書かれた張り紙が・・

ホテル・ウンター・デン・リンデンは、その日の朝チェックアウトする客をもって閉店していたのである。ということは、レストランはその前日で営業終了。私たちは奇しくも、このホテルのレストラン最後の日の客になっていたのだった。

e0038811_18181996.jpg
感傷に浸る間もなく、翌日から早速解体工事が始まった。ベルリンの歩みは止まることがない。工事は5月中に終わり、6月のワールドカップ期間中はファンのイベント用のスペースに使われるという。

e0038811_18185913.jpg
e0038811_18193295.jpg
"Good Bye Hotel Unter den Linden!!"

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-03-14 13:44 | ベルリン発掘(東) | Comments(8)
Commented by ぷりんつ・あるぶれひと at 2006-03-15 01:16 x
名前がインパクトのあるホテルなので、覚えている建物なのですが・・・う~ん、閉館するとわかっていたら、1枚くらい写真を撮っておけばよかった・・・(苦笑)
Commented by まりりん at 2006-03-15 09:20 x
お久しぶりです。お元気ですか?日本は、春の訪れを、日々実感できる季節です!
レストランの写真をみて、あ!ここで大家Eさんとご飯食べたことがある!っと思い出しました!当時は、上階がそういうホテルだということも何も知らず…でしたが。。。
「ベルリンの歩みは止まることがない~」って言葉、心にズシ~ンと残りました!ほんと、日々の出来事が、歴史の1ページを創っていくんですね。
私も、ベルリンにいた時に、もっと目を開いて周りを見ていたらよかったな~なんて思ってしまいました。(当時は、自分の事でいっぱいいっぱいでしたが…笑)
Commented by ジュリオ at 2006-03-15 11:52 x
2回にわたるホテル・ウンター・デン・リンデンの特集面白かったです。最後に行かれていたんですね。しかも食事も!それなりの味だったようですが。前回のときに書かれていたようにたしかに部屋は狭かったですね。シャワールームも狭く、テレビもベットからしか見れなかった記憶が・・・。大規模に更新していない東ドイツ時代の建物っていうことがわかって泊まっていたのでこれも貴重な体験かと思って変に満足していましたが。
上の写真でホテルのネオンの写真がありますが、一部消えてますね。最後は取り替えも渋ったんでしょうかね?
あと、少し前にラジオに出演されてたんですね。せっかく聴取可能地域に住んでいるに聞いていなかったのが残念です・・・。
Commented by berlinHbf at 2006-03-15 21:17
>まりりんさん
お久しぶりです!日本はもう春の訪れを実感できる季節なのですね。こちらでは一昨日まで雪が降っていましたよ(涙)。現在の気温は0度です。
Eさんとあのレストランで食事したことがあったんですか(先ほど電話で話していました。パリに演奏旅行中だったそうです)。ささいなことでも思い出のある場所がなくなるのは寂しいですよね。僕もたまに日本に帰って、少しづつ町並みが変わっているのに気付くと、時の流れを実感します。

>ぷりんつ・あるぶれひとさん
名前はインパクトがありますが、外観がこんな感じですから、私もなかなか写真に収める機会がありませんでした。最後に中に入ることができてよかったです。
Commented by berlinHbf at 2006-03-15 21:25
>じゅりおさん
ご感想ありがとうございます。
>最後は取り替えも渋ったんでしょうかね?
そうだと思います。それがまた独特の寂れた風情をかもし出していました。そういえばジュリオさんも名古屋の方でしたよね。ラジオの件、実はちょっと恥ずかしかったからなのですが、ご案内せずに失礼しました。もしまたあのような機会がありましたら、今度は予告させていただきますね。
Commented by lignponto at 2006-03-16 16:37 x
ウンターデンリンデンは、もう何度も通ったのに一度も入らなかったし、ホテルがあることすら気がつきませんでした。トホホ・・・。
Commented by akberlin at 2006-03-18 03:47
仲良しにロストック出身の友達がいるので一度は飲んでみたかった・・・。
ホント、あっという間にクローズしてしまいましたね。私も行っておけば
良かったな、話(ブログの?)のタネに・・・。
Commented by berlinHbf at 2006-03-19 02:11
akberlinさんのブログ、いつも楽しく読ませてもらっています。私がロストックを訪れたのはもう6年前なのですが、町の寂れ具合に「ああ、これが東か~」としみじみ思ったものです。以前のアパートの同居人がやはりこの町出身でした。ロストッカー、また飲みたいですね。

>lignpontoさん
私もこのブログをやっていなかったら、一度も入ることなく終わっていたと思います。読んでくれている方に感謝です。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング