ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

"Good Bye Hotel Unter den Linden!"(2)         - 最初で最後の訪問記 -

e0038811_19455366.jpg
先月半ば、ホテル・ウンター・デン・リンデン取り壊しの記事を書いたら(以前の記事はこちら)、意外と多くの方からのコメントが寄せられた。DDR(東ドイツ)時代に泊まったことがあるという方、やはりあの時代、オペラを観た帰りにこのホテルのカフェに寄られたという方、最後にもう一度泊まっておきたかったという方などなど。

自分も一度ぐらいあのホテルの中に入っておけばよかったかな、という思いが少しづつ強まっていく中で、2月24日のBerliner Zeitung紙の記事が私を後押しした。DDR時代を生き、ホテル・ウンター・デン・リンデンの取り壊しを惜しむ人たちが、ホテルのレストランで最後のランチをするために訪れているという内容だった(「ドイツ音楽紀行」のフンメルさんがこの記事を訳されているので、ぜひご覧ください)。

そんな中、ハンブルクのフンメルさんとそのお友達がベルリンにいらっしゃるというので、「このホテルのレストランでお昼を食べませんか」と提案してみた。フンメルさんには、1月の「音楽家通りツアー」に続き、今回も私の趣味が濃厚なイベントにお付き合いいただき、感謝している。

e0038811_19503625.jpg
2月最後の土曜日、DDRムード漂うこのホテルのロビーでフンメルさんと待ち合わせる。その奥がレストランになっているのだが、せっかくの機会なので、ホテルの中も少しのぞいてみることにした。

e0038811_19465168.jpg
1975年製のエレベーターに乗って3F(日本でいう4F)に上がり、窓から外に顔を出してみると、改めてこのホテルのロケーションのすばらしさを実感する。こちらはウンター・デン・リンデンの西側。向かいのホテルは"The Westin Grand Hotel"、その2つ向こうの建物がコミッシェ・オーパー、旗がはためいているのはロシア大使館、水色の屋根はホテル・アドロン、さらにその向こうのブランデンブルク門まで、一望のもとに見渡すことができる。

e0038811_19473377.jpg
こちらは東方面。向かいの建物はDeutsche Guggehheim美術館。その奥のやはり水色の屋根はベルリン州立歌劇場。一番奥に取り壊し中の共和国宮殿がちょっぴり見える。その後ろの2つの尖塔はベルリンで一番古い教会である、ニコライ教会だろう。この眺めも、2008年に新しいビルがここに立つまでは見ることができない。

e0038811_19481796.jpg
客室の廊下は思っていたよりも天井が低い。いくつかの部屋においては取り壊しが始まっているようで、ドアが開いていたので、勝手に中に入ってみた。「う、狭い・・」 これが単純にして、唯一の感想だった。

「ホテル・ウンター・デン・リンデン」。すばらしい響きであり、すばらしいロケーションなのだが、いまや完全に時代遅れ、との感は否めなかった。

e0038811_19534762.jpg
さて、次回はホテルに隣接したレストラン"Tilia"で最後のランチをします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-03-12 22:35 | ベルリン発掘(東) | Comments(5)
Commented by lignponto at 2006-03-13 19:25 x
開発が進むとベルリンも日本の様にドンドン変わるんでしょうか??
良い部分は残してもらいたいような気がしますが・・・。
Commented by hummel_hummel at 2006-03-14 07:43
あの土曜は、文字通り、「最後のランチ」でしたよね。
まさにオスタルギーなひと時でした。
あの場にいたコテコテDDR風老人たちは、どのような思い出を胸に秘めて食事をしていたのかなと思ってしまいます。
貴重な体験ができたのもマサトさんのお陰。DANKEです!
Commented by berlinHbf at 2006-03-14 18:50
>lignpontoさん
>良い部分は残してもらいたいような気がしますが・・・
日本のような変化の仕方はないと思いますが、この辺のバランスは難しいところですよね。都市の未来を考えた上で、最良の選択をしてほしいものです。

>フンメルさん
>あの場にいたコテコテDDR風老人たちは
揃いも揃って老人ばかりでしたよね(あのオタク風の青年以外は)。ちょっと独特の時が流れる空間という感じでした。続きは後ほどアップします。
Commented by hummel_hummel at 2006-03-14 20:10
>あのオタク風の青年以外は
あっ!そういえば、一人いましたね。
我々以外で唯一場違いな青年でした(笑)。
一眼レフカメラで、ばっちり隠し撮り(?)してましたよね。
どこかのドイツ語ブログで彼の写真も掲載されているのでしょうね。
Commented by berlinHbf at 2006-03-15 19:34
>フンメルさん
自分たちのことはまあさておき(笑)、彼はかなり怪しかったですよね。ドイツにもこういう人いるんだって思いました。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング