ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

早稲田大学交響楽団ベルリン公演2006

昨日の日曜日は早稲田大学交響楽団のフィルハーモニーでの本番だった。それは期待以上にすばらしいものだった。普段ベルリンという「音楽の都」で足繁くコンサートに通っても、めったに味わうことのない種類の感動だったし、音楽とはどうあるべきなのか、そんなことまで考えさせられてしまった。

ベルリンにはベルリン・フィルを始めとしてすばらしいオーケストラがいくつもあるが、一期一会と言えるようなコンサートに出会うことは年に数回あるかないかだ。こういう言い方はちょっと失礼かもしれないが、プロのオケは大抵の本番において、80~85%ぐらいの力で演奏しているような印象を私は受ける。プロはまず本番の数が違うし、次から次へと新しいレパートリーをこなさなければならない。1つのプログラムだけで2回も3回も本番があることも多いので、力をセーブしなければならないのはある意味当然のことといえる。だがそれが時としてマンネリにつながってしまうこともあるのかもしれない。上出来とは言い難い現代曲を演奏している時の奏者の顔は楽しそうではないし、指揮者との愛称が悪いとぎくしゃくしたまま本番が終わってしまうこともある(もちろん、プロとしてオケで演奏できるなんて本当にうらやましいことだと思うが)。

昨日のワセオケ(このオーケストラの愛称)のコンサートはその意味で対極的だったのかもしれない。メンバーのほとんどは音楽を専門にしない早稲田大学の「普通の」学生。彼らはこのヨーロッパツアーで演奏する曲にほぼ絞って、1年間(ひょっとしたらそれ以上?)の厳しい練習を積んできた。このフィルハーモニーを始め、今回のツアーの公演地であるムジーク・フェライン・ザール(ウィーン)やゼンパー・オーパー(ドレスデン)といった輝かしい舞台で演奏できるのも、ほとんどのメンバーにとって最初で最後だろう。音楽の伝統が宿るそのような場で、十分に練り上げてきたレパートリーを聴衆の前で披露できる喜び。そして彼らには若さがある!

e0038811_5393077.jpg
それがどういった形になって聴衆の耳と心に届くのか、久々に思い知らされることになった。一曲目の「ドン・ファン」の出だしから心を掴まれた。不覚にも、音楽を聴いて久々に涙が出てきた。コンサートの詳細は省くが、アンコール最後の「ベルリンの風」の後、フィルハーモニーでも珍しいスタンディング・オーベーションが起こったことが、この日のお客さんの素直な気持ちの反映だろう。こんなに褒めまくりだと自分でもちょっと恥ずかしくなってくるが^^;)、一緒に聴いたドイツ人の知り合いの方や音大生の友達たちも社交辞令でない賛辞をおくってくれたし、何より心から楽しんでくれたようだ。終演後、興奮気味に楽屋を訪ねてみたら、もうみんな普通の学生に戻っていた。それにしても、ベルリンの町を案内したあのフルート吹きの子たちが、あんなすごいことをやってのけるなんて・・

e0038811_5395734.jpg
ところで、この公演にはかのヴァイツゼッカー元大統領が聴きに来ておられた(昨年早稲田大学はこの元連邦大統領に名誉博士号を贈ったとのこと)。戦後ドイツの偉大な政治家の一人であるヴァイツゼッカー氏も、この4月で86歳になるという。足取りは少々おぼつかなくなっていたが、あの鋭い眼光は健在だった。

オケのメンバーはこの日の午後、ドレスデンに向けて旅立って行った。ちなみにこの後の予定は、7日ドレスデン、8日ライプチヒ、10日アーヘン、12日パリとのことで、現地にお住まいの方はよかったら聴きにいらしてはいかがでしょう(詳細はこちら)。

久々に心ときめく音楽を聴かせてくれたワセオケのメンバーに心から感謝し、ツアー後半の成功を祈りたい。

Waseda Symphony Orchestra Tokyo
Masahiko Tanaka DIRIGENT
Nana Murata ORGEL
Taiko-Trommler

Richard Strauss Don Juan op. 20
Camille Saint-Saëns
Symphonie Nr. 3 c-Moll op. 78 »Orgel-Symphonie«
Richard Strauss Tanz der sieben Schleier aus Salome op. 54
Maki Ishii »Mono Prism« für japanische Trommeln und Orchester

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-03-06 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(14)
Commented by 十三 at 2006-03-07 12:32 x
おぉー、ベルリン公演、良かったみたいですね。
これはパリも期待大か!?(^^;
ちなみにパリも指揮は田中先生だそうですw
Commented by gonta-maus at 2006-03-07 21:57
(素人耳ですが)2月のオペラシティも、よく吹き込んでいる感じが
して、ツアーへの意気込みを感じましたが、ベルリン公演でも
目に見えないパワーさえもが聴衆の心に訴えたようですね。
今日はゼンパーオーパーでサロメ。。。何度見ても溜息の
出る講演スケジュールです。引き続き良い演奏旅行となります
ように。それと、la_vera_storiaさんのお話、私も拝見させて
頂きました。私のワセオケ生活は短かったのですが、それでも
心が熱くなるものがありました。このお話を知ることができて
とても良かったと思います。
Commented by K.D.C. at 2006-03-08 00:55 x
良かった! 無事にベルリン公演が終了したようで、ひとまず安心しました。
写真も当家二人とも食い入るように見つめてしまいました。

マサトさんは現役さんと現地で会われたのですね。
なんて頼りになるOBなんでしょう!
実は私も現役さんたちにガイドブックや会話集を貸しているのです。
役に立ってるといいな……
Commented by berlinHbf at 2006-03-08 07:05
>十三さん
パリ公演もきっといいと思いますよ。ベルリン公演では春祭が聴けなかったのがちょっと残念でした。そのまま一緒にバスに乗ってドレスデンまで行きたかったくらいです(笑)。

>gonta-mausさん
今日のドレスデンでの公演がどうだったか、ちょっと気になっています。まあ、すごいですよね。初演の地でサロメを演奏するなんて・・

>K.D.C.さん
お久しぶり~。コメントありがとう!最後の「ベルリンの風」、私が過去のツアーで聴いたどの演奏よりも口笛の数がすごくてびっくりしてしまいました。K.D.C.さんにもその様子を見せたかった!オルガンのMさんもすばらしかったですよ。
Commented by 焼きそうせいじ at 2006-03-09 10:40 x
中央駅さんの記事に煽られて、ライプツィヒ公演を聴いてきました。春の祭典をこともなげに弾いてのける陰には、恐るべき猛練習があったに違いありません。感想ともつかぬものを、自分のHPではない某所に記しました。見つけたら読んでやってください。
Commented by berlinHbf at 2006-03-10 02:56
>焼きそうせいじさん
私が煽ってしまいましたか!?わざわざライプチヒまで聴きに行ってくださったとは(笑)、びっくりしました!ありがとうございます。某所でのご感想、大変興味深い内容だったので、また後ほど書き込ませていただきます。春の祭典は、最後に初演の行われたパリのシャンゼリゼ劇場でやるんだそうですよ。
Commented by こちらパリです。 at 2006-03-10 07:24 x
初めまして。シャンゼリゼ公演も後二日と迫っています。
なんかテレビ中継の特派員のようになっていますが。
Commented by berlinHbf at 2006-03-10 08:42
パリからのコメントありがとうございます!パリ公演は日曜日の17時からなのですね。ツアーの最後を飾るにふさわしい演奏になることを願っています。またご感想などお聞かせいただけるとうれしいです。
Commented by la_vera_storia at 2008-12-12 14:31 x
ワセオケは来年も欧州ツアーがあるようですね! ベルリン公演もあるようです。なかなか意欲的ですね。カラヤンの生誕100年記念演奏会(今月20日)だけでなく、カラヤンとワセオケをテーマにした企画展示も18日から始まるそうです。名前でリンクさせたページの写真、本当に懐かしいです。  そうです、そうです....これが79年のカラヤンの名誉博士称号授与式でのカラヤンの姿ですよ! あれからもう30年にもなりますか....。 記念演奏会の切符の予約は終了しているみたいですから、この企画展示展だけはちょっと見に行ってこようかと思っています。
Commented by berlinHbf at 2008-12-13 01:23
la_vera_storiaさん
情報ありがとうございます!
このオケにかつて在籍していた身としては、79年のこの写真は何度見、また見せられたかわかりませんが(笑)、その時カラヤンの棒で実際に演奏した先輩の話は、飲みの席ながら興奮して聞いたのを覚えています。 来年のツアーのベルリン公演は、また聴くことになるでしょう。その時はご報告しますね。
Commented by junko at 2008-12-13 19:01 x
大隈講堂でのカラヤンコンサートのチケット、一枚あります。良かったらla_vera_storiaさんに差し上げたく思います。
Commented by la_vera_storia at 2008-12-13 19:38 x
junkoさん
その切符をお持ちなら、貴重な機会かもしれませんので是非お聴きになってみて下さい。後日、感想などお書きいただければ幸いです。マサトさんも後輩の活躍の様子をお知りになりたいでしょうから。
Commented by junko at 2008-12-14 00:27 x
la_vera_storia様
チケットは2枚あります。もちろん1枚は私の分です。ご都合が悪かったら別ですが。来年、ツアーに参加する子の親です。どうぞご遠慮なく。
la_vera_storiaさんのような造詣の深い方にぜひ聴いていただきたく思います。
Commented by berlinHbf at 2008-12-18 00:37
la_vera_storiaさん
私の母が突然コメント欄に登場し、失礼しました・・・。
今回はお忙しいでしょうが、また機会がありましたら、ワセオケの演奏を聴いてくださるとうれしく思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング