ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

"Good Bye Hotel Unter den Linden!"

e0038811_8172093.jpg
ベルリンの中心部ミッテ、ウンター・デン・リンデンとフリードリヒ・シュトラーセが交差するこの場所といえば、ベルリンで最も名高い交差点のひとつに数えられるだろう。ここの一角にある、戦後のベルリンの歴史と共に歩んで来た建物が姿を消すことになった。

e0038811_8192627.jpg
「ホテル・ウンター・デン・リンデン」。町の中心部の目に付きやすい場所ゆえ、観光でベルリンを訪れて、この姿に見覚えがあるという方も少なくないだろう。1966年に完成した、ご覧のように東ドイツ時代の典型的なスタイルの建物である。美しい建築というにはためらわれるし、このブログで何度も取り上げている共和国宮殿(Palast der Republik)のように歴史的に大きな意義があるわけでもない。だが、見慣れたベルリンの風景がまたひとつなくなるのかと思うと、ちょっと寂しい気分にもなる。

e0038811_818655.jpg
このホテルを取り壊す話は前からあったようだが、6月のW杯の開幕に間に合うよう急遽取り壊されることに先日決まったのである。このホテルの敷地とホテル前の広場を合わせて、W杯の期間中はサポーター用のイベントの場として使う方針なのだという。

e0038811_8184458.jpg
W杯が終わると、種々のオフィス、お店、250ものアパートが合わさった複合ビルを2008年末までに建てる予定らしい。新しい建物が立つのはともかく、この広場までなくなってしまうのは寂しい。この写真を撮った2月4日には、まだこのように木が立っていたのだが・・

e0038811_8195499.jpg
先日再びこの前を通ったら、いつの間にか木が根こそぎ切り倒されていた。「ホテル・ウンター・デン・リンデン」は2月末をもって営業終了、建物の解体は3月1日から始まるというから動きが早い。

e0038811_8202311.jpg
正面の白い建物は、いつかこのブログでも取り上げたことのある
"Dussmann"(こちらを参照)。この道を真っ直ぐ行くと、フリードリヒ・シュトラーセの駅にぶつかる。駅周辺はこの5年間で次々と新しいビルが建った。次にここに建てられるという建物のイメージ図をこの前新聞で見たが、今のベルリンに乱立している建築群と大して変わりばえのしないものだった(ベルリン中央駅を設計した事務所らしいが)。10年後のベルリンはどうなっているのだろう。新しい建物がどんどん建っていくのは結構なことだが、似たり寄ったりの外観の建物と、売っているものはどこも同じのショッピングモールばかりが並ぶ、ということにはならないでほしいと思う。

e0038811_8212582.jpg
この姿も間もなく見納めとなる。最後に泊まっておきたいという方はお早めにどうぞ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2006-02-17 01:43 | ベルリンのいま | Comments(20)
Commented by ジュリオ at 2006-02-18 00:02 x
先日共和国宮殿の取り壊しが始まったばかりなのに、今度はこのホテルが消えてしまうんですね。驚きました。昨年ここに二泊したのですが、フロントの人がフレンドリーで、レトロなタイプの鍵などと共に好印象でした。暇なときなんかすぐにDussmannに行けて便利でしたし。くたびれた感じのこのホテルの絵葉書を自分の部屋に飾っていて、またいつかいけたら泊まろうと思っていたので残念です・・・ カール・マルクス・アレーの建築群と違って築40年でPlattenbau(?)はだいぶ老朽化が進んでるのでしょうね。マグデブルクでは目抜き通りのPlattenbauの廃墟が夜はすごく怖かったですし。
しかし立て続けに中心部で取り壊しが行なわれるなんて。オスタルギーは古いのかもしれませんが、そのうちに東独建築博物館なんてできるかもしれませんね。その後があればまた楽しみにしてます。

Commented by iskra at 2006-02-18 03:11
あああ、ホントに淋しいことですね・・・。 いつもウンターデンリンデンに行くときはフリードリッヒシュトラーセで降りて、ここまで来て右折します。
小説に出てきたり、お客さんを泊まらせたり、いろいろ思い入れのある東のホテル・・・ 残念です。
今日ちょうどベルリンのホテル探しをしてたところでした。
ブログに初めてコメントしました。
またどうぞよろしくお願いしますね。
Commented by hummel_hummel at 2006-02-18 03:33
ここも取り壊されるんですか。何年か前に数泊した時には、「思いっきり名前負けしてるし…」と思ったものの、抜群のロケーションとそれなりの安さには満足でした。
華やかな周辺の雰囲気の中では浮いた存在ではありましたが、無くなるかと思うとやはり寂しいですね。
Commented by la_vera_storia at 2006-02-18 04:36 x
中央駅さん、このホテルの建っている場所は戦前は、あの有名なCafe Kranzlerが建っていたのではなかったでしたっけ。
http://www.meinesammlung.com/php/details/24572/Ansichtskarten-Deutschland
もっとも、戦後しばらくしてこのカフェはクーダムに新しい店をオープンしたのですが、まさか再びこの場所のKranzlerが戻ってくるなんてことがあるかもしれませんが。今ではあのクーダムもこんな感じですね。
http://www.zanzig.com/travel/berlinpx/dcp0142.htm
さて、このホテルが廃業する日あたりに私はちょうど出張でベルリンにいそうです。もしいたら、是非このホテルの最後の客になってやろうかな、などと考えていますが(笑)。東西分断時代のこのホテルのこと、以下の11月27日の投稿でも触れておきました。
http://8821.teacup.com/via_regia/bbs?OF=100&BD=8&CH=5
Commented by berlinHbf at 2006-02-18 09:33
>ジュリオさん
ここに泊まられたことがあるとのことでしたので、ジュリオさんのコメントお待ちしておりました。そうなんです、なくなってしまうんです。先日急遽取り壊しが決まっても、共和国宮殿のように反対デモが起こるわけでもなく、本当にひっそり最後の時を迎えようととしています。私も1回ぐらい泊まればよかったな、なんて思ったりもして・・いや、今ならその気になればまだ間に合うのですが。

>イスクラさん
初コメントありがとうございます!
「東」に強い思いを寄せられるイスクラさんでしたら、寂しい気持ちもひとしおかもしれませんね。私も取り壊しはまだ先だと思っていたのですが、W杯の力というのはさすがに大きいですね。
Commented by Weltzeituhr at 2006-02-18 20:08 x
1980年代の半ばに、このホテルに泊まったことがあります。もちろん当時は、DDRの時代。日本人自体珍しく、エレベーターに乗っていると、「ベトナム人か?」と尋ねられたりしました。朝早くおきて、まだ静まり返ったUnter den Lindenを通って、ブランデンブルク門を見に行ったのが、懐かしい思い出です。

このホテルがなくなると聞いて、時代の移り変わりを感じ、感慨深くなりました。
Commented by ジュリオ at 2006-02-18 22:44 x
berlinHbfさんコメントを待っていたなんて言っていただいてどうもありがとうございます。Weltzeituhr さんをはじめとしてDDR時代に泊まられたそうですが、自分も東ドイツ時代に泊まりたかったですねえ。このホテルとヴァルトブルクやトラバントの組み合わせなんかを見たかったです。ドイツ統一時5歳ではどうしようもないですが。グッバイ・レーニンで東ドイツ時代のテレビ番組なんかに興味がわいてきたので1966年当時のホテルの完成を伝えるニュースなんかみたいですね。オープン・セレモニーにウルブリヒトなんか来たのでしょうね。先日たまたま名古屋大学の図書館に行ったら東ドイツの党機関紙ノイエス・ドイチュラントがあり共和国宮殿オープン時のものを読んでいましたが、今度はこのホテルの記事がないかみてみます。もっともドイツ語は自己紹介がようやくといったレベルで写真や当時の雰囲気を楽しむばかりですが・・・。
Commented by akberlin at 2006-02-19 00:05
ひえ。今週、Dussmannに行ったのに夜だったんで、
このホテル前の木が切り倒されていたのにも気付きませんでした。
あらまぁ・・・。
Commented by berlinHbf at 2006-02-19 09:20
>フンメルさん
フンメルさんもここに泊まられたことがあるんですか。確かにここは絶好のロケーションの割りに、3つ星ということで今でも結構人気があるようです。ただ、ベルリンは最近高級ホテルがたくさんできたので、ここは本当に寂れてしまいました。

>la_vera_storiaさん
Cafe Kranzlerは戦前はここにあったのですか。私は最初からクーダムだと思っていました。

それにしてもいいタイミングでベルリンにいらっしゃいますね。私はla_vera_storiaさんこそ、あのホテルの最後のお客さんにふさわしいのではと思っていました(笑)。もしお泊りになったら、ぜひご感想を聞かせてください。よいご出張になりますよう。
Commented by berlinHbf at 2006-02-19 09:43
>Weltzeituhrさん
お立ち寄りいただきありがとうございます。80年代にここに泊まられたとは、今となってはうらやましい体験です。当時の朝のウンター・デン・リンデンは今よりもずっと静かだったのでしょうね。

>ジュリオさん
>ドイツ統一時5歳では
ジュリオさんお若い!DDR時代にお詳しいので、もうちょっと年配の方かと思っていました。DDRに興味を持つようになったのは、「グッバイレーニン」の影響でしょうか。また何か発見があったら教えてくださいね!

>akberlinさん
本当にあらまぁですよね。ホテルも気付かないうちになくなっていたりして・・
Commented by 楕円球 at 2006-02-20 15:05 x
なんとまぁ。怖いもの見たさで一度泊まってみたかったのですが・・・。
以前にベルリンに滞在したときは両親も連れていたので、さすがにこのフリードリヒStr.を南下したホテル・グランドにしたのです。

ウワサではここでは盗聴器まで仕掛けてあったという話しなので、そういう楽しみもあってぜひ再訪!とおもっていたのに残念です。
Commented by berlinHbf at 2006-02-21 09:15
楕円球さん、怖いもの見たさというのは、私もあるかもしれません(笑)。最後壊す前に、一般向けに内部を公開をくれないものかと密かに期待しているのですが・・そうしたらまたすごい行列ができるのかもしれないですね。

>ウワサではここでは盗聴器まで仕掛けてあったという話しなので
昔なら、あるいはそういうこともあったのかもしれません。

うーん、私もやはり一度泊まってみたかったです。
Commented by ヴァランシエンヌ at 2006-02-22 00:45 x
うわー、これもなくなってしまうんですね…
知ってたら、冬休みに一泊くらいするんでした…
こういう建物と、新しい建物が混ざり合ってミスマッチな感じが、いかにも今のベルリン!という気がして、面白いなと思っていたんですけど、DDR時代の建築物だったんですね。

取り壊しということに対してある種の寂寥感を感じるのは、自分達が日本人だからかもしれませんね。現地のかたたちの反応はどんな感じですか?
Commented by berlinHbf at 2006-02-22 10:39
>ヴァランシエンヌさん
コメントありがとうございます!

>取り壊しということに対してある種の寂寥感を感じるのは、自分達が日>本人だからかもしれませんね。

それはあるかもしれません。共和国宮殿に比べると、このホテルの取り壊しは、話題の大きさで言うと今のところ微々たるものです。このニュースを新聞で知った私は、早速写真を撮りに行ったのですが、そんなことをしているのは日本人の私だけでした(爆)。
Commented by 焼きそうせいじ at 2006-02-23 16:02 x
今を去ることちょうど20年前、西から壁をくぐって国立歌劇場へ行った帰りにこのホテルのカフェに寄りました。ここは、東で仕事をする西の人が、稼いだ東マルクで泊まることができるホテルだったようです。それにしても、フリードリヒ通りの両側、かつて何があったかもう思い出せません…
Commented by berlinHbf at 2006-02-27 00:26
>焼きそいうせいじさん
実は昨日、最後の記念にと、あのホテルの下のレストランでお昼を食べてきました。内部も客層も東を感じさせ、ビールもRostockerが置いてあったりと、居心地のいい空間でした。この様子は近々お届けしたいと思っています。どうぞお楽しみに。
Commented by hummel_hummel at 2006-02-27 20:24
先日はどうもでした。お陰でラストランチ楽しめました◎
記事内で、リンクもさせていただきました。
マサトさんの方の写真満載レポートも楽しみにしていますね。
客室といい、料理といい、オスタルギー感じる独特なものがありましたね。色々と考えさせられました。
Commented by berlinHbf at 2006-02-28 05:29
>フンメルさん
先日はこちらこそ楽しかったです。初めて飲んだ東のビールがRostockerだったのですが、まさか6年ぶりにHotel Unter den Lindenで再会するとは^^;)。先ほどあの前を通ったら、広場の前は完全に封鎖されていました。明日から本格的に工事が始まるのでしょうね。
Commented by shinesuni at 2006-05-01 13:36 x
私は99年に宿泊しましたがダブル1万円でグレードアップしてもらった部屋はとても素晴らしいものでした。まさか壊されるなんて...
Commented by berlinHbf at 2006-05-02 20:21
>shinesuniさん
はじめまして。ずいぶんいろいろな国を旅行されているようですね!
このホテルは、いまやほぼ完全になくなりました。3ヶ月前に撮ったホテルの写真を久々に見てみましたが、なんだか幻のように見えます。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング