ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

最期の時を迎える共和国宮殿

e0038811_7241666.jpg
このブログで何度かご紹介している、東ドイツ時代最大の遺物と言っていい共和国宮殿(Palast der Republik)の取り壊し作業が、1月30日ついに始まったらしい。混乱を避けるためだろうか、作業開始の日程は公にはされておらず、私も先ほどニュースで知ったばかりだ。

e0038811_7274630.jpg
e0038811_7293718.jpg
先週金曜日の27日、たまたま近くを通ったので、私は共和国宮殿の正面を何枚かカメラに収めた。取り壊しの開始は2月半ばとも下旬とも伝えられていたので、この時が最後になるとはまだ思っていなかった。周りには私と同様、カメラやビデオでこの建物の最後の姿を収めている人たちをちらほら見かけた。

e0038811_727469.jpg
共和国宮殿とその前の空き地となっている場所には、前回絵葉書でご紹介した豪奢な王宮が1950年まで構えていた。再統一後の2003年に、ドイツ連邦議会はその王宮の再建を決定した。

しかし、連邦建設大臣のヴォルフガング・ティーフェンゼーが先日発表したところによると、王宮の再建工事が始められるのは、「早くて2012年」とのことだ。当初の予定よりも大幅に遅れることになる。王宮の建設に多かれ少なかれ携わっている人たちの多くは、「あまりに慎重すぎる」、「2009年、いや2008年から工事はスタートできるはずだ」と、建設大臣の見方に対して反発した。町の新しいシンボルとなる王宮の建設をできるだけ早くを始めたいベルリン側と、工事には膨大な費用がかかるゆえ、お金が用意できてから工事をスタートさせたい連邦政府側との意見の違いが明らかになったわけだ。工事が始まるまで、この広大な敷地はとりあえず緑地として使われるらしい。

いずれにしろ、プロイセン時代の王宮の再建という、まさに気が遠くなるような事業が、ここベルリンでゆっくり始まろうとしている。完成はいつのことになるのだろうか。

e0038811_7281392.jpg
通りを隔てて立ち並ぶのが、「旧博物館(Altes Museum)」。建築家カール・フリードリヒ・シンケル(1781-1841)の代表作のひとつ。

e0038811_7284771.jpg
この姿に特別の感慨を抱く人は、ベルリンでは少なくないようだ。ひょっとしたらこのブログの読者の方の中にもいらっしゃるかもしれない。いろいろな人の思いを乗せながら、共和国宮殿はいま最期の時を迎えようとしている。

人気blogランキングへ
(当ブログが開設してから今日でちょうど半年が経ちました。ここまでマメに更新してこれたのも読んでくださる方があってのことです。これからもどうぞよろしくお願い致します。よかったらワンクリックいただけるとうれしいです)
by berlinHbf | 2006-02-01 01:19 | ベルリンのいま | Comments(15)
Commented by 楕円球 at 2006-02-01 12:00 x
そうですか、共和国宮殿もなくなりますか。
98年の初めてベルリンを訪問した際に、あまりの「共産主義建築」に笑ってしまった記憶があります。ドレスデンにも似た建物、ありますね。Alte Marktだったか?確か共和国スポーツ会館だかやはり宮殿だったか。個人的にはこういうセンスの無い(某国の建築のような)ハコは無くして貰いたいですが・・・。
Commented by ジュリオ at 2006-02-01 16:13 x
ついに始まってしましましたか・・。なかなか始まらないので延期になったのかなと思ってましたが。昨年の夏にじっくり見ておけたのが幸いです。王宮を撤去居したのは愚かだったかもしれないし、たしかに周りの建物には調和しないかもしれませんが、自分はそれもまたテレビ塔などとともにベルリンの歴史の生き証人だと思っていたので残念です。ブラウンのミラーガラスに映える夕日はとても綺麗で、東ドイツ国歌のメロディーを口ずさみながら見てると、なんか胸にジンときたんですけどねえ。皇帝の住んだことのない王宮を再建するより、良くも悪くも東ドイツを体現した共和国宮殿を保存してほしかったです。このままだと自分の宿泊したホテル・ウンターデン・リンデンなんかも取り壊しの対象になるかもしれませんね。でもまあこのブログのおかげでこのニュースを知ることができたので感謝してます!
Commented by trg at 2006-02-02 07:39
はじめまして。東京のアマチュア・ヴァイオリン弾きです。ドイツ近代史が専門です。偶然見つけて、突然ですみませんが、トラックバックさせて頂きました。

汚れ放題、落書き放題の共和国宮殿はすでに見るに堪えず、旧体制を哂う「さらしもの」にしか見えなかったので、正直、取り壊しにホッとしています。

興味深いブログですね。今後も見させて頂きます。
Commented by berlinHbf at 2006-02-02 11:03
みなさん、ご感想どうもありがとうございます。
この前テレビのニュースで宮殿前での街頭インタビューが流れていましたが、意見はさまざまでした。確かにご覧のような建物ですが、いまだに取り壊しに反対する人が根強い現状を見るにつけ、この建物とあの時代への興味が増してきました。ついに、という感じですね。
Commented by la_vera_storia at 2006-02-02 15:06 x
中央駅さん、いよいよあそこの解体が始まりましたか。 まあこれも時間の問題だったのでしょうね。この宮殿での私のつまらない思い出については、以前ここに書き込みをさせてもらいましたし、Mitteleuropaの掲示板に「2つのPalast」として投稿したこともあります。
http://8821.teacup.com/via_regia/bbs?OF=80&BD=8&CH=5
30年前、完成間近だったころからあの建物を見続け、そしてたった一つの思い出ですら貴重に感じていた私ですから、ましてや旧東ベルリンでこの場所にいくつもの思い出をもっている人にとっては、まことにつらい気持ちもあるでしょうね。そういう人々の気持ちにも共感できるものがあります。そのあたりの感情の「ひだ」も取り込まれている中央駅さんのレポートには感心しています。
Commented by la_vera_storia at 2006-02-02 15:06 x
しかしあの建物の解体後に「再建」されるのが「王宮」だというのは、私に言わせれば、共和国宮殿が仮に修復後に残存する場合よりももっとグロテスクな話のように思います。いや、少なくとも「ベルリン的精神・発想」とは大きく異なりますね。たとえばあのフィルハーモニーの再建計画に携わった方の話をおうかがいしたことがあります。かつてと同じBernburgerstr.に、旧ホールと同じコピーを再建しようというという声もあったそうです。 議論の末、結果は現在のあのフィルハーモニーです。そしてそれは見事に成功しました。
Commented by la_vera_storia at 2006-02-02 15:07 x
常に新しい姿を求めて前に進むというのが、フィルハーモニーだけではなくベルリンの他の場所の都市計画にも共通したものですね。こういう都市の姿に、私は「ベルリン」という街のエネルギーを感じます。新しい「中央駅」建設もこういう線をいっています。そういうものと異なるものが「王宮再建」ということです。「王宮再建」を言うならば私だったら、ついでにアレックスのテレビ塔の同時解体も主張してほしいところです。そこまで言わなければ、一貫した都市計画ヴィジョン、一貫した美観尊重とはならないでしょう。
Commented by la_vera_storia at 2006-02-02 15:08 x
今月後半より出張で渡欧する予定です。なんと「出張としてはほとんど初めて」のドイツです(笑)。ベルリンにも行くはめになってしまいました。貴地には音楽なしのたった2日だけですが(笑)。それからどういうわけか、ザクセンの某都市も(苦笑)。あそこに急に用事ができるとは、本当に皮肉な話です(運命のいたずらか?)。ベルリンでは「共和国宮殿解体作業」、のぞいてこようかと思っています。ではまた!
Commented by berlinHbf at 2006-02-03 10:10
>la_vera_storiaさん
ご感想ありがとうございます。これだけの内容なのに、小さなコメント欄しかご用意できないのを申し訳なく思います。

王宮の再建については、何か違うのではないかという思いを抱き続けていたのですが、この文章を拝見して、そのもやもやした気持ちがようやく晴れた気がしています。

>常に新しい姿を求めて前に進むというのが、フィルハーモニーだけでは>なくベルリンの他の場所の都市計画にも共通したものですね。

まさにこれだと思います。他の欧州の大都市と比較しても、ベルリンはこういう精神が一際強いはずなのです。なのに、あの装飾でこてこての王宮を再建するのは、あまりに時代に逆行し過ぎている。それは、例えばドレスデンのフラウエン教会の再建とは、意味合いが全く違うと思います。

今のフィルハーモニーは当初、Bundesalleに建てるはずだったと読んだことがあります。それをあえて、当時の冷戦の最前線だったポツダム広場に建てたのですから、まさに大英断だったと思います。そしてその判断は間違っていませんでした。
Commented by ぷりんつ・あるぶれひと@王宮派 at 2006-03-17 00:48 x
亀レスですが・・・
『王宮派』の方も、『宮殿派』の方も、
下記のサイトで共和国宮殿解体工事の様子をご覧になれます。

http://www.dhm.de/zcam/index.html
Commented by berlinHbf at 2006-03-17 09:41
ぷりんつ・あるぶれひとさん、情報ありがとうございます。
数日前の新聞の記事にありましたが、下記のサイトでも今月下旬から共和国宮殿の解体の様子をライブ(!)で見れるようです。

http://www.stadtentwicklung.berlin.de/
Commented by berlinHbf at 2006-03-25 08:07
読売新聞の20日夕刊に、この共和国宮殿の取り壊しについて大きく取り上げられているそうです。興味のある方はご覧ください。私も読みたいところですが、残念ながらネット上では公開されていないようです。
Commented by Papagena at 2006-05-15 08:29 x
日本のベルリン展で、この建物の外壁が展示されていました。
私が2004年春にラトルのコンサートをベルリンに聞きにいったときは、「ZWEIFEL」という文字がドーンとかかってました。アスベストがたくさん使われていて、健康によくないんですってね。。
Commented by berlinHbf at 2006-05-18 04:17
>papagenaさん
ベルリン-東京展で共和国宮殿の壁が展示されていましたか。そのうち、この建物の破片が「ベルリンの壁」のように露天で売られるようになってりして・・
Commented by Papagena at 2006-05-18 20:22 x
そうだ、新しいおみやげ品になりますね。。なんか金色でキッチュでテカテカ光っていました。。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング