ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ライプチヒのクリスマス(2)

e0038811_8521111.jpg
e0038811_8531217.jpg
旧市街にある市庁舎前では、新しい路線のための巨大な穴が掘られていました。

(前回のつづき)
最初にライプチヒ中央駅をご紹介したので、いかにも私が列車で行ったかのような印象を与えてしまったかと思いますが、実はそうではありません。DB(ドイツ鉄道)の運賃は割高なので、もっと安く行く方法はないか考えた結果、今回はMitfahrtという手段でライプチヒまで行くことにしました。

これはおそらく日本にはないシステムだと思うので、簡単に説明しますと、車の相乗りで目的地まで行くことです。仲介料を取って希望に沿った車を探してくれるそれ専門の会社もあれば、無料のインターネットサイトで探すこともできます。いずれにしろ、実質はガソリン代を分担するぐらいの値段で目的地まで行くことができるので、ある程度旅慣れていて、交通手段を安くあげたいという方には、おすすめできる方法(かもしれません)。もちろん、自分が行きたい日と時間に合致する車が見つかるかどうかは運に左右されますが、ベルリン-ライプチヒ間は車の往来も多く、今回は比較的簡単に見つかりました(私が利用したのはmitfahrgelegenheitというサイトです)。

25日の待ち合わせ場所は、ベルリンの少し南にあるポツダム中央駅の前。11時に車でやって来たのはドイツ人の男性。それに、私と実家に帰省するというドイツ人の若い女性が同乗するという形です。

Mitfahrtは普通は初対面同士なので、自然と会話になることもあれば、ほとんどしゃべることなく目的地に着くこともあります。私はこの日、前の晩あまり寝ていなかったので、ライプチヒまで寝て行こうかと思っていました。ところが、ここでちょっとおもしろいことが起こったのです。

e0038811_915643.jpg
実は今回私がライプチヒに行くことになったのは、知り合いの方が急遽行けなくなったオペラの公演を観るためでした。そしたらなんと、隣で車を運転しているおじさんが、ライプチヒ歌劇場で照明の仕事をしているというじゃありませんか。何という偶然!たちまち意気投合してしまい、ライプチヒに着くまでの約2時間会話が止むことはほとんどありませんでした(とにかくよくしゃべる方で、実際は私が聞いているばかりでしたが)。

彼の名前はクリストフさん。現在はライプチヒ歌劇場のBeleuchtungsmeister(照明専門のマイスター)として働いているのですが、ベルリン在住の娘さんに会うため、よくライプチヒとの間を往復するのだとか。2000年まではベルリン州立歌劇場で働いていて、1997年の日本公演にも同行しており、その時のエピソードなどをたっぷり聞かせてもらいました。

e0038811_8543065.jpg
(↑旧市街にあるこのモニュメントは一体何を意味しているのでしょうか。ご存知の方がいたら教えてください!)

ライプチヒ中央駅前での別れ際、「明日のトラヴィアータ(椿姫)は僕の担当だから、開演の1時間前に来てくれたら、舞台裏を案内するよ」なんていうありがたい申し出まで受けることに。ライプチヒまで8ユーロで行けた上に(列車だと鈍行でも26ユーロかかる)、オペラの現場の方と知り合えるなんて、今回は本当にラッキーでした。

この日は25日で、まさにクリスマスの初日。ライプチヒの街はかなり閑散としていました。中央駅のショッピングモールのお店は例外として、ほとんど全ての店が閉まっています。レストランやカフェもちらほら開いているのみ。結局この日に見ることができたのは、旧市街にある2つの教会ぐらいでした。しかしどちらの教会も、この町を語る上で欠くことのできないものです。

e0038811_904716.jpg
中央駅から旧市街に向かって歩いていく途中にあるのがニコライ教会。もう一つのトーマス教会と並んで、J.B.バッハのライプチヒでの活動拠点となった教会です。1989年10月のこの教会での平和集会は、後のベルリンの壁崩壊や東欧革命につながる重要なものでした。

e0038811_858199.jpg
この日の夜は、件のオペラ座でR.シュトラウスの「ばらの騎士」を観たのですが、ここでもちょっと(いやかなり)不思議な出来事が待ち受けていました。

第1幕が終わった時のこと。客席からロビーに出ようとしたら、入り口付近で1人の男がこちらを待ち構えるようにしてじっと立っています。

「あのー、ひょっとしてマサトさんですか?」

変わらぬ姿だったため、一瞬でわかりました。なんと、大学時代のオーケストラで一緒だった後輩のKくんではありませんか!彼と最後に会ったのは(もちろん日本で)1998年の末か99年の初頭です。それから約7年ぶりにドイツ東部の地方都市で再会するなんて、一体何ということでしょう。彼は現在ウィーンに留学中で(専門はギター)、休みを利用してドイツを旅行中とのことだったのですが、いやそれにしても・・

(つづく)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-12-29 03:31 | ドイツ全般 | Comments(2)
Commented by Nana at 2005-12-30 07:14 x
Leipzigの一泊旅行、満喫されたようですね。♪
そして偶然の出来事。そういう出来事が後の未来を大きく変えることが多いですよね。
私は(関係ないですが)昨日リズム・イズ・イットのノンカット版(映画でカットされた分も全て入ってるDVD)を夜中の2時まで楽しんでました。ライフログで載せられてることからして、
マサトさんも拝見されたみたいですね。
”ラトルの新しい試み”が正にこのことだったんですね。
これについて理解に苦しむベルリンフィルのメンバー(伝統を重んじるメンバー)もいるようですが・・・
それにしても、こんな発想して実際にやり遂げてしまうラトルはやっぱりすごいな、と思います。
そして、オケの春祭のプロ-ベも見れて、ほんとにこの人のアイデアなどがおもしろくてすごく勉強にもなりました。

Commented by berlinHbf at 2005-12-30 11:18
Nanaさん、こんばんは。フライブルクも雪が降っているのでしょうか。

>そういう出来事が後の未来を大きく変えることが多いですよね。
その時はちょっとした偶然にしか感じられない出来事でも、後々大きな意味を持ってくることって人生の中であると思います。ささいな出会いでも大切にしていきたいですね。

リズム・イズ・イットのノンカット版はまだ観たことがないので、ぜひ一度見たいです。今シーズンの教育プログラムは「カルミナ・ブラーナ」がテーマなんだそうです。今度こそは本番の舞台も体感してみたいですね。

どうぞよいお年を。来年もよろしくお願いします!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング