ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ホテル・ボゴタ 最後の記録(1)〜重層的な時間を持つ空間

e0038811_1912829.jpg
Hotel Bogota (2013-11-27)

Hotel Bogota、このホテルの名前を最初に知ったのは写真家橋口譲二さんのHPにある「橋口便り」でだったと思う。2004年頃、橋口さんはクーダムから一歩入った通りにあるこのホテルに泊まりながら制作活動をされていた。橋口さんがボゴタについて記している箇所を読んで、私はこのホテルの存在が気になるようになった。当時橋口さんが書かれている日記の中から、少し引用させていただく。
一言でHotel Bogotaのことを語るのは難しいですが、ホテル全体が文化の香りに包まれていて、そこに居るだけで創造する力がこみ上げて来るような空間です。ベルリンに出かける予定のある方は是非一度Hotel Bogotaにも立ち寄ってみて下さい。さまざまな形で表現されたものが廊下やエントランスに掛けてあるというだけではなく、ホテルが公の場だということが良く分かると思います。ベルリンにあるホテルではなく、Hotel Bogotaのあるベルリンです。
(2004年12月21日)
旅の心得ですが、いいホテルの一番安い部屋を利用するのも、一つですよ。なぜならサービスと空間利用は安い部屋でも変わらないからです。アメリカ式高級ホテルには無い品がボゴタにはあります。アメリカ的文化には、これからいくらでも触れる機会があると思いますが、ボゴタみたいなホテルはそんなに探しても見つかるものではないのと、重層的な時間を持った空間はいくら資本を用意しても作れないからです。
(2005年1月5日)
私が初めてこのホテルの中に入ったのは、2009年春『素顔のベルリン』の取材でだったと思う。オーナーのリスマンさんに中を案内していただき、橋口さんが語るところの「重層的な時間を持った空間」に感動した。その年の暮、日独センターでの講演会で橋口さんとお目にかかる機会があり、直後にボゴタの中を案内していただいた。朝食ルームの大きな柱時計と一緒に写真を撮らせていただいたりもした。

関連記事:
橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ (2010-01-27)

こんなご縁から、橋口さんが関わっておられるホテル・ボゴタでの展覧会の準備のお手伝いをさせていただくことになった。「異変」に気付いたのは、今年3月末宗美香子さんでのオープニングでリスマンさんが珍しく長い挨拶をされたときのことだ。ホテルの経営状況がよくないこと、ホテルでのアート活動の将来も不透明であることを話された。その2ヶ月ぐらい後、ホテル・ボゴタ廃業の危機のニュースがTagesspiegel紙を中心に連日賑わすようになった。私もその問題を取り上げたけれど、署名活動などの動きも空しく、ホテルの廃業が決まってしまった(これを書いている本日12月1日は20時までオープンデー。ホテルとして完全な状態で中に入ることのできる最後の機会となる)。

関連記事:
ホテル・ボゴタ終焉の危機 (2013-07-06)

e0038811_19122358.jpg
数日前、自宅から約20分の距離にあるボゴタに泊まりに行った。実は夏にも一度泊まっているのだが、私たちにとってもこれが最後の機会。かつてボゴタに泊まったことがありこのホテルに愛着をお持ちの方や、今回ベルリン行きが都合により叶わなくなった橋口さんのためにも、このホテルの最後の記録をここに残そうと思った。まずは、ドアから入ったところにあるレセプションの様子から。受付を済ませると、大きな鍵を受け取る。

e0038811_19145385.jpg
そこを進むと、ソファが置かれたロビーがある。左側は階段とエレベーター。奥に行ってみよう。

e0038811_191726100.jpg
この部屋はPhotoplatzと呼ばれ、いつも写真が空間を彩っている。ここで定期的に写真展が行われてきた。その奥が朝食ルームとなる。

e0038811_19193835.jpg
ロビーの反対側。大きな鏡の向こうにKabinettと呼ばれる私の好きな部屋がある。

e0038811_19215719.jpg
奥にある、時代がかった電話ボックス。

e0038811_19223884.jpg
ずっしりと重い黒電話を手に取るのはいつ以来だろう。受話器を耳に当ててみたら、「ツー」という音が聞こえてきた。今も現役で使われていたのだ。

e0038811_19251991.jpg
22時を過ぎると、奥のPhotoplatzは照明が落とされる。

e0038811_19395895.jpg
Kabinettはグリーンを貴重とした内装。

e0038811_19251263.jpg
初めてオーナーのリスマンさんにホテルを案内していただいたとき、かつてこの部屋でベニー・グッドマンがクラリネットを演奏したという話を伺った。

e0038811_19431623.jpg
e0038811_19254622.jpg
Kabinettではつい最近展示が始まったヌード写真が飾られていた。ここのホテルで撮影されたもののようだ。ホテル・ボゴタのアートを大切にする姿勢は最後まで変わらなかった。

e0038811_19342163.jpg
次回は上の階をご案内します。

-----------------------------------
本日12月1日のオープンデーの案内(Hotel BogotaのHPより)
ホテル内の調度品やアート作品は競売に掛けられるそうです。

Am 01.12.2013 wird von 12:00 – 20:00 Uhr ein Tag der offenen Türen stattfinden. Dort können bei Kaffee, Kuchen, Sekt, … die Räume des Hauses begangen werden.
Es findet kein sofortiger Verkauf statt, sondern alle Besucher können sich alles in Ruhe ansehen, niemand muß Angst haben, „ es wäre schon alles verkauft“, wenn er zu spät kommt.
by berlinHbf | 2013-12-01 13:15 | ベルリン発掘(西) | Comments(9)
Commented by tsubu at 2013-12-01 21:52 x
残念としか言いようがありません。
昨年、わずか2泊でしたが宿泊出来て良かったです。
あの朝食ルームの心地よい緊張感と珈琲の香りを忘れません。
真人さん、次回のレポートも楽しみにしています。
Commented at 2013-12-02 18:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berlinHbf at 2013-12-03 05:46
tsubuさん
コメントありがとうございます。
昨日ボゴタの最後を見届けてきましたが、多くの人でごった返していました。その数日前、泊まりに行って本当によかったと後になって思いましたよ。続きのレポート、もう少々お待ちください。
Commented by berlinHbf at 2013-12-03 05:49
ベルリン猫さん
ありがとうございます。昨日はご挨拶しかできませんでしたが、とにかくすごい人でしたね。今朝の新聞でも、ボゴタの最後の日の模様が大きく取り上げられていました。
Commented at 2013-12-03 06:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rudern at 2013-12-03 11:43
はじめまして。
15年前の初めてのドイツ一人旅でこのホテルに数日泊った
ことがあり、懐かしく読ませていただきました。
その時、ホテルの人にも本当に親切にしていただいたので、
私にとって、今でも思い出に残るホテルの一つです。
なので、廃業が決まったことは本当に残念に思います。
次回のレポート読むのを楽しみにしています。
Commented by berlinHbf at 2013-12-12 03:58
rudernさん
はじめまして。コメントをいただき、ありがとうございました。
ドイツへの初めての一人旅でこのホテルに泊まられたのなら、印象はなおさら強かったでしょうね。間もなくレポートの続きを書いていくつもりですので、もう少々お待ちください!
Commented at 2014-01-18 20:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-18 20:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング