ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ショスタコーヴィチとの2日間

e0038811_4312126.jpg
Philharmonie Kammermusiksaalのゲネプロより

あれから早1週間が経ってしまいましたが、私にとってはやはり大きなイベントだった、フィルハーモニー室内楽ホールでの本番のことを書いておきたいと思います。2月15日のコンサートは、昨年よりもお客さんがたくさん来てくださり、(舞台後方の席はともかく)舞台から見た前方と左右両側は、かなり埋まっていました。

さて、そんな感じで本番が始まったのですが、並笛(一般のフルート)で臨んだ冒頭のリストの《死の舞踏》。どうも唇が楽器の歌口にベストポジションに当たっていない感じが続き、個人的にはやや不本意な出来となってしまいました。その前の教会と違って、ご存知のようにフィルハーモニーは、舞台の全方向が客席に囲まれているので、客席を意識し出してしまうと、どんどんナーバスになってきてしまう・・・。続く新作ではアルトフルートのソロが1箇所あるのですが、今まで1回のブレスで吹けていたのに、変なところで余分に息継ぎをしてしまいこちらも反省。「音楽にとって絶対的に大事なのは呼吸」と先日聞いた対談で鈴木雅明さんもおっしゃっていましたが、体が硬直してしまうと、呼吸も自然にできなくなってしまうのですね。

そんな感じで個人的には少し残念な結果だったのですが、ハンス・アイスラー音大で学んだスイス人ピアニストBeatrice Berrutさんの演奏は素晴らしかったし、オケのメンバーであり、映画音楽の分野ですでに活躍しているHector Marroquinさんのソプラノとオーケストラのための新作も、上々の評判でした。

e0038811_4313380.jpg
後半のショスタコーヴィチの交響曲第12番。こんな曲を自分で演奏することなど最後だろうという思いで吹きました。この交響曲は第1楽章が規模・技術からいって一番難しい。ピッコロはいままでいろいろな曲を吹いてきましたが、これほど激しく細かく動き回る上、High CやHが多く出てくる曲は初めてです。1917年のロシア革命を描いているだけあって、「壮絶」「絶叫」という表現を使いたくなる箇所が多い一方で、突如不気味なまでの静寂が訪れる瞬間があり、2楽章の「ラズリーフ」など、人の気配が皆無の極北の場所に連れて行かれたような趣さえあります。このコントラスがショスタコーヴィチを味わう醍醐味のひとつなのかもしません。変拍子のリズムが特徴的な3楽章の「アヴローラ」の後半、ついに10月革命の火ぶたが切られ、われわれも白熱したまま「人類の夜明け」と題されたフィナーレへとなだれ込んでいきました。

アマチュアゆえの稚拙な部分はありましたが、オーケストラも指揮者のAntoine(最近ハンス・アイスラー音大の指揮科を卒業したばかり)も、そして私も(笑)、持てる力を出し切れたのではないかと思います。たくさんの拍手をいただいた上、友人・知人も結構来てくれて、まあとにかく格別な夜でした。

e0038811_4314273.jpg
演奏会後の打ち上げもあって、まだ興奮覚めやらない翌日、今度はコンツェルトハウスへ。ちょうどコンツェルトハウスで開催中の「ロシア・フェスティバル」の一環で、ショスタコーヴィチの交響曲第13番が取り上げられたのです。第12番と第13番は、ショスタコーヴィチの交響曲の中で唯一作品番号が連続している2曲で、どちらも演奏される機会が極めて稀。それを2日続けて聴けるのも何かの縁かと思い、足を運んだのでした。

キタエンコ指揮のオーケストラの演奏が始まってすぐに、渋く濃い色合いのオーケストラの響きに魅せられました。暗みがかった世界がすっと体に入ってくる感じ。さすが東のオーケストラというべきか、ベルリン・フィルが演奏してもおそらくこういう音にはならないでしょう。プラハ・フィルの男性合唱団がまた、この感情の振幅の激しい音楽を見事に歌い上げていました。ウクライナのバビ・ヤールのユダヤ人虐殺や反ユダヤ主義を描いた重苦しい第1楽章、第2楽章「ユーモア」の圧倒的な迫力。スターリン時代の恐怖政治を描いた第4楽章で、暗闇の中をもがいているような感覚を味わっているうち、ふっと光が差し込んできたようなフルートの2重奏から、最終楽章へと入ります。自分が中に入って体験した第12番の壮絶な世界から、1つの連作という形でここまでたどり着いたような気がしました。ショスタコーヴィチの作品に対してさらに愛着が深まり、機会があれば自分でもまた演奏したいと強く思った、今回の音楽体験でした。

KONZERTHAUSORCHESTER BERLIN
PRAGER PHILHARMONISCHER CHOR (Männer)
DMITRIJ KITAJENKO
ARUTJUN KOTCHINIAN Bass

Nikolai Rimski-Korsakow
"Die Sage von der unsichtbaren Stadt Kitesch" - Suite aus der Oper
Modest Mussorgsky
"Lieder und Tänze des Todes", für Bass und Orchester bearbeitet von Edison Denissow
Dmitri Schostakowitsch
Sinfonie Nr. 13 b-Moll op. 113 für Bass, Männerchor und Orchester (nach Gedichten von Jewgeni Jewtuschenko)
by berlinHbf | 2013-02-23 16:45 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)
Commented by 大洲 大作 at 2013-02-24 01:05 x
中村さんの興奮が伝わってきます。一枚目の写真、まず目にすることのできないアングルで新鮮ですが、これは緊張しますね…。でも素晴らしい経験ですね!
Commented by berlinHbf at 2013-02-24 19:07
大作さん
ありがとうございます。このホールの場合、舞台から客席までの距離が非常に近く感じられるのですよね。今回はちょっと緊張してしまいましたが、聴衆と共にいい音楽を作っていくというフィルハーモニーの基本理念を舞台上からよく実感できました。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング