ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリンで楽しむアマチュアオーケストラ

e0038811_5402638.jpg
Erlöserkirche Potsdam (2012-07)

1年半ぐらい前から、再びアマチュアのオーケストラでフルートを吹いています。ベルリン自由大学より援助を受けているJunges Orchester der FUというオーケストラ。学生オケの部類に入るのかもしれませんが、年齢制限のようなものはないので、私を含めて「元学生」の人もかなり混じっています(笑)。

e0038811_535249.jpg
リハーサルは、学期期間中の毎週日曜日の夜に3時間。本番のコンサートは、基本的に2月と7月の年2回です。去年2月の本番では、チャイコフスキーの交響曲第5番、メンデルスゾーンの《フィンガルの洞窟》とヴァイオリン協奏曲を演奏しました(これがそのときの様子。フィルハーモニーの室内楽ホールが会場)。個人的には、大好きなメンデルスゾーンの2作品を演奏できたことが何よりうれしかったです。

e0038811_5323910.jpg
去年7月のコンサートは、リムスキー=コルサコフの《シェラザード》がメインの演目でした。このときはピッコロを吹いたのですが、いくつかの難所も含めて、大変やり甲斐のある作品でした。これはクロイツベルクのエマウス教会での本番の様子。

e0038811_538427.jpg
練習は週1回とはいえ、仕事をしながら毎週参加するのは、ときに負担に感じることもあります。それでもなかなかやめられないのは、やはり楽しいからなのでしょう。1つの作品に、半年近く浸れるのはアマチュアの1つの特権(?)というべきか、それが名作の場合、喜びはさらに高まります(プロの場合は、大抵数回のリハでもう本番ですからね)。今回のメインの曲は、ショスタコーヴィチの交響曲第12番というかなり珍しい曲。一般的にショスタコの中ではあまり世評の高い作品ではないのですが、やはり何ヶ月も付き合うと、自然と愛着が沸いてきます。CDを通して聴いただけではわからないであろう、リズムの面白さや細部への発見があったり、全曲を通して吹いたときのエネルギーの放出感を体で感じたりなど。

あともう一つ、アマチュアオケの中で演奏してみると、それを通してその国の社会が見えてきます。と言うとちょっと大げさですが、少なくとも人と人との関係性が見えてくるというのはありますね。例えば、リハーサルの様子を見ていると、彼らがどういう学校教育を受けてきたか、授業がどんな雰囲気で行われているのか、ということが何となく伝わってくる。とにかく、日本の学生オケとは全然違います。日本だと、指揮者やトレーナーの方が立場が上で、静かに、ありがたくお話を拝聴するというムードがありますが、こちらでは指揮者(それがベテランだろうが、学生指揮者だろうが)とオーケストラは基本的に対等の関係で向かい合っているように思います。だから、指揮者が指示を出しても、そこで自然とやり取りが生まれるし、「どうして?」と理由を問うときもある。それはもちろん、彼らが学校や家庭でそういう教育を受けてきたからでしょう。

まあその一方で、日本の「真面目な」世界からやって来た者としては、「忍耐力がないなあ」と感じることもしばしば。プローベ中なのに、休みの小節が長いと本やレポートを読み出したり、時には後ろからハリボのグミが回ってきたり(笑)。これが日本だったら、血相を変えて怒ったり、注意したりする先輩がいるでしょうが、そういう人もいないので、私もまあそういうものかと思うようにしています(笑)。こういう環境で、授業をする学校の先生は大変だろうなと想像したり・・・。

でも、音楽の楽しみ方が自然でいいなあと感じることも多いです。例えば、ベルリン・フィルのライブを観ていると、エマニュエル・パユとアルブレヒト・マイヤーが演奏中なのに向かい合って、冗談めかした仕草をするときがありますが、アマチュアでもそういう「遊び」が自然と起こる(日本だったら、こういうところでも血相を変えて怒る先輩がきっといますが)。あと、日本が初めて出場した1998年のワールドカップフランス大会で、日本代表が本選の直前にフランスのアマチュアチームと練習試合をした際、「フランス代表より全然下手なのに、パスの回し方は(フランス代表と)同じだった」というようなことを日本の選手が言ったそうですが、それと同じようなことは音楽にも当てはまるように感じます。

私にとっては、音楽を通して得られる、とても面白い異文化理解の場といえるかもしれません。

e0038811_19155562.jpg
今回私にとってちょっと特別なのが、1回のコンサートで3種類のフルートを吹くこと。リストでは並笛を、新作ではアルトフルートを、ショスタコーヴィチではピッコロを吹きます。こんなことは初めてなので、ちょっとドキドキしています。

e0038811_5421143.jpg
アマチュアの演奏ですので、積極的にお誘いすることもできないのですが^^;)、もしご興味がありましたら、足をお運びいただけると幸いです。10日(日)がクロイツベルクのエマウス教会、15日(金)がフィルハーモニーの室内楽ホールで行われます。

Konzerte im Wintersemester 2012-13
Sonntag 10.02.2013 16:00
Emmauskirche, Lausitzer Platz (U Görlitzer Bhf)

Freitag 15.02.2013 20:00
Kammermusiksaal der Philharmonie

Programm:
Franz Liszt
Totentanz für Klavier und Orchester

Hector Marroquin
El Enemigo für Sopran und Orchester (Uraufführung)

Dmitri Schostakowitsch
12. Symphonie "Das Jahr 1917"

Junges Orchester der FU - Berlin
Künstl. Leitung - Antoine Rebstein
Klavier - Beatrice Berrut
Sopran - Julia Baumeister

Eintritt:
Kammermusiksaal: 15 / 12 / 8 €
Emmauskirche: 10 €
by berlinHbf | 2013-02-09 00:52 | ベルリン音楽日記 | Comments(6)
Commented by Jens at 2013-02-09 11:22 x
ご無沙汰しております。昨年は転勤やら何やらで落ち着かない日々でしたが。今月ベルリンへ行くので最近また読まさせていただいておりました。演奏会!と思いましたが日程が合いませんでした、残念。しがない元フルート吹きとして、中村さんの演奏する姿を拝見したかったです。アルトフルート、私は未体験です。オケの雰囲気が面白いですねーハリボ食べながらってウケます。これからも楽しんでくださいね!
Commented by Daisaku OOZU at 2013-02-10 02:50 x
同じ経験はないけれど、頷けることが多い記事です。中村さんの姿勢がとても良く現れているような気もしました。偉そうな言い方で申し訳ないですが…。
Commented by Umelon20 at 2013-02-10 14:04
一つのコンサートでアルトフルート、並笛、ピッコロを持ち替える?なんてすごいですね。
演奏会が成功に終わりますように。

ハリポのグミが回ってくる話、思わず笑ってしまいました。土地柄ですかね。
Commented by tsu-bu at 2013-02-10 19:11 x
外国で暮らすってこういうことなんだろうなあ、と思いながら楽しく読みました。異文化を受け入れて観察している真人さん、さすがです。
コンサートの成功を祈っています。
Commented by s_helga at 2013-02-12 12:46
フルート吹かれるんですね!私もず〜と吹奏楽部でした。ピッコロとフルートと2本持ち替えでした。
勝手に親近感が湧きます!最近は全然触っていませんが・・・(泣)
アルトフルートは未経験ですが、日本フルートソサエティーのコンサートの為の練習中に、ちょこっと触らせてもらった事があります。実際に触ると、見ている分より太く長く感じた事を覚えています。
ベルリンで、私もご一緒したいです。ハリボー食べながら(笑)
Commented by berlinHbf at 2013-02-15 09:08
皆さま、うれしいメッセージをたくさんいただき、ありがとうございました。明日がいよいよフィルハーモニー室内楽ホールでの本番。ここで演奏できるのは年に1回なので、思いっきり楽しんできたいと思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング