ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン生活は家探しから(3) -100年前のアパート-

e0038811_5391279.jpg
ベルリンのアパート探しの話の続きとして、今回は私がベルリンに来て最初に住んだアパートのお話をしたいと思う。前回から少し間が空いてしまったけれど、このアパートに住んだことは、私のベルリン生活の最高の思い出の一つであり、(ちょっと大げさに言うならば)人生観が変わるほどの体験でもあったので、時間に追われて書きたくなかったのです。

2000年の10月初頭、ベルリンに来て間もない私が、慣れない環境の中での家探しに終止符を打ったのが、このアパートとの出会いだった。

運河沿いの通りに並んでいるあるアパートを抜けて中庭に入り、このアパートを目にした時の驚きは今でも忘れられない。それまでベルリンのいろいろなアパートを見てきたが、このまるで貴族の屋敷を思わせるような建築スタイルのアパートは、それまで全く見たことがなかったからである(実は今でも他に知らない)。

「本当にこんな家に自分が住めるのだろうか・・」
期待と不安とでドキドキしながら階段を上がって行くと、ドイツ人の若い奥さんが小さな娘と一緒に2階の玄関で私を迎えてくれた。奥さんのChristinaさんは、高校で英語の先生をしているという。後から登場した旦那のPaulusさんは教会の牧師さん。彼は昔、兵役の代わりのZivildienst(非軍事役務)でシカゴの養護施設で働いていたことがあり、2人とも英語が極めて堪能。Paulusさんは、牧師という堅そうなイメージとはほど遠い、アメリカンロックが大好きな親しみやすい方だった。歳が私と大きく変わらないのもよかった。

e0038811_739160.jpg
早速家の中を見せてもらう。玄関から中に入り、台所の横を過ぎると、その先が居間になっているのだが、これが信じられないくらい広い。私がベルリンに来てから、数多くのアパートを見てきたけれど、これほど広い居間を持つ家には他にいまだ出会ったことがない。天井が高くて、ユーゲント様式(Jugendstil)と思われる美しい装飾が施されている。Christinaさんの話では、このアパートは約100年前に建てられたものだという。ベルリンというと、戦争で多くの建物が破壊されたので(実際、そこから徒歩10分の距離にあるポツダム広場は、連合軍の爆撃でほぼ壊滅した)、町のど真ん中に100年前のアパートがそっくりそのまま残っているということに、私はとても驚いた。一体どういう人が住むために建てられたアパートなのだろうとふと思った(これについては次回お話したい)。

e0038811_9262317.jpg
その大きな居間の奥から、長い廊下が続いていて、10月半ばから空くという部屋がすぐのところにあった。1人で住むには十分な広さである。日当たりも悪くない。しかも数ある部屋の中で、ここだけ唯一おしゃれなバルコニーが付いているのも魅力だった(上の写真で、2つ写っているバルコニーのうち下の方)。

彼らとの話し合いの結果、私はこのアパートに住めることになった!
ドイツ語でUntermieterと言うが、平たく言うと、彼らのアパートの空いている部屋に下宿させてもらうことになったわけである。バスルームやキッチンなどは共同だが、食事など生活は基本的に別々なのでいわゆるホームステイとは異なる。

気になる家賃は、450DM。450EUROではない。当時はまだドイツマルクが使われていて、ユーロに換算すると250ユーロ。当時のレートで3万円にも満たない額の家賃である。

全く信じられない値段だった。町の外れならともかく、ここはベルリンの中心部だ。新ナショナルギャラリー、フィルハーモニー、国立図書館まで歩いて5分。ポツダム広場までも徒歩10分。特に、ベルリンに来たらベルリン・フィルを生で聴けるのを何より楽しみにしていた私にとって、彼らの本拠地であるフィルハーモニーまで徒歩5分という環境は、「夢の館」以外の何物でもなかった。私が狂喜乱舞したのは言うまでもない。

10月半ば、こうして私のベルリンでの生活が本格的にスタートした。昼間は語学学校。夜は、ChristinaさんとPaulusさんから呆れられるくらい、「ご近所」となったフィルハーモニーに通った。

この私のベルリン最初のアパートには思い出があり過ぎるので、もう少しだけ話を続けさせていただきたいと思う。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-11-14 01:04 | ベルリン思い出話 | Comments(13)
Commented by nezumix at 2005-11-14 10:26
これを読んだ今、私が気になるのは、何故こんないいアパートを出てしまったのかということだ〜!お話の続きを早いところよろしく。m(_ _)m
Commented by ゴン太 at 2005-11-14 21:42 x
すご~~い!これは想像以上でした・・・
おうちも環境も家賃もメルヘンな世界~♪
フィルハーモニーに徒歩5分って。。。
ため息まじりの憧れです。
Commented by berlinHbf at 2005-11-15 09:57
>nezumixさん
延長したかったのですが、契約の関係で残念ながらできなかったのです。残念だったけれど、あの環境に慣れてしまうと、他の場所には住めなくなってしまったかもしれない。だからある意味よかったのだと。自分にはそう言い聞かせるようにしています(笑)。

>ゴン太くん
昨日はあのアパートのある界隈をもう一度歩いて来たのですが、こういうアパートはやっぱり他には見つかりませんでした。人との出会いがあるように、住む場所にも出会いってあるんだなあとホントに思います。
Commented by まりりん at 2005-11-15 21:58 x
こんにちわ!日本は、かなり寒くなってきました。。私もBerlinの某所(笑)でUntermieterをしていたので、続きがかなり楽しみです!いろいろ不便な点もありましたが、今となっては、笑いのネタばかりです!日本ではなかなか出来ない経験ですよね。またお邪魔します!
Commented by ゴン太 at 2005-11-15 23:15 x
私も出会いはあると思います。
なんとなくしっくりこなかったり、いいなと思ったところは
「2日前に他の方が契約しました」って言われたり
(下手すると”さっき”とか言われたこともあったな。。)、
でも諦めかけたころに思いがけずいいものにめぐりあえたり、
タイミングとか縁とかあるのかなあって思います。
そういえば私が上京して始めて住んだところ、
どうなってるかなあ、、これ読んだらちょっと行って
みたくなりました。
続きを楽しみにしていますね。
Commented by berlinHbf at 2005-11-16 20:08
>まりりんさん
ドイツ人と一緒に生活するのは、彼らの生活スタイルを知る上でもいい経験になりますよね。まりりんさんの元下宿先の方とは昨日電話でお話しましたよ。とてもお元気そうでした。ベルリンも大分寒くなってきていて、今外の気温を見てみたら、10度を下回っていました。

>ゴン太くん
日本と違い、ベルリンの家探しは業者を通すことがあまりないので、余計出会い要素は強いのでしょうね。面倒なこともありますが、新聞や大学の掲示板で探したり、知り合いのつてをたどっていったりするうちに、ふっと見つかることが多いようです。
Commented by しゅり at 2005-11-17 00:11 x
素晴らしいアパートですね!
ベルリンは連合軍により絨毯爆撃を受けたと聞くのですが
爆撃の激しかったポツダム広場から徒歩10分くらいで
こういう物件が今でもあるというのは驚きです。
ハケッシャーマルクトあたりでもアルトバウが多く残っていたり
ベルリンの中心地がほぼ爆撃を受けたと思っていた私にとって
本当に衝撃です。
しかし、いいですねえ。こんなところに住んでいたら
心が優雅になりそうです。
こういう古い物件でも暖房設備や水周りも完璧にして
貸し出しているのでしょうか?
大きな邸宅なので使わない部屋を貸しているっていうアパートなのですか?
質問ばかりでごめんなさい。
あまりにステキなので想像がかきたてられます。
Commented by berlinHbf at 2005-11-18 04:37
私の手元に、1945年、1953年、1984年、2003年のベルリンの空撮地図があるのですが、それを見比べていると、本当にいろいろなことが見えてきます。このことも次回少し触れたいと思います。

>こういう古い物件でも暖房設備や水周りも完璧にして
>貸し出しているのでしょうか?
そうですね。暖房もセントラルヒーティングなので、全く不便はありませんでした。ただ古いアパートは外装も凝っていることが多いため、修復する時にはかなりの職人技が必要なようですね。維持するのだけでも大変です。

>大きな邸宅なので使わない部屋を貸しているっていうアパートなのです>か?
3人家族であのアパートはいくらなんでも広過ぎます(笑)。実はあの家には空いている部屋がもう一つがあって、別のUntermieterが住んでいることもありました。

アパートの続きの話、もう少し待っていてください!
Commented by pfaelzerwein at 2005-12-25 23:39 x
berlinHbfさん、これを改めて読ませて頂きました。私も住居環境は重要視していたので良く分かります。日常の生活感覚は、何をするのにも大切と思います。西ベルリンの頃クーダム周辺で泊まったホテルも昔の屋敷だったのを覚えています。ベルリンほどの大きな都市になると市街地にも落ち着いた区画が多くて良いですね。
コメントするのが遅れましたが、こちらこそ宜しくお願い致します。
Commented by berlinHbf at 2005-12-27 22:36
私はこちらへ来てから初めて、住居環境を「文化」として考えるようになりました。家賃がいくらであれ、日々安心してゆったりした空間の中で暮らせる住居があってこその日常だと思います。今日本を騒がせている欠陥マンションの問題は、ドイツの住居環境とは全く対極的な根っこから発していると思えてなりません。

リンクを張らせていただきました。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by Kazue at 2014-07-20 04:55 x
はじめまして。
9月からベルリンに留学するため、さまざま検索しているなかでここにたどり着きました。
とても素敵なアパートで、とてもおどろいています。
ここのアパートは今でも住むことができるのでしょうか?
Commented by berlinHbf at 2014-07-20 23:35
Kazueさん
はじめまして。昔の記事にコメントいただき、ありがとうございます。当時お世話になったこのアパートのホストファミリーは、もう引っ越されてしまったので、今どうなっているかは残念ながらわからないのです。最近は住宅難とも聞きますが、ベルリンには素敵なアルトバウが多いです。ベルリン生活が充実した時間になることを願っています。
Commented by Kazue at 2014-07-21 22:22 x
中村さん
お返事くださり、どうもありがとうございます。
そうなのですね、写真を拝見しながらなんて素敵なのだろうと思いました。古き良き建築がたくさんあるのはいいですね。
これからもブログ楽しみにしております。

どうもありがとうございます。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング