ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

発掘の散歩術(24) -ボヘミア村の誕生日-

e0038811_2015562.jpg
6月の週末、ノイケルン地区で開催されたアートイベント「48時間ノイケルン」を見に行ったときのことだ。同地区内のリクスドルフ(ドルフ=村)を歩いていたら、普段は静かなこの場所に祝祭的な雰囲気が漂っている。キルヒガッセという通りでは、細い路地の奥までテーブルが並び、人々がケーキを頬張りながら賑やかに歓談しているではないか。「一体何だろ」と思っていたら、275の数字が目に入った。なるほど、この村の275周年のお祭りだったのである。

その昔、今よりも小さかったベルリンには、郊外にいくつもの村が点在していた。中でもこのリクスドルフは特殊な歴史背景を持つ。1737年、東ボヘミアのチェルムナ村を追放された350人ほどの新教徒がベルリンのこの地にたどり着いた。ハプスブルク帝国統治下のチェコでは、信仰を禁じられていたためである。同年6月15日、移民の受け入れには寛容だったプロイセンの時の王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世は、自らが購入したリクスドルフの農場を彼らの居住地区として提供した。それにより、ドイツ人が住むドイツ・リクスドルフの北側に、チェコ人のボヘミア・リクスドルフが誕生し、それぞれ自治が営まれることになった。

ボヘミア・リクスドルフは、現在のリヒャルト広場北側のリヒャルト通り、およびキルヒガッセ周辺。大通りのカール・マルクス通りから200メートルほど歩くと、突然牧歌的な風景が目の前に現れる。このギャップは、何度味わっても楽しい。

e0038811_2024687.jpg
この村のシンボルは、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の大きな像。軍隊王のあだ名を持ち、臣下や息子のフリードリヒ大王に厳しく接するなど悪評もつきまとう王だが、この村のチェコ人にとっては恩人。実は、王の像が設立されて今年でちょうど100年だそうで、足下には記念の月桂樹の飾りが輝いていた。

この日は、キルヒガッセ沿いの住居も見学できた。入り口のレンガの高い壁からは想像できないほど、広々とした庭と納屋のような大きな倉庫、そして立派な家屋が奥に続き、住人たちがにこやかに迎えてくれる。ボヘミアからの亡命者は農業、そして手工業に携わる人が多かったそうで、住居の造りもその名残なのであろう。

100メートルはありそうな長テーブルに座って、地元の教区のご婦人方が作ってくれた美味しいケーキとコーヒーをいただいてから、近くの小さなミュージアムに行ってみた。案内をしていたポリーナさんという年配の女性に、「リクスドルフに今もチェコ人は住んでいるのですか?」と素朴な質問をしてみた。もちろん、という顔をしてこう説明してくれた。「今あなたが見てきた通りの小さな遊び場に、子どもたちがいたでしょう。彼らはベルリンに最初にやって来たチェコ人から数えて16代目の子孫にあたるのよ!もちろん私もね」

そうなのだ。家に招き入れてくれた人も、ケーキを振る舞ってくれた教会のご婦人方も、ドイツ語を母語として話していたから気付かなかったが、その多くが祖国を逃れて来たボヘミアンの子孫たち。

後でパンフレットを見たら、「このコーヒーテーブルは、追放者の子孫による感謝のしるしです」と書かれていた。
ドイツニュースダイジェスト 7月6日)


Information
ボヘミア村のミュージアム
Museum im Böhmischen Dorf


かつてチェコ人学校だった建物の中にある小さな博物館。移住の歴史から、生活の伝統、信仰、手工業、教育に至るまで、ベルリンのボヘミアンの過去と現在を、実物の衣服や生活用品などを交えて紹介している。開館時間は限られているが、前述のポリーナさんはじめ、スタッフの対応は親切だ。

住所:Kirchgasse 5, 12043 Berlin
電話番号:(030)687 4880
開館:木曜14:00~17:00、第1・第3日曜12:00~14:00
URL:http://museumimboehmischendorf.de

リクスドルフ鍛冶屋
Rixdorfer Schmiede


リクスドルフの中心、リヒャルト広場にある鍛冶屋。チェコ人がやって来る前の1624年創業という古い歴史を持ち、現在の建物は1797年に建てられたもの。今も現役の鍛冶屋で、体験講座や包丁の研磨作業などのサービスも提供している。毎年第2アドヴェントにこの広場で行われる名物のクリスマスマーケットの際は、内部を見学できる。

住所:Richardplatz 28, 12055 Berlin
電話番号:(030)694 2232
営業:月火木金10:00~16:00
URL:www.rixdorferschmiede.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-07-08 13:14 | ベルリン発掘(西) | Comments(2)
Commented at 2012-07-18 22:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berlinHbf at 2012-07-26 18:33
のりこさん
ブログで丁寧に紹介してくださり、ありがとうございました!私の本も役に立ったようでうれしいです。上で触れた、毎年第2アドヴェントにこの広場で行われるクリスマスマーケットは本当におすすめなので、ぜひ一度行かれてみてくださいね。ではまた!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング