ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団の来日公演

e0038811_21234739.jpg
Thomaskirche Leipzig (2012-01-06)

1月にライプツィヒで取材した聖トーマス教会合唱団(トマーナコア)が間もなく来日するので、ここで紹介させていただきたいと思います。バッハが音楽監督(カントール)を務めていたトマーナコアは、今年誕生から800周年(!)を迎えます。今回のツアーはその一貫として行われるもので、演目はバッハの「マタイ受難曲」。私がライプツィヒを訪れた1月6日は、メモリアルイヤーのオープニングを飾る礼拝が行われ、その午後現在のカントール、ビラーさんにお話を伺うことができました。そのインタビューは、ジャパン・アーツの合唱団ブログでご覧いただけます。1日バッハに浸れた幸福な日でした。

ゲオルク・クリストフ・ビラーへのインタビュー
【その1】聖トーマス教会合唱団について
【その2】マタイ受難曲について

e0038811_2124417.jpg
その後、来日公演のプログラムにも合唱団800年の歴史について記事を書かせていただくことになり、実際にトマーナコアで歌っていた人に話を聞くことができないかなあと思っていたところ、たまたまドイツ人の知人にそのことを話したら「私の知り合いに1人いるわよ!」。私が目の色を変えたら、その場で電話してくれ、翌日話を聞きに行けることになったのです。

e0038811_3253073.jpg
それが、現在ベルリン放送合唱団のテノールの団員であるトーマス・コーバーさん。彼は東独時代の1975年から84年までトマーナコアで歌っていました。きれいに整理されたアルバムを見ながらの思い出話は、時を経つのも忘れるほど楽しいものでした。この写真で見せてくれているのは、1977年の来日公演のちらしです。

e0038811_3252043.jpg
面白かったものをいくつかお見せしましょう。これは1979年10月7日、ベルリンの共和国宮殿(!)で行われた東ドイツ建国30周年の記念式典で歌ったときのプログラム。一般の市民は西側に自由に旅行に行けなかった時代、トマーナコアはある種の特権的な役割を担っていました。他の学校の生徒から妬まれることもしばしばあったとか。

e0038811_3274637.jpg
東独時代からの恒例行事、ドレスデンの聖十字架合唱団とのサッカーの対抗試合の記事。

e0038811_325371.jpg
左の人物、誰だと思いますか?ロックバンド「ディー・プリンツェン」でボーカルを務めるゼバスティアン・クルムビーゲルです。800年の歴史を持つトマーナコアは、こんな異才も輩出しています。

来日公演のプログラムで3ページの記事を書いておりますので、コンサートに行かれる機会がありましたら、ぜひお読みいただけたらと思います。

関連:
- 聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団2012 ジャパン・アーツ
- ドキュメンタリー映画"Die Thomana"(2月16日よりドイツで一般公開が開始)
- バッハのモテット「聖霊はわれらが弱きを助けたもう」(トマーナコアの合唱で。コーバーさんがバッハのモテットで一番好きと言っていた曲で、最近の私のお気に入り)

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-02-25 14:16 | ベルリン音楽日記 | Comments(4)
Commented by bach!! at 2012-02-28 01:47 x
今回は聴けなくて残念ですが、次回のドイツ旅行の際には、また聖トーマス教会でトマーナコアの歌声を堪能したいです。それにしても、800年の歴史ってすごいですね。ビラーさんをはじめ、合唱団を支えてきた多くの人々の熱い思いが、また新しい歴史へと繋げていってくれるのでしょう。
ところで、ドキュメンタリー映画"Die Thomana"、こちらも是非観たいです。合唱団の日常生活やバッハの名曲など、いろいろ楽しめそうですね。
映画といえば、今名古屋で「ピアノマニア」が上映されています。エマールによる「フーガの技法」がメインで、調律師とのやり取りも面白そうなので、久しぶりに映画を見に出かけます。
Commented at 2012-03-01 22:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berlinHbf at 2012-03-17 07:31
bach!!さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。トマーナコアのツアーは無事に終わったようで、「特に最終日の公演は本当に素晴らしかった」と聴いた方からメールをいただきました。"Die Thomana"は、エンドロールにNHKの名前を見かけたので、そのうち日本でも放映になるかもしれません。そうなるといいですね。私も日本語字幕付きで一度見てみたいです。(特にバッハ関連では)今後もいろいろご教示いただけると幸いです。
Commented by berlinHbf at 2012-03-17 07:50
彩さん
ご丁寧なご感想をお寄せいただき、ありがとうございます。平日にマタイを聴くのは大変だったでしょう。でも、その甲斐のある上演だったようで、よかったです。お母様からもメールをいただいたので、改めてメール差し上げますね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング