ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ネルソンス&ベルリン・フィルのR.シュトラウス

e0038811_23484544.jpg
ベルリン国際映画祭のポスターが並ぶポツダム広場周辺 (2012-02-02)

●日本の皆さんもニュース等でご存知だと思うけれど、中・東欧では先週から極寒の日が続いていて、昨日も最低気温−13度ぐらいまで下がった。手袋はもちろん耳元までかぶる帽子はもはや必須。午後、手袋なしで歩いてみたけれど、5分も経つともう耐えられなくなる。こうも寒いとどうしても家にこもりがちになるが、幸い天気はいいし、身を切るような寒さの中コンサートに行くのは結構好きである。

●当夜はアンドリス・ネルソンス指揮のベルリン・フィル。2007年6月にベルリン・ドイツオペラのオケのコンサートで初めて彼を聴き、強烈なインパクト受けてからもうすぐ早5年。その間の躍進ぶりは目覚ましく、いつの間にかバイロイト音楽祭やベルリン・フィルの定期にも呼ばれるような存在になっている。ベルリン・フィルを振るのも今シーズンすでに2回目だとか。

●前半はブラームスのヴァイオリン協奏曲。ソロはベルリン・フィルのコンマスのブラウンシュタイン。こういう曲をそのオケのコンマスが務めてコンサートが成り立つのはやはりすごいこと。冒頭の序章で、彼は第1と第2ヴァイオリンの間に入って一緒にオーケストラパートも弾いていた。その後も、長い間奏のときは一歩下がってこの場所に戻り、周りの音に耳を傾けるなど、いつもの仲間と室内楽を楽しんでいるような、そんな趣さえあった。もちろんソリストとしての腕も見事だったけれど、改めてブラウンシュタインのヴァイオリンをじっくり聴いて、彼の音や節回しに潜む独特の哀愁味を感じた。最近彼が出したソロアルバムを視聴したときも(「自分のルーツと深くつながった小品ばかりを選んだ」と語っている)同じ印象を受けていたが、それがユダヤ人としての素性と関係しているかどうかはわからない。でも、20世紀の大ヴァイオリニストの系譜につながるような、渋みやくすんだ音色を聴き取ることができたのは興味深かった。

●後半はシュトラウスの「英雄の生涯」。要のヴァイオリンソロを樫本大進さんが弾いたのだが、これがもうあまりに見事で感嘆。「英雄の生涯」はベルリン・フィルの他の2人のコンマスのソロでも聴いたことがあるけれど、樫本さんの音は一段ときめ細やかでまろやかな美しさをたたえ、往年のミシェル・シュヴァルベもかくやと思わせるほど巧みだった。ネルソンスの指揮も素晴らしい。演奏中、絶えず何をしたくてたまらない小動物のように動き回るのだが、横の流れを大事にしているため、音楽のうねりが途切れることがない。内側からの充実を伴った、ふっくらと肉感的で丸い響きが生まれてくるのである。こんなにオペラティックで感興豊かな「英雄の生涯」は初めてで、彼の棒でシュトラウスのオペラを聴いてみたくなる!

●それにしても、ブラウンシュタインのブラームスに大進さんのシュトラウスと、コンチェルトを2曲分聴いたような気分が残った。これがオーケストラのコンサートマスターによる演奏なのだから、いまさらながらベルリン・フィルのずば抜けた能力を思い知らされる。ただ、華やかなプログラムにしては、客席にはちらほら空席が目立った。ポディウムの舞台席が用意されていなかったのも少々意外。

Berliner Philharmoniker
Andris Nelsons Dirigent
Guy Braunstein Violine

Johannes Brahms
Violinkonzert D-Dur op. 77
Richard Strauss
Ein Heldenleben

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2012-02-02 12:56 | ベルリン音楽日記 | Comments(3)
Commented by Shoko A at 2012-02-05 18:55 x

こんにちは!去年の秋ロンドンからベルリンに引っ越して来た者です。

実は私も先週同じコンサート(水曜日の晩)に行っていたので嬉しくなってコメントさせていただいてます。別の日ではどうだったか分かりませんが、ブラウンシュタインさん、もちろんすごく上手かったですが、彼的には本調子ではなかったのでは?と思いました。後半のシュトラウスの樫本さんの聴かせるバイオリンには本当に脱帽でした。ベルリンフィルの「ずば抜けた能力」納得です!

引っ越してくる時、実はロンドンのコンサートホール達が名残り惜しかったんですけれども、これからベルリンフィルに気軽に行けるんだ、と考えると嬉しくなりますね〜 

ところでシューベルトやシューマン、ブラームスなんかの歌曲の質のいいコンサートをやるホールって、ベルリンではどこなんでしょう?(ロンドンのウィグモアホールのような。)もしおすすめのホールがあればぜひ教えて下さい。
Commented by berlinHbf at 2012-02-12 18:31
Shoko Aさん
はじめまして。コメントありがとうございました。
ロンドンから越して来られたのですか。ベルリンの音楽ライフを早速楽しまれているようですね。

> 彼的には本調子ではなかったのでは?
正直私も今回はしっくりこない部分がありました。前回ショスタコーヴィチのコンチェルトを弾いたときは、絶賛の嵐だったので、期待値が余計高かったせいもあったかもしれません。

おすすめのホールですが、例えばコンツェルトハウスの小ホールなどは歌曲を聴くのにちょうどいいスケールだと思います(フィルハーモニーの室内楽ホールはその点ちょっと大き過ぎますね)。雰囲気もまさにあの時代という感じですし。著名歌手によるシリーズもあるので、HPを覗いてみてください。
Commented by Shoko A at 2012-02-27 01:06 x
コンツェルトハウスの小ホール、また行ってみます。情報ありがとうございました!

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング