「ほっ」と。キャンペーン


ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

発掘の散歩術(16) - マルツァーンの世界庭園 -

e0038811_7583617.jpg
世界庭園内のキリスト庭園

今年6月、皇太子殿下のドイツ公式訪問の際、「おや」と感じたのが、マルツァーンの保養公園(Erholungspark Marzahn)がベルリンでの日程に含まれていたことだった。日本の皇太子と旧東独の郊外の団地街の象徴であるマルツァーンという組み合わせが、どこか新鮮だったからである。今回皇太子殿下が訪問されたのは、同公園内にある日本庭園。この時期としては異例の陽気に恵まれた10月初頭の日曜日、今までなかなか足を運ぶ機会のなかった「世界の庭園」をじっくり見て回ることにした。

Sバーンのマルツァーン駅から195番のバスに乗って約10分、高層アパートの住宅群を抜けて間もなく、公園の入り口に到着した。マルツァーン保養公園は、まだ東独時代だった1987年に開催されたベルリン造園展覧会をきっかけに、マルツァーン・ヘラースドルフ地区の緑のオアシスとして生まれた。ベルリンの内外に広く知られるようになったのは、中国庭園がオープンし、同時に「世界の庭園」としての歴史が始まった2000年秋以降のことである。

e0038811_7212519.jpg
日本庭園内にある「如水亭」から枯山水を臨む

30ヘクタールもの広大な敷地を誇る公園だが、日本庭園「融水苑」は入り口から比較的近い場所にあった。横浜市の寺住職にして庭園デザイナーの枡野俊明氏の監修により2003年に造られた庭園で、全体が過去から未来への時間軸をもって構成されている。中に入り階段を上ると眺望台があり、滝が流れている(過去の歴史の流れを表現)。そこを下りると前庭が見えてきて、「現在」を表しているという建物「如水亭」に入る。そこから臨む枯山水の庭は、現在から未来への展望を象徴しているそうだ。過去から未来までを見据える精神の自在さと「融合すること水の如く、以って和と成す」という庭園全体のテーマが、確かにどこかで重なり合う。日本だったら芝生ではなく苔が生えているだろうなと感じる場所もあったが、細かな相違は別にして、美しく整えられた枯山水を眺めていたら、一瞬ここがドイツであることを忘れそうになった。

とはいえ、「融水苑」は世界庭園の見どころの1つに過ぎない。近くにある韓国庭園では日本との微妙な文化的相違を実感させてくれたし、ヨーロッパでは最大級という中国庭園は数年前「ドイツで最も美しい庭園」のベスト3に選ばれたこともあるそうだ。

e0038811_721398.jpg
ブルーのモザイクが鮮やかなオリエント庭園の回廊

ここから西側の端にあるイタリアのルネサンス庭園まで一気に歩いてみた。そばにはIrrgartenという迷路庭園なるものまであって、これは子ども連れの家族でも楽しめるだろう。想像以上に広くて、とても全部は回りきれなかったが、最後にオリエント庭園に入ってみた。回廊の床のモザイクは美しく、庭の中心にある小さな噴水では子どもたちが裸足で遊び、アジアの庭園とは雰囲気ががらっと変わる。どの国の、そしてどの文化の庭園も甲乙つけがたい魅力があった。また、隅々まで手入れが行き届いているのにも感心した。

日本庭園の桜が咲き乱れる頃、マルツァーンをまた訪ねようと思う。
ドイツニュースダイジェスト 11月4日)


Information
世界の庭園
Gärten der Welt


「地理、宗教、民族など異なる背景を持つさまざまな庭園を体験できるように」という目的から2000年にオープン。本文で紹介した庭園以外にも、バリ島庭園、キリスト教文化をテーマにした庭園などがある。入場料は3ユーロ(11~3月は2ユーロ)。日本、韓国、オリエントの各庭園は4月~10月のみのオープンなのでご注意。

開館:11~2月(9:00~16:00)、3月と10月(9:00~18:00)、4~9月(9:00~20:00)
住所:Eisenacher Str. 99, 12685 Berlin
電話番号:(030)700906 699
URL:www.gruen-berlin.de/parks-gaerten/gaerten-der-welt


中国茶館
Chinesisches Teehaus Berghaus zum Osmanthussaft


中国庭園内にある本格的な中国茶館。約30種類もの中国茶を堪能できるほか、それによく合う焼き菓子も用意されている。天気が良い日は、池に面したテラスがお勧め。近くには中華インビスの“ Tsing Tao Pavillon“ も。世界庭園内には、ほかにもカフェやキオスクなど、一休みできる場所は豊富にある。

営業:4~10月(月~日10:30~18:00)、11~3月(天気の良い週末)
住所:Eisenacher Str. 99, 12685 Berlin
電話番号:(030)700906 699
URL:www.china-teehaus.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-11-04 23:57 | ベルリン発掘(東) | Comments(3)
Commented by きょろ at 2011-11-08 04:57 x
まさに日本の庭園ですね。オリエント庭園のモザイクも素敵ですし・・・こういうところがあるとは知っていたのですが、結構本格的なのですね。おもしろそうです。
あまり行ったことのない方面ですが、今度散歩がてら行ってみようと思います。ご紹介、ありがとうございます!
Commented at 2011-11-09 10:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by berlinHbf at 2011-11-15 03:03
きょろさん
ご感想ありがとうございます。ここの庭園は本格感を売りにしているので、「それらしいけど、なんかちょっと違うなあ」という感じを抱くことはなかったです。散歩にはおすすめですよ。

Tellerrandさん
はじめまして。コメントありがとうございます。ブログ拝見しました。まずは試験の合格おめでとうございます。ベルリン在住だった方が活躍されているのはうれしいです。とても面白い内容のブログですね。また寄らせていただきます。リンクもありがとうございました。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング