ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ハンブルクの港祭りにて - Queen Mary 2の出航 -

e0038811_22282564.jpg
忙しくもなかなか充実していた5月のことを、これから振り返ってみたいと思います。まずは、先月初旬の週末にハンブルクに行った時のこと。ベルリンからハンブルクまで、一昔はインターシティでも3時間近くかかりましたが、今はノンストップのICEでわずか1時間40分ほど。近くなったものです。にも関わらず、この港町を訪れるのは実質10年ぶりでした。

大学時代の同級生で、現地に住む友人夫婦がハンブルク中央駅まで迎えに来てくれ、地下鉄で港の方に行ってみることにしました。偶然、この日は港創立記念日(Hafengeburtstag)だったのです。Rödingsmarkt駅を過ぎると地下鉄は大きく右に回り、エルベ川に沿って走ります。ここからの車窓は素晴らしい。川といってもさすがに貫禄十分で、ここから海まで110キロも離れているとは到底思えません。どこか横浜の港にいるような気分になりました。ハンブルクの港祭りは、毎年約100万人が訪れる世界最大の港祭りだそうで、地下鉄のLandungsbrückenの前には、日頃は見ることのできない大型帆船などがたくさん集まっていました。

e0038811_22283654.jpg
HafenCityと呼ばれる斬新な建築が建ち並ぶエリアを歩いて行くと、港祭りの目玉が目の前に現れました。世界最大級の客船、イギリスの「クイーン・メリー2世」がこの日に合わせて、停泊していたのです。

e0038811_22285132.jpg
写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、こんな大きな客船、実物では見たことがありません。もう少し待てば出航のシーンが見られるというので、せっかくの機会、強い風を浴びながらも妻と待ってみることにしました。

e0038811_2229326.jpg
しかし、待てども待てどもなかなか出てくれなくて、気付いたらもう2時間が経過。ようやく船員がせわしなく動き始め、岸壁とのロープが外れ、「ブオーー」という腹に響く汽笛と共に、この巨大な船体にしては驚くほど滑らかに動き出しました。

e0038811_22291533.jpg
周りの人が手を振ると、船上の彼らも応えてくれます。大型客船の出航というのは、鉄道とも飛行機とも違う、得もいえぬ感動がありますね。

e0038811_2229439.jpg
快晴の日曜日、手を振って歓声を上げる人々。

e0038811_22295661.jpg
ここまで離れて、ようやく全長345メートルの船体の全貌が、1枚の写真に収まりました。

e0038811_2230925.jpg
現在建設中のハンブルクの新しいコンサートホール、Elbphilharmonieを横目に、Queen Mary 2は悠然とニューヨークを目指して旅立って行ったのでした。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-06-08 17:03 | ドイツ全般 | Comments(5)
Commented by キートス at 2011-06-10 13:19 x
ロマンチックですね、このような超巨大クルーズ客船。QM2は伝説のタイタニックよりも遥か大きく、キュナード・ラインは伝統的なイギリスとアメリカを結ぶ連絡サービス(郵便を含む)が有名であった、19世紀~20世紀前半にわたって英国の誇りそのものであり、世界でもの有数の海運会社ですね。QM2はハンブルクとは縁が縁が深く、定期的なメンテナンスをここで受けているそうです。
Commented by MOTZ at 2011-06-10 13:58 x
すごい迫力ですね。ハンブルク港は行ったことはありますが
船があったのか記憶がないくらいです。

それにしても5個目の写真、マンションにしか見えません。
これが動くんですね~大海原を進んでいくんですね~。すごい。
Commented by sachan at 2011-06-10 21:53 x
Masatoさん たいへんお久しぶりです!忙しい毎日のなかハンブルグの港のお祭り 雄大な船がいっぱい見られて楽しかっただろうなあ〜と想像しています。オーストリアの田舎ではサクランボと苺の美味しい季節 こんどの日曜は「サクランボ祭り」です。コウノトリたちの子育ても順調です。日本の状況が余談を許さないけれども こちらでの生活を大切に良い仕事をしていきたいものですね!masatoさんもお元気で☆5月の話の続きを楽しみに見に来ますね。
Commented by berlinHbf at 2011-06-18 13:00
キートスさん
無事日本に帰ってきました。キートスさんは船にもお詳しそうですね。このQM2は英国の威信と誇りをかけて造られた船だということがよくわかりました。豪華船の旅も憧れますが、もっと年をとってからかな・・・。

MOTZさん
本当に、近くで見たら巨大なマンションのようでした。ニューヨークまでは6日間ぐらいの旅だそうですが、豪華船を満喫しているうちにあっという間に着いてしまいそうです。
Commented by berlinHbf at 2011-06-18 13:02
sachanさん
オーストリアでは「サクランボ祭り」ですか。去年ヴェルダーという街で行われた果実酒祭を思い出しました。あれも楽しかったです。ハンブルクの続きの話も追々書いていきますので、またご覧くださいね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング