ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

発掘の散歩術(7) - シェーンハウゼン宮殿 凝縮された歴史 -

e0038811_20284656.jpg
庭園側から望むシェーンハウゼン宮殿

今から来年のことを話していたら鬼に笑われてしまうかもしれないが、2012年はフリードリヒ大王(1712~86)の生誕300周年。そのメモリアルイヤーに向けて、縁のあるベルリンとブランデンブルクでは記念行事の準備が着々と進められている。大王と言えばポツダムのサンスーシ宮殿が名高いが、今回はその影に隠れてはいるものの、実に興味深い歴史を持つ、もう1つの宮殿をご紹介しよう。

U2の終点パンコウ駅で降り、オシエツキー通りを北に進むと、緑に囲まれたのどかな風景の向こうに、どこか女性的な優美さを備えたバロック様式の宮殿が見えてくる。これがシェーンハウゼン宮殿だ。

宮殿の歴史は17世紀後半にさかのぼる。オランダ出身で名門ドーナ家の伯爵夫人がこの地を買い取り、オランダ風の館と酪農場を建てさせたのが始まりらしい。その後、館は建て替えられ、新興国のプロイセンがこの地を買い取った。初代フリードリヒ1世はバロック様式の宮殿へと規模を拡大し、裏手に豪華な庭園を作り上げた。

e0038811_20544077.jpg
シェーンハウゼン宮殿前のエリーザベト・クリスティーネ(1764年以降)

プロイセン時代、ここのもっとも有名な居城主は、フリードリヒ2世(大王)の「妃」だったエリーザベト・クリスティーネである。よく知られているように、厳格な父親による強制的な結婚は、2人に幸福な結果をもたらさなかった。大王は最初から彼女に関心がなかったようで、ほどなくして別居状態に陥った後、ポツダムに籠る。失意のエリーザベトは1740年から没するまでの60年近く、毎年夏の3カ月をここで過ごすこととなった。

1階はそのエリーザベトに関する展示。暖炉や家具類は当時のもので、訪れる者を18世紀の宮廷生活に誘う。200年以上も昔のものとは思えない、花をモチーフにした壁紙の美しさには特に目を見張った。

e0038811_20392722.jpg
圧巻だったのは、2階中央にあるフェストザール(祝祭の間)。この宮殿の中で、唯一完全にロココの内装が残された部屋だ。まるで生きた植物と見紛う天井の装飾の見事さは(丹念な修復技術も特筆されるべきだろう)、言葉にならないほど。

次の部屋へ入った瞬間、別の時代にいきなりタイムスリップしたような感覚を味わった。どこかレトロなピンク色の壁紙とグリーンの椅子。東独のデザインに特別の関心がなくても、ここに来ればピンとくる人は多いはずだ。エリーザベトの没後、荒れ果てていた宮殿は東ドイツの建国と共に長い眠りから覚め、約10年間、東独大統領の居城として使われたのである。初代大統領ヴィルヘルム・ピークの執務室がその横に並ぶ。当時、東独の最高幹部たちはすぐ近くのマヤコフスキー環状通りに住んでいたため、この周辺一帯は外部世界と完全に隔離されていたという。

最後に見たのは、1964年以降、外国からの国賓のゲストハウスとして使われていた部分。ホー・チ・ミンやカストロ、カダフィらがここに宿泊し、最後の客人は1989年10月、東独建国40周年の式典でベルリンを訪れたソ連のゴルバチョフ夫妻だった。その1カ月後、壁は崩壊。翌年6月、ドイツの再統一に関する「2プラス4会議」が開催されたのも、この宮殿に面した別の建物である。

見学を終えて、私は思わずため息をついた。ベルリンとポツダムにプロイセンの宮殿は数多くあれど、18世紀の優雅なロココから20世紀末の激動の再統一まで、ドイツの歴史をこれほど凝縮した場所もそうはない。ともかく一度は訪れる価値のある宮殿である。
ドイツニュースダイジェスト 2月11日)


Information
シェーンハウゼン宮殿
Schloss Schönhausen

e0038811_20465844.jpg
花をモチーフにした18世紀の壁紙(1階)
e0038811_20591164.jpg
東独時代、国賓のゲストハウスのバスルーム(2階)

宮殿の展示は、王妃の居城、宮殿と公園の歴史、ドーナ=シュロビッテン家の芸術コレクション、東ドイツ時代に関するもの、に大きく分けられる。少し町外れに位置するが、中心部からパンコウ(Pankow)駅まで地下鉄1本で、そこからは徒歩約15分。裏手の庭園は散歩にも最適だ。2009年末の再オープン以来、客足は好調だという。

開館:10~3月は土日の10:00~17:00(ガイドツアーによる見学のみ)。4~9月は月曜を除く10:00~18:00
(火~金はガイドツアーによる見学のみ)。
住所:Tschaikowskistraße 1, 13156 Berlin
電話番号:(030)4039 4926 10
URL:www.spsg.de


ガストハウス・マヤコフスキー
Gasthaus Majakowski


かつて東独の最高幹部たちが住んでいたマヤコフスキー環状通りにあるレストラン。19世紀の邸宅を生かして造られただけあって、優雅な雰囲気の中、季節の素材を生かした新感覚のベルリン料理を味わえる。もちろんカフェとしても利用できるので、シェーンハウゼン宮殿を見学した後に立ち寄ってみてはどうだろう。

営業:月~金12:00~。土日祝11:00~。
ただし、11~5月の毎週月曜は定休日。
住所:Majakowskiring 63, 13156 Berlin
電話番号:(030) 4991 8250
URL:www.majakowski-gasthaus.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-02-13 13:09 | ベルリン発掘(東) | Comments(0)

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング