ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

2010年に読んだ本から -香港、ソ連、中国、エルベの東-

e0038811_20493677.jpg
2010年のことをロクに振り返らないまま年が変わってしまった。今回は、昨年読んだ本の中から印象に残った何冊かを書き記しておこうと思う。

日本語の本を読みたいだけ読める環境にないので、数は自ずと限られてしまうのだが、とりわけ深く心に残ったのは『オリガ・モリソヴナの反語法』(米原万里著。集英社文庫)と『転がる香港に苔は生えない』(星野博美著。文春文庫)の2冊。もう何年も前に出た本なので、読まれた方も多いかもしれない。前者はスターリン時代を中心とする旧ソ連と60年代のプラハ、後者は返還直前の香港を舞台にした長い物語。フィクションとノンフィクションという違いはあれど、人間への好奇心と深い洞察(かつ柔軟な視線)を持ち合わせた筆者による、ある種の気迫と執念に貫かれた作品であることなどは共通していて、しばらく忘れていた読書の醍醐味を味わわせてくれた。お二方ともジャーナリストではないので、何かを伝えるのに統計やデータの提示から入ることはしない。だが、何の予備知識がない読み手をもその世界に引き込み、スターリン時代のソ連の非人間的な恐怖政治だったり、返還直前の香港の人々の心のざわつきだったりを眼前に鮮やかに伝えてくれるところが素晴らしい。これは並の歴史家やジャーナリストではそうできない仕事だろう。心からおすすめしたい本。

星野さんの著作では、他に『愚か者、中国をゆく』(光文社新書)も読んだ。これは1980年代にご自身が経験した中国旅行の話。硬座の過酷な体験談も出てくるが、それでもこれを読んだらいつか列車に乗って中国を旅してみたくなる。でも、ベルリンからはやはり遠い世界だ。久々に日本に帰ると、1日でも日本に長くいたいと思ってしまうから、アジアを旅するのはまだしばらく先になるかなあ。

中国関連では、佐藤千歳さんの『インターネットと中国共産党』(講談社文庫)も面白かった。佐藤さんは私の大学のオーケストラ時代の先輩で、現在北海道新聞の記者をされている。最初の2冊に比べると、まさに新聞記者の視点で書かれているが、目まぐるしく動く社会と報道の現実を「人民網」編集部の現場にいた経験を元に、丁寧かつスリリングに伝えてくれる。この本が出た後、佐藤さんは同社の北京支局長になられたそうで、今後のご活躍にも期待したい。

ドイツ関連では、最近読んだ『ドイツの二大文化圏―ドナウの南とエルベの東<ドイツ地誌入門>』(鈴木喜参著。大学教育出版)をご紹介しておきたい。教科書のような客観的なスタイルで書かれているので、どこか無味乾燥な解説本を想像していたのだが、実際読んでみたら筆者の長年の研究とフィールドワークが生かされた、静かな情熱が伝わって来る本だった。同じドイツでもベルリンとミュンヘンが全く異なる雰囲気の街であることは誰でも知っているが、その文化圏の相違がどのように生まれたか、自然・歴史・宗教・産業・社会などさまざまな角度から、わかりやすく解説した本はありそうでなかったと思う。旅行でドイツに行かれる方にもおすすめ。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2011-01-10 12:54 | ベルリンを「読む」 | Comments(3)
Commented by hijiki-fugue50146 at 2011-01-11 00:14
昨年、上海万博へ招待をされて虎舞を披露してきました。
それ直後、例の事件がありまして。
そのためでしょうか、大騒ぎする日本の報道に
違和感を感じてました。
ある意味、仲がいいとか悪いとかではなく
もともとそんな国だったと思えました。
ときどき日本の報道番組をみながら考えるのは
日中関係の本当の姿をあぶり出すためには
米中関係の本当の姿を知らないとということです。
意外と仲がいい二つの国のことを知らないと
日本は大きな間違いをしそうな気がします。
そういうためにも香港、中国関係の本読んでみたいです。
看護師はそういうことに疎すぎますから。
あ、はなしがずれましたね(笑)
Commented by たんたん at 2011-01-11 20:05 x
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。

「オリガ~」は私も比較的最近とても興味深く読みました。
実はお友達のAAさん(まさとさんもご存知の物知りスーパー主婦です)がお好きだろうな、と年末にお会いした際にお持ちしたらなんともう持っておられ、米原さんの本は何冊か読んでられるようでした。「中村さんもハマってられるわよ」とお聞きして、まさとさんにメールさせて頂こうかな、なんて思いつつしそびれていました。
星野さんの本は読んだことがないのですが、私も中国語硬座で旅した事があるので(といっても2000年以降なのでいろんな面で私の時の方が随分良くなっていたのでしょうね)興味があります。機会があれば是非読んでみたいです。
Commented by berlinHbf at 2011-01-14 21:29
hijiki-fugue50146さん
上海万博へ招待とは貴重な経験をされましたね。
>大騒ぎする日本の報道に違和感を感じてました。
中国のやっていることもひどいですが、日本のマスコミの報道には私も違和感を感じました。直の目で見るのはしばらく先になりそうですが、かの国の動きはいろいろな意味で気になりますね。ふるまいよしこさんの著作なども読んでみたいと思っています。。

たんたんさん
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。
AAさんとお知り合いでしたか!本当にいろいろよくご存知の方ですよね。僕もいつも知的刺激をいただいています。

星野さんの本は、文庫で出ているのはそれほど多くないのですが、それだけに今すぐにでも全部読みたい気分です。ある種の中毒性があるのかも(笑)。また面白い本に出会ったら、ここでご紹介しますね。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング