ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

屋根のつららにご用心

e0038811_23432646.jpg
この寒さで、アパートが結構大変なことになっています。私はアルトバウのアパートの中庭に面して住んでいるのですが、中庭から通りへ出るドアが完全に凍結してしまい、どんなに力を入れて押しても開きません。屋根の上のつららが少しずつ溶けてきて落下し、ドアの把手はご覧の状態。こんなの初めて見ました。

e0038811_231078.jpg
部屋からアパートの屋根を見上げると、大体こんな感じになっています。

e0038811_23102266.jpg
中でも一際大きいのがこれ。どう見ても1メートルぐらいはありそうな巨大つららです。見た目はなかなかきれいですが、ロマンチックな気分に浸っている場合ではありません。

e0038811_23103949.jpg
恐ろしいことに、この巨大つらら、通りへ出るもう1つのドアのちょうど真上にできているのです。こんなものが突然頭上に落ちてきたらと思うと・・・。完全に凍結したもう1つのドアについては、隣人が大家さんに連絡してくれたそうですが、この時期いつレスキュー隊(?)が来てくれるか全くの不明。これで気温が急に上がったら、あの危険なつららたちは、一気に落下してくることでしょう。外に出る時は毎回ヘルメットでもかぶるか・・・。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-29 16:07 | ベルリンあれこれ | Comments(9)
Commented by pfaelzerwein at 2010-12-30 01:15
この取っ手は凄いです。雪崩止めがあるだけにその雪からの氷柱ですね。一層のこと地面まで垂れてくれるとアイスクライミングも出来そうです。

金田一耕助マッツァオの氷柱もなかなか落ちて仕舞わないようであれば、「氷柱注意の表示」を出す必要がありますね。判例でも、通路の除雪同様に、第三者が通行する場所での注意義務があります。
Commented by なびん at 2010-12-30 22:02 x
初めまして。今夏休みを利用してベルリンへ訪れたのですが、
その際機上で読んだBerlin Travel Bookで中村様のことを知り
帰国後よりブログを度々拝読させていただいています。

ベルリンは大変寒いとのニュースがこちらでも報道されておりますが、写真を拝見するとその凄さがよく分かります。
夏の過ごしやすかった気候とあまりに対照的な景色に軽い衝撃を憶えました。話には聞いていましたが、冬は大変そうですね...

今回ベルリンを訪れたのは私の小中高を共にした友人がミッテ区のMulackstr. にて今春緑茶をメインにしたカフェを始めまして
そのお祝い?と、ユーロ安の好機も手伝い、10年越しに実現できた旅でした。

友人はHideと仲間から呼ばれておりまして
横浜市出身です。
お時間がありましたらカフェの方に興味本位で結構ですので中村様にも足をお運び頂ければ嬉しく存じます。

宜しくお願いします。


Commented by reisigfeld at 2010-12-31 12:43
すごいつららですね。これが落ちてくることを考えると怖いです。
いつも上を気にしているわけにも行きませんからね。
わたしは寒いところで生活した経験がないので、こういう部分は
気づきません。寒冷地での生活の大変さの一端がわかりました。

Commented by 冬風 at 2010-12-31 13:10 x
 お久し振りです、毎度Twitterではありがとうございます。
 ツララの写真、何とも凄いですね。取っ手の写真と共にベルリンの冬の寒さを、日本の真っ青な空の下で思い出さずにはいられません。以前に水道管の凍結でしたでしょうか、それを取り上げられていた事もふと思い出します。
 ドアの凍結は霜が積もりすぎて車のドアが、と言うことは毎年、冬になると自分の住んでいる地域でもありますが、家のドアがと言うのはありませんし、その点でも改めてベルリンの凄さを感じます。
 来年は2月にベルリンに行く予定ですが、どんな天気なのか・・・1月にしか行ったことがありませんので気になってしまうものです。
Commented by Tor2010 at 2010-12-31 22:47 x
こんにちは。凄く長いつららですね!子供時代住んでいた北国の冬を思い出しました。外出の際はお気を付け下さい。(本当に何かかぶったほうがいいかもしれません)
今年10月から「テレビでドイツ語」をスタートしましたが、なかなか上達せず・・・気長にやろうと思っています。


Commented by hijiki-fugue50146 at 2011-01-01 22:01
あけましておめでとうございます。
伊豆も冷え込んできましたが我が家のまわりは、まだ霜もおりません。
とはいえ通勤のとき見える田んぼは真っ白に霜が降りていました。
ツララのお写真、天城トンネルにも長いツララが出来ていて
石で落として遊んだことを思い出しました。
ドアのノブ、似たような光景をスキー場で見た覚えが。
いずれも生活とはかけ離れた空間なので
住むとなると大変でしょうね。
日本も年明けから冷え込みも本格的になってきました。
ことしも学びの深いブログお願いします。
Commented by berlinHbf at 2011-01-03 21:58
pfaelzerweinさん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございました。
>「氷柱注意の表示」を出す必要がありますね。
本当に。通りを歩いていると、つらら落下の危険があるアパートによっては、前にロープが張られていることもありました。ただ、なかなか中庭までは手が回らないようです。

なびんさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
>ミッテ区のMulackstr. にて今春緑茶をメインにしたカフェを
というと、Mamechaさんですね。知人から紹介され、一度訪ねてみたいと思っていました。近々ぜひ行ってみます。ご紹介ありがとうございました。
Commented by berlinHbf at 2011-01-03 22:08
reisigfeldさん
>寒冷地での生活の大変さの一端がわかりました。
ご感想ありがとうございました。私も日本は比較的暖かい街で育ったので、北国の寒さは身に沁み入ります。ところで、山陰の旅行記、とても興味深かったです。今度ぜひコメントさせていただきますね。

冬風さん
>以前に水道管の凍結でしたでしょうか、
ちょうど1年前、日本から帰国した日の夜でしたね。久々に思い出してしまいました。2月は、時期にもよりますが、昨年は後半になると雪がほとんど溶けたように思います。日も大分長くなるので、旅行するには決して悪い季節ではありませんよ。
Commented by berlinHbf at 2011-01-03 22:17
Tor2010さん
おかげさまで、年末に大分気温が上がり、つららはほぼ溶けてしまいました。でもまたそのうち次の寒波がやってくるしょうから、油断は禁物ですが・・・。
>今年10月から「テレビでドイツ語」を
語学習得は本当に長い時間がかかるので、楽しみながら気長にやられるのが一番だと思います。今後ともよろしくお願いします。

hijiki-fugue50146さん
年末は日本も大分冷えこんだようですね。コメントを拝見して、伊豆もまたいつかゆっくり訪ねたいなあと思いました。今年もどうぞよろしくお願いします。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング