ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

橋口譲二『Hof ベルリンの記憶』とプレンツラウアー・ベルク(2)

e0038811_18372819.jpg
橋口譲二さんが20年前に撮ったプレンツラウアー・ベルク地区の写真を見ながら歩くと、いかにこの地区が変貌したかを今更ながら実感する。その時の橋口さんの感慨は、「ミッテの朽ちたアパートから見えるもの」で書いたことがある。注意して歩くと、きれいに改装されたアパートの一部分に、アパートの壁に戦前の看板文字が残されているのを見つけることがあった。Särge(棺)とかBestattung(埋葬)などの文字が見えるから、葬儀屋の看板に違いない。とはいえ、この周辺はあまりにきれいになってしまい、こういう生々しい形での過去の痕跡は、本当にわずかばかりになってしまった。

e0038811_17594963.jpg
続いて遭遇したのがStubbenkammerstr.にあるこのアパート。突き出た円柱のバルコニーと屋根の形。この地区で改修されずに時が流れるまま朽ちているアパートはもはや珍しい。今度こそこれではないかと、私は建物を凝視した。

よく見ると結局これでもなかったのだが、同じプレンツラウアー・ベルク地区内でも共通して見られるアパートの建築スタイルがあるのは、ちょっとした発見だった。ゼーネフェルダー通りをさらに歩くと、次に曲がるのがレーマー通り。その角に差し掛かったところで、私は思わず「あっ」と声を上げ、そのまましばらくぼうっと佇んでいた。

e0038811_17575547.jpg
橋口譲二さん撮影の写真(1990年代初頭)

e0038811_18453261.jpg
Raumerstraße (2010.11)

今度は細部を確認する必要はなかった。一瞬でここだと確信したからだ。通りの店は全て変わっていたが(おそらく大部分の住人も?)、2枚の写真を見比べるといかにオリジナルに忠実に修復したかがよく見て取れる。寒い日の午後だったが、私の気分は高揚していた。橋口さんからの依頼がなかったら、プレンツラウアー・ベルクの普通のアパートに、これほどまでに感動的に「出会う」ことはなかっただろうと思う。

家に戻って早速橋口さんに報告したら、大変喜んでくださり、「このまま中村さんのブログで書かれたらどうでしょう。住所探しとはいえ、ウロウロされることで、中村さん自身が発見をされているからです。ウロウロするのは、僕と中村さんは分野は違えど基本中の基本です」と長年ベルリンを歩いてきた方ならではのことを書いてくださった。実はその後もいくつか似た依頼をいただいたが、そちらの建物は結局どうしても見つからず、とても残念だった。写真集『Hof ベルリンの記憶』の発売予定日は、当初の予定から遅れ、年明けの1月25日になったそうです。ベルリンの1つの文化遺産にもなり得る写真集を、皆さんにもじっくり見ていただきたいと思います。私も非常に楽しみです。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-12-16 12:15 | ベルリンを「読む」 | Comments(7)
Commented by zaichik at 2010-12-17 04:04 x
Raumerstraße(ラウマー通り)と言えば、相方が以前住んでた通りだよ。
明日の辻井さんのコンサートで久しぶりに会えるかな?もちろんチビは留守番ですが。
Commented by たんたん at 2010-12-17 04:18 x
お久しぶりです!
私の友人も20年ほど前(壁の崩壊前後に掛けての3年間)東ベルリンに住んでおられ、その後初めてベルリンを訪問された際にたまたまStadtmitte近くを通った時に「この近くに住んでいた」と言われ、アパートを探したらそのアパートが今も残っていて涙されていました。
当時は外国人用のアパートで日本で言う1階部分は盗聴室でその上が住居だったそうです。
そういう建物が残っているのがベルリンの凄さですよね。
Commented by berlinHbf at 2010-12-18 19:50
zaichikさん
ご無沙汰しています!昨日は急用が入って、コンサートに行けなくなってしまいました。いかがでしたか。

ラウマー通り近辺はzaichikさんとも何度か歩きましたよね。「ささや」に行こうとしたら定休日だったことも、今となっては懐かしい(笑)。

たんたんさん
印象的なお話をありがとうございます。橋口さんの写真を見ると、街の空気がいまと全然違うのが容易に想像できますが、人は変われど街並みは変わらずというのは、やはりどこか感動的ですよね。
Commented by IB at 2010-12-19 15:12 x
こんにちは、初めてきますが

ちょっとお聞きになりたいことがあるんですけど、ドイツで大学前教育の有名な女子高ってありますか?
Commented by berlinHbf at 2010-12-19 18:55
すみませんが、こちらでは存じかねます。
Commented by みづ at 2010-12-19 23:43 x
今さっき、そこの通りのパン屋さんに行ったところでした。
前回の日記から「お目当ての場所は見つかるのかな…」とはらはらして読んでいましたが、見つかってよかったですね!
でも、修復されるとイメージ変わるものですね。レンガのボコボコした感じがなくなって、きれいな色が塗られると、ぱっと見て同じものとは思えない雰囲気がありますね。
それでいて形はしっかり原形をとどめているところがまた感動的。
Commented by berlinHbf at 2010-12-24 23:26
みづさん
コメントありがとうございます。本当にこの2枚の写真の印象はまるで違いますよね。改修すると、きれいになる反面、つるつるのっぺりした印象になるのは仕方ないところなのでしょう。それでも、外観が原型のまま留めているということは、過去に思いを馳せるのが好きな者にとって本当にうれしいことです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング