ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン300年の知の歩み

e0038811_7103149.jpg
リヒトホーフに置かれている、書庫を模した巨大インスタレーション
Regalinstallation im Lichthof Foto: © Roman März


2010年、ベルリンは「学術年」(Wissenschaftsjahr)を祝っています。というのも、今年から来年にかけて、ベルリンの歴史ある学術機関が軒並み記念の年を迎えるからです。例えば、国立図書館の創設350周年、欧州最大の大学病院「シャリテ」は300周年、フンボルト大学と自然史博物館が200周年、マックス・プランク協会とベルリン植物園が100周年といった具合です。現在、ベルリンは200以上の研究機関、約20万人もの学生や研究者を抱えていると言いますから、この記念年の副題通り「知の首都」と呼ぶことができるでしょう。

e0038811_7145782.jpg
少し前までポツダム広場に設置されていた「ベルリン学術年」のインフォボックス。ドイツ語で「学問」を意味する“Wissenschaft”の頭文字Wがシンボルマーク

先日、この学術年のハイライトを飾る展覧会、マルティン・グロピウス・バウで開催中の「WeltWissen(世界を知る)」に足を運んできました。

まず、吹き抜けホールの書庫を模した巨大なインスタレーションに目を奪われます。それぞれの棚にはベルリン生まれの展示品が置かれ、解説付きの望遠鏡で覗き込むという仕組みです。そこからは、1710年から現在に至るまでのベルリンにおける学術の歩みを年代別に展示した部屋が続きます。例えば、200年以上も昔のものとは思えない生々しい動物のホルマリン漬け、哲学者ヘーゲルがフンボルト大学での講義のためにしたためた原稿、物理学者ヴェルナー・フォン・ジーメンスが制作した炭素アーク灯など、多くがその実物と共に展示されているので、誰でも楽しめると思います(説明はすべて独英表記)。

e0038811_7194714.jpg
私が特に感動したのは、最後の部屋に置かれていたベートーヴェンの第9交響曲の2冊の直筆の総譜。なぜ2冊あるのかというと、第2次世界大戦の末期、もともと何巻かに分かれていた直筆譜が東西に散らばってしまい、1997年に全巻が再びベルリン国立図書館に収蔵されるまで、56年もの歳月を待たなければならなかったためです。まさに、「ベルリンの壁」崩壊以降の展示室に置かれるにふさわしい至宝でした。

これで終わりかと思いきや、「知への道」と題したもう半分の展示が残っていました。こちらはテーマ別に部屋が分けられ、展示の仕方にもさらに工夫が凝らされていて面白かったです。例えば、「計算」という部屋ではコンラート・ツーゼによる世界最初のコンピューターが、「旅」という部屋では探検家アレクサンダー・フォン・フンボルトの世界旅行の軌跡が示されます。また、アインシュタイン、哲学者ライプニッツやベンヤミン、建築家のシャロウンらが独自の理論や建築を生み出す元となった草稿やスケッチを展示する部屋もあり、天才たちの思考と想像の現場に居合わせたかのようで、いくら眺めていても飽きることがありませんでした。同展は来年1月9日まで開催されています。www.weltwissen-berlin.de
ドイツニュースダイジェスト 11月12日)


追記:
初めて生で見たベートーヴェンの第9のスコア。1つは1楽章(?)、もう1つは4楽章のコーダのページがめくられており、音楽が目の前に立ち上がってくるかのようで、気持ちが高ぶりました。意外に周りのドイツ人は淡々としていて、ゆっくり眺めることができたのもよかったです。その隣の部屋の、ライプニッツやヴァルター・ベンヤミンの過剰なまでに細かい字でぎっしり書かれた思考の軌跡、アインシュタインの相対性理論の草稿や、シャロウンによるフィルハーモニーのスケッチなど、ここだけでも訪れる価値はあると思いました。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-11 23:46 | ベルリン文化生活 | Comments(4)
Commented by hijiki-fugue50146 at 2010-11-12 23:14
はじめまして。伊豆に住む看護師です。
北川森央さん繋がりで
僭越ながらリンクを結ばせていただきました。
お写真きれいです、曇りの日をお選びなのですか?
ブログに伺ったらベートーベンの譜面
とても嬉しくなりました。
28日は森央さんの所属するオーケストラが
下田市でベートーベンの交響曲2番を演奏。
今からそれが楽しみです。
これからもよろしくお願いします。
Commented by berlinHbf at 2010-11-15 02:40
hijiki-fugueさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
ブログ拝見しました。伊豆にお住まいとは、少し憧れてしまいます。ポツダム広場の写真の天気はたまたまです。やはり曇りの日が多いですから。

これからもどうぞよろしくお願いします。森央さんのフルート、いつかぜひ生で聞いてみたいです。こちらからもリンク貼らせていただきました。
Commented by HIDAMARI at 2010-11-16 07:28 x
こんにちは、ごぶさたしています。先週からブログ話として、1998年冬のベルリン初訪問について書き始めました。

写真掲載されたポツダム広場駅など影も形もなく、少し奥にインフォボックスが建っていて、寒々しい当時の風景を思い出しています。

初フィルハーモニーは、アバド&ベルリンフィルによる『トリスタンとイゾルデ』演奏会形式で、ベルリン国立歌劇場『ニーベルングの指環』通しと続いていきます。

そちらも、もうまもなく待降節ですね。お体ご自愛ください。
Commented by berlinHbf at 2010-11-20 01:15
HIDAMARIさん
ご無沙汰していますが、いつもブログは拝読しています。コメントありがとうございました。ベルリン初訪問は僕も98年だったので、当時のポツダム広場のことはよく覚えています。あの時の「トリスタン」は大盛況で、確か隣の小ホールで生中継しましたよね。いまやベルリン・フィルの全公演がネットで鑑賞できるわけですから、時代は変わったものです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング