ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

発掘の散歩術(4) - 出発進行!子ども鉄道 -

e0038811_7285011.jpg
ベルリンの中心部から東のエルクナー(Erkner)行きのSバーンに揺られること約30分、ヴュールハイデ駅で降りると、跨線橋を隔てた向こうにもう1つ小さなホームが見えた。

「ヴュールハイデ公園鉄道」と書かれたホームに立って待っていると、やがてうなるようなディーゼル音に導かれて一編成の車両が入線してきた。赤、青、紫のカラフルな客車。線路の幅は隣のSバーンの半分に満たない、わずか600ミリほど。おとぎの国に連れて行ってくれそうなかわいらしい車体だが、小さいのは列車だけではなかった。駅員も車掌も、ほとんどが皆あどけない顔立ちをした10代の子どもたちなのである。

e0038811_7572093.jpg
ゴトンと音を立てて木造の客車が動き出すと、列車は森の中に入っていく。大きな音を立てて走る割に、時速は15キロほどののんびりしたものだ。車内販売の少年がコーヒーやお菓子を載せたカートを引いてやって来たかと思うと、隣の席では小学6年生ぐらいの車掌さんが、必死に業務メモを取っている。列車が駅に着く度に、慌ててホームに出て行っては乗降確認も怠らない。その様子を眺めていると、なんとも微笑ましい気分になった。

ヴュールハイデ公園鉄道は、広大な公園内を走る全長7.5キロの狭軌鉄道。何と言ってもその存在をユニークなものにしているのは、ほとんどの業務が11歳から18歳までの青少年によって運営されていることだろう。「子どもの頃から勉強と実務を同時に学べるように」という子ども鉄道の考えはソ連で生まれ、1930年代にはすでにいくつもの大都市で運行が営まれていたという。戦後、この理念は同盟国である東ドイツの少年少女組織「ピオニーア団」にも受け継がれ、ベルリンを始め東独全土で12のピオニーア鉄道が走っていた。東西統一後、廃止された鉄道もあったが、ベルリンの場合は存続を求める声が強く、公園鉄道と名前を変えて今に至るまで走り続けている。

e0038811_715994.jpg
公園鉄道の「中央駅」で出会ったかわいらしい鉄道員たち

現在ここに「勤務」しているのは、約160人の一般の青少年たち。年齢によって役割分担と受講コースが決まっている。「中央駅」で降りて、彼らの仕事ぶりを観察してみた。ホームの先端に電話台があり、列車の到着が近付くと監視役の12歳ぐらいの男の子が連絡を受ける。それを隣で伝え聞いていた、やはり同年代の女の子がハンドルをぐるぐる回して踏切の遮断機を降ろす。若い声の車内アナウンスが流れ、列車が入線。さすがに経験が必要とされる駅長や運転手といった業務は、いくつもの過程を経た最高年齢の18歳の青年が担っていた。どのコースもかつてここで勤務経験がある大人たちから教えを受けるという。印象に残ったのは、誰もが嬉々としていて、それぞれの役割に責任を持って取り組んでいるように見えたことだ。将来、鉄道員になるとは限らないのに、こんな経験を積める彼らが、ちょっぴりうらやましかった。

ヴュールハイデ公園は想像以上に広く、モデルパークやFEZ(Information参照)まで含めると、丸1日は楽しめる。列車が再び走り始める春になったら、小さな鉄道員たちに会いに出掛けてみてはどうだろう。
ドイツニュースダイジェスト 11月5日)


Information
ヴュールハイデ公園鉄道
Parkeisenbahn Wuhlheide

e0038811_7595222.jpg
停車中の蒸気機関車。公園鉄道は3台の蒸気機関車と4台のディーゼル機関車を保有

運賃は往復4ユーロ(子ども2.50ユーロ)。Eichgestell駅から徒歩5分にあるFreizeit- und Erholungszentrum (FEZ)-Berlinは、かつてのピオニーア団の施設を改造した、子ども、若者、家族のためのレジャー施設としては欧州最大規模。野外劇場やプール、レストランなどを備え、様々なイベントが定期的に開催される。

営業: 毎年3月末~10月末までの週末。ニコラウスの日の前の週末(12月4・5日)にはクリスマス・スペシャル運行も。
住所: An der Wuhlheide 189, 12459 Berlin
TEL:(030)53 89 26 60
www.parkeisenbahn.de


モデルパーク ベルリン・ブランデンブルク
Modellpark Berlin-Brandenburg

e0038811_8153727.jpg
2007年にオープンした、ヴュールハイデ公園内にある「ベルリン唯一のミニチュア公園」。戦勝記念塔からライヒスターク、ラインスベルク城に至るまで、ベルリン・ブランデンブルク地方を代表する約60の建築物を模型で再現。どれも思わず見入ってしまうほど精巧に作られており、楽しい仕掛けも施されている。

開園:4月5日~10月31日の毎日9:00~19:00
入場料:4ユーロ(子ども2ユーロ)
住所:Eichgestell 4, 12459 Berlin
TEL:(030)473 784 20
www.modellparkberlin.de

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-11-05 23:57 | ベルリン発掘(東) | Comments(10)
Commented by reisigfeld at 2010-11-06 08:43
確かに走っている車両も働く子どもたちもかわいらしいですね。
子ども鉄道については、ロシアなどで今も存続しているのを聞いたことがありますが、ベルリンにもあったのですね。「それぞれの役割に責任を持って取り組む」ということを子供の頃に実際の仕事を通して学べるのは素晴らしいことだと、年をとった今になって余計に感じます。
次回、ベルリン訪問時には出かけてみたいと思いました。
Commented by nem_ran at 2010-11-06 09:34
ハンガリーのこども鉄道はNHKで見たことがあります。ベルリンのは映画「グッバイ、レーニン」にも出てきますね。次回ベルリン訪問には行ってみたい先のひとつです。ちなみに、福音館書店から「ぼくは少年鉄道員」(たくさんのふしぎ傑作選)という本も出てますが、大きなおともだちにも読み応えのある本です。(www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=20928)
Commented by yumikov at 2010-11-06 23:19
子どもたちが車掌さんなのですね!自然と環境の家というのがあの近くにあって、羊やロバなどと触れ合えるのでたまに子どもと出かけるのですが、いつも駅から散歩していました。今度は列車に乗ってみます。
Commented by fachwerkstrasse at 2010-11-07 05:14
確かに運転手や駅の係員にしろ、鉄道関係の業務って子供はみんな憧れますからねぇ。やる方もワクワクドキドキでしょうね。そしてこのように実際の仕事の様子や難しさも体験することは、楽しみながらしかも世の中の実際を学べるいい機会になるのでは、と思いました。太陽が出る季節にベルリンに行くことがあれば、ぜひ行ってみます!
Commented by Daisaku at 2010-11-08 12:40 x
久しぶりにコメントをいただいて嬉しかったです。京都での個展までまもなくとなりましたが、折にふれて更新して行きますのでぜひまたご覧ください。

こども鉄道といえばハンガリーが有名ですが、こちらも興味深いですね。もちろん、真面目な目的をもって敷設され運営されてきたもので、統一後の今も存続されているということも素晴らしいですが、ホームの立派なスポート(横のバケツは給炭用?)やロッド付きのディーゼル機関車など、趣味的にも目を引かれます。次回来訪の際にはぜひ、と思いました。
Commented by berlinHbf at 2010-11-08 20:26
reisigfeldさん
本当に面白い趣旨の鉄道だなあと私も思いました。ただの豆汽車ではなくて、設備もコースも本格的なのに驚きます。いつかぜひ乗りにいらしてください。

nem_ranさん
>ベルリンのは映画「グッバイ、レーニン」にも出てきますね。
話には聞いていましたが、今度改めて映画を見直してみようと思います。

>福音館書店から「ぼくは少年鉄道員」(たくさんのふしぎ
>傑作選)
ご紹介ありがとうございます。実は、子ども鉄道のことを最初に教えてくれた方が、この本のことも紹介してくださっていました。「たくさんのふしぎ」は、作家の宮脇俊三さんも何冊か出しているだけあって、乗り物関係でもいい本がたくさん出ていますよね。
Commented by berlinHbf at 2010-11-08 20:34
yumikovさん
「自然と環境の家」、確かにそういうのがありました。お子さんと一緒に動物と触れあえるのはいいですね。先日初めて行ってみて、公園内の広さに驚きました。暖かくなったらまたゆっくり訪ねたいです。

fachwerkstrasseさん
本当に子どもたちがうらやましかったですよ。制服を着た彼らは、やはりどこか誇らしげでした。子ども鉄道の大人版があったら面白いのですけどね(笑)。
Commented by berlinHbf at 2010-11-08 20:40
Daisakuさん
久々のコメント、ありがとうございました!
子ども鉄道のことは、結構皆さんご存知なのですね。ハンガリーのものがそんなに有名だったとは。実は、ベルリンの子ども鉄道とは交流関係にあり、いまでも友好行事が行われているそうです。さすがにご覧になるポイントが細かいですね。この蒸気機関車はポーランド製だそうで、歴史的にも価値ある車両を揃えているみたいです。京都での個展は、見に行けないのが残念ですが、また様子を教えてくださいね。楽しみにしています。
Commented by Sato at 2010-11-10 21:33 x
 4年前のドイツ旅行でベルリンを訪問した際に、ヴュールハイデ内の野外劇場で行われたロックコンサートを見たので懐かしい気持ちで拝見しました。
 その時、Sバーンのヴュールハイデ駅の横から公園内に敷かれている幅の狭い線路を見て「子供鉄道みたいなものかな」と思ったのですが。こんな立派な「子供鉄道」が現役で稼働していたとは想像もしませんでした。社会主義時代の遺物かなと思ったくらいで。

 これからも、知られざるベルリン・ルポ楽しみにしてます。
Commented by berlinHbf at 2010-11-12 08:00
Satoさん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございました。たまにロックのコンサートのポスターに、会場がWuhlheideと書いてあるのですが、この公園内の野外劇場のことだったのですね。

Satoさんのブログの音楽情報も楽しく拝見しています。多方面の音楽に通じていらして、すごいなあと思います。これからもよろしくお願いします。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング