ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ヴェルダーの開花祭(2)

e0038811_19211378.jpg
(前回の続き)
ハーフェル川に浮かぶ旧市街の島の中に入ると、そこでも桜並木が見事に花を咲かせていました。Ufer Promnadeという湖に面した通りではカフェや屋台が並び、大にぎわい。私たちもホテルの前のカフェでしばし休憩しました。

e0038811_19213519.jpg
がんばれ、ブランデンブルク州!』によると、ヴェルダーの旧市街はブランデンブルク州主導の「町並みプロジェクト」の援助を受けており、漁村の名残を留めた町並みがかなりいい状態で保存されています。

ヴェルダーが歴史上最初に文書に記されたのは1317年で、古くから漁業の他、ワイン醸造が盛んでした。18世紀にワイン産業が一時衰退した際、今度は肥沃な土地を利用して果物栽培に力を入れ、近郊のポツダムやベルリンで販売の活路を見出すようになります。「ヴェルダーのサクランボ」といえば、今でも1つのブランドとして定着しているほどです。

e0038811_1921559.jpg
橋のたもとに移動式遊園地があり、観覧車に乗ってみることにしました。奥に見える立派な教会はHeilig-Geist-Kircheといい、(写真からわずかに外れてしまった)風車と並んで旧市街のシンボルです。

と、窓の外を優雅に眺めていたのですが、この観覧車がとんでもない代物。観覧車なので上下に回るのは当然なのですが、コーヒーカップのように手動で横にも回転する仕組みになっているんです。友達の1人が悪さして勢いよくクルクルと回し出し、さらに下に立っている係員のお兄さんまでもが僕らのゴンドラが通る度にぶんぶん回すものだから、上下左右同時にグラインドしまくり、とんでもないことに。ああ、思い出すだけで気分が悪くなってくる^^;)。

e0038811_19221486.jpg
悪夢の時間が終わり、そろそろベルリンに戻ろうと、(まだ半分目が回ったままの状態で)駅に向かって歩き出したところ、大きな関門が待っていました。旧市街の島に架かる唯一の橋の上が、人混みで大変なことになっています。何とか橋のたもとへやって来たものの、そこから先へが全く進めない状態。周りの大人たちは、いい具合に酔っぱらっているものだから、時間が経つにつれて殺気立ってきて、少々危険な空気も漂い始めました。友達の1人に妊婦さんもいたので、これは危ないということで、島の反対側の港に引き返してきました。

ここからポツダムへ船が出ているのですが、出航まで大分時間がある。困ったのは、その晩オペラ座での仕事があるAくんで、このまま船を待っていたら公演に間に合わない可能性があるということで、やや青ざめた表情のまま、奥さんと橋の方に戻って行きました。

e0038811_19223076.jpg
出航までまだしばらく時間があったはずですが、臨時ダイヤにつき今度は突然出航すると言われ、あたふたと船に駆け込むことに。まったくいろいろと振り回されましたが、1時間あまりの船旅はとても快適で眺めもよく、私もようやく落ち着いてきました。

ポツダムからの電車は、これまた通勤ラッシュ並みの混雑で、バツの悪そうな表情のAくんとここで再会。結局船と時間が変わらなかったわけですからね・・・(でも、公演には何とか間に合ったはずです、多分)。僕らはヴァンゼーで降り、そこからSバーンでベルリンに戻ってきました。

楽しい1日ではありましたが、ここまでの混雑ぶりは全くの予想外でした。

友達が「来年のための忘備録」として、「子供のいる人は絶対平日に。帰りは夕方に船で島からポツダムに渡り、そこからはRBでなくてS-Bahnで帰るのがベスト」とTwitterに書いていましたが、よかったら来年の花祭りのご参考に(公式サイトはこちらより)。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-05-05 14:42 | ドイツ全般 | Comments(10)
Commented by ウーランド村 at 2010-05-06 05:43 x
アハハ〜(笑)「思い出すだけで気分が悪くなってくる」っていう文面読んで笑っちゃいました。まさとさん、大変だったものね。。
本当にいろいろあった珍道中でしたね!(^o^) でも楽しい一日でしたね!!来年は平日に、そして是非果実酒をゲットしましょう!
Commented by berlinHbf at 2010-05-06 06:32
ウーランド村さん
コメントどうも!いやあ、本当に後半は大変でしたね。でも、思いがけず遊覧船にも乗れて楽しかったです。来年はもっといろいろな種類の果実酒を試してみたいです^^。
Commented by マスブチ at 2010-05-06 07:38 x
楽しく読みました.悪さしちゃってごめんなさいw
あの後も,なかなか電車乗せてもらえなくて大変でしたよ.
また来年もぜひ行きましょう!
Commented by berlinHbf at 2010-05-07 02:20
マスブチさん
いやあ、あれには参りましたね(苦笑)。
小学校の時、ディズニーランドのコーヒーカップで回り過ぎて、気持ち悪くなった悪夢が蘇ってきました・・・。
今年は結局1杯しか飲まなかったので、来年もぜひ行きましょう。
Commented by MAYU at 2010-05-08 08:06 x
橋の上の人ごみ。ドイツではこんな景色を見たこと無いです。
関西人ですので、こういう写真を見ると、明石花火大会の歩道橋の事故を思い出します。
船で帰ってこれて良かったですね。
Commented by berlinHbf at 2010-05-08 20:33
MAYUさん
>明石花火大会の歩道橋の事故を思い出します。
Wikipediaで見ました。こんな悲しい事故があったのですね。
一緒にいた友人の判断により、早めに引き返してきて、本当によかったです。
Commented by kaori at 2010-05-10 19:00 x
はじめまして、いつも楽しく読ませて頂いてます!
ヴェルダーの件が出て来たので、ついコメントさせて頂きます。
去年の春私もヴェルダーに行ったのですが、Rathaus SpandauからReedereiのフェリーに乗りました。
http://www.reederei-h-triebler.de/19601.html
リーズナブルで、しかも水曜の朝のみの運行なのでガラガラ(お年寄りの夫婦がチラホラ)で、眺めも良いし、最高でした。花祭りの週末は無理ですが、平日に時間が取れる人はかなりオススメです!
(今見たら12ユーロとなってますが、去年はたしか8ユーロくらいだったはず。。。ちょっとお高くなっちゃいましたね。)
私はもうちょっとあったかくなるのを待ってから今年は行きたいと思っています。といっても、あったかくなるのは一体いつなんでしょうかねぇ。
Commented by KIKI-Brandenburg at 2010-05-10 20:46
おほほほ。大変でしたな。私が今年行かなかったのは、あの人ごみをまたベビーカーで行く気力がなかったから。去年もすごい人だったからね。旧市街地に繋がる橋が1つしかないというのは、こういうイベントがあると不便なんだなと思いました。まあ、このお祭り以外の日は橋1つで十分なんだろうけれど。
人ごみが苦手な人は、お祭りはキツイね。って、この週末、テンペルホーフ公園のオープニングに行って来たよ。初日はデモとかなんかで入れず、でも昨日は天気もよくて楽しかったよ。
Commented by berlinHbf at 2010-05-11 17:58
kaoriさん
はじめまして。耳寄りな情報をありがとうございます。
シュパンダウからヴェルダーへの船の旅、いいですね!
教えていただいたサイトも見てみましたが、往復ということを考えると12ユーロはお得かなとも思いました。
僕が乗ったのはポツダムまでの1時間ほどの船旅でしたが、予想以上に快適で楽しめました。このルートも(夏の天気のいい日に)ぜひ試してみたいです。
Commented by berlinHbf at 2010-05-11 18:06
KIKIさん
ホント、今年の混雑ぶりはニュースにもなったようです。わざわざ行かなくて正解だったと思うよ。

>テンペルホーフ公園のオープニングに行って来たよ。
行ったんだ〜。実は僕も土曜日の夕方に行ってみたんだけど、2カ所の入り口からも入れず・・・。デモと関係があったのかな。これからは毎日開いているそうなので、天気のいい日に自転車で行ってみようと思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング