ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

モザイク・カルテット演奏会

e0038811_635573.jpg
●古楽器の弦楽四重奏団のモザイク・カルテットを初めて聴いたのはいつだったか。シューベルトの『ロザムンデ』やハイドンの太陽四重奏曲(第32番)などの繊細にして典雅な響きにすっかり魅了されてしまった。モーツァルトやプレイエルなど、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世に捧げらた作品ばかりを演奏したコンサートも、まるで音楽を献呈された側に立ったような、ぜいたくなひと時だった。

●今回は、前半にまずベートーヴェンの作品18の4。冒頭から悲壮感に満ちていて、作品18の中ではある種一番ベートーヴェンらしいこの曲をモザイク・カルテットが弾くと、どこかひんやりとした肌触りで、4つの声部が絶妙のバランス感覚を保ちながら浮かび上がってくる。ただ、こういう繊細な演奏を聴くには、いかんせんホールのキャパが大き過ぎる気も。私はむしろ、Alexandre Pierre François Boëlyという名前も作品も初めて耳にした人の作品の方が、印象に残った。ベートーヴェンより25年遅く生まれたフランス人で、がっちりとした構成、朗々としたメロディーに、ハイドンやベートーヴェンの影響がはっきり感じられる音楽だった。

●メインのシューマンの弦楽四重奏曲第3番。これは文句なしに至福の時間。ふわっと語りかけるように始まる冒頭から、ロマンの香りをたっぷり味わわせてくれた。ビブラートは控えめで、大げさな歌い回しは皆無なのだが、1つ1つの楽器の響きが本当に美しくて、涙が出そうになる。3楽章は、特にヴィオラの内声部の支えが素晴らしい。フィナーレは、舞踏風の軽やかな主題と階段を一段一段上っていくような別の主題とがぶつかりあって、華麗に幕を閉じた。先日のエマーソンもそうだったけど、弦楽四重奏のいいコンサートを聴くと、本当に幸せな気分になるなあ。

●明日から数日間、晩年のシューマンが住んでいたデュッセルドルフ方面に行ってきます。それでは。

Quatuor Mosaïques:
Erich Höbarth Violine
Andrea Bischof Violine
Anita Mitterer Viola
Christophe Coin Violoncello

Ludwig van Beethoven
Streichquartett Nr. 4 c-Moll op. 18 Nr. 4
Alexandre Pierre François Boëly
Streichquartett a-Moll op. 27
Robert Schumann
Streichquartett Nr. 3 A-Dur op. 41 Nr. 3

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-04-09 23:57 | ベルリン音楽日記 | Comments(2)
Commented by うのっち at 2010-04-10 20:17 x
お誘いいただきありがとうございました!同じくです、ベートーベンよりボエリーの方が、ずっと映えてた(笑) 後半のシューマンも、聴き惚れてしまいました。ピアノ曲にはなじみがあって、ずっと好きだったのですが、室内楽もとても内省的・親密な響きが満載で、シューマンの魅力を再認識です。3楽章が、今でも頭から離れません。ああいうところは、シューマンの独壇場ですねぇ。

それはそうと、昨日のベルリン滞在最後の最後で、ラトルのマタイ受難曲を聴いてきました!開演10分前に、ダフ屋からチケットを入手(汗) もう、なにもかもが斬新で、まさに「圧巻」の一言です。これから詳しく書いていきたいと思いますが、まさとさんもぜひ・・・と思ったら、お出かけなんですねー、残念!

また、ベルリンに足を運ぶ際には、遊んでやって下さい。「お墓参り」の件も、お待ちしております♪♪
Commented by berlinHbf at 2010-04-14 06:55
うのっちさん
先日はどうも!フィルハーモニーでのこのコンサート、そして旧フィルハーモニーに関するちょっとしたミュージアムのような居酒屋での一杯と、大変充実した夜でしたね。うのっちさんの方でもぜひまたご紹介くださいね。ラトルのマタイはそんなによかったですか。そういう話を耳にすると、聞きに行けなかったのが残念。そう遠くない先にまたお会いできることを願って。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング