ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリンのエマーソン弦楽四重奏団

e0038811_142872.jpg
来週の月曜日(8日)、アメリカのエマーソン弦楽四重奏団が、フィルハーモニーの室内楽ホールでコンサートを開きます(詳細はこちら)。私にとって特別な音楽であるヤナーチェクの2つの弦楽四重奏曲と、ドヴォルザークの《いとすぎ》というタイトルの12曲から成る小品(こちらはまだ未聴)を前後に挿むというプログラムで、半年前から楽しみにしていたコンサートなのです。

で、昨日、イエロー・ラウンジの ニュースレターが届いたのですが、エマーソンはこちらにも登場するのですね。こちらも8日夜なので、おそらくフィルハーモニーのコンサートの後に直行するはず。場所は、クロースター通りのWMF Clubというクラブ。どういうところなんでしょう。こちらでもヤナーチェクを演奏すると思われます。できることなら両方聴きたい!

ちなみに、その前日の11時からは、エマーソン弦楽四重奏団の創設メンバーであるEugene Druckerが、ベルリナー・アンサンブルのホワイエで「Wintersonate」という自作の小説の朗読会をするのだとか。彼の父親(おそらくドイツ人)はナチス政権下の1938年アメリカに亡命しており、その体験をもとにした小説のようです。とにかくいろいろな意味で、来週のコンサートが楽しみになってきました。

関連記事:
クラブで聴くクラシック - Yellow Lounge - (2008-03-01)

Yellow Lounge im WMF
Mo | 08.03.2010

Live Act 1: Horenstein Ensemble
Live Act 2: Emerson String Quartet
DJs: Canisius & Sick Girls
VJs:Pfadfinderei

WMF Club Berlin
Klosterstrasse 44
10179 Berlin
Eintritt: 6 €

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-03-03 17:43 | ベルリン音楽日記 | Comments(10)
Commented by TM at 2010-03-04 04:48 x
これ私も行きたいんですが、こちらでは3回ある公演のうち1回はポリーニ、1回はMetオーケストラ/ブーレーズ&ポラスキの終演時刻とエマーソンの開始時刻が同じなので、断念することになりそうです。
もう1日はヤナーチェクをやらないので、まあいいかと(笑)

これはポスターでしょうか。いい絵ですね。
Commented by CORCOVADO at 2010-03-04 11:18 x
こんにちは。
昨年FM放送で、シュヴェチンゲン音楽祭2009から と題して、エマーソン弦楽四重奏団の演奏会の放送がありました。その時のアンコール曲がドヴォルザークの糸杉からの1曲で、とてもよかったので、全曲聴きたいと思いました。聴かれた感想を読ませて頂くのを楽しみにしています。
Commented by tsu-bu at 2010-03-04 22:44 x
ヤナーチェクは村上春樹の「1Q84」に「シンフォニエッタ」が登場して話題になりましたね。(未読ですが)弦楽四重奏曲で検索したところ、「クロイツェルソナタ」という題名がでてきました。ベートーベンのヴァイオリンソナタにも同名の曲があるので(クレーメルとアルゲリッチのCDをもっています)気になって再び検索。
わかりました。ベートーベンのクロイツェルはヴァイオリニストの名前で、その曲に触発されてトルストイは同名の小説を書き、その小説に刺激を受けてヤナーチェクは曲を書いたそうですね。
クロイツェルソナタの謎がとけ、Amazonでスメタナ四重奏団のCDを注文しました。楽しみです。
Commented by mamebito at 2010-03-04 23:34
私にとってもヤナーチェクの2曲(特に内緒の手紙)は特別な弦楽四重奏曲です。フィルハーモニーもうらやましい限りですが、クラブでヤナーチェクの四重奏というのは一段と惹かれます。妖しさが際立ちそう。鑑賞のエントリ、拝読するのを楽しみにしています!
Commented by AngeBleu at 2010-03-05 12:16

「フーガの技法」のCDでノックアウトされて以来、エマーソン弦楽四重奏団はずっと気になる存在でした。6月に東京でも公演があるので行くことにしています。ヤナーチェクの弦楽四重奏曲は聴いたことがなかったのですが、Masatoさんのイチ押しということを知り、ますます楽しみになってきました。まずはMasatoさんの感想を楽しみにしていますね。(まさかの2日続けてのコメントでした)
Commented by ウーランド村 at 2010-03-06 05:02 x
私も聞きに行く予定です。楽しみですよね。
会場でお会いできるかな?!
Commented by berlinHbf at 2010-03-06 08:47
TMさん
最近室内楽の話題が増えて、日記を楽しく読ませていただいています。ベルリンのアルテミスやクスQもそちらの客演するそうですね。エマーソンは確かニューヨークが本拠地だから、頻繁に聴けるのでしょうか。とにかく月曜日が楽しみです。

CORCOVADOさん
「糸杉」という作品は、実はその存在さえも知りませんでした。連作というのも気になります。心をまっさらにして聴いてきますね。
Commented by berlinHbf at 2010-03-06 09:07
tsu-buさん
お久しぶりです!
考えてみたら、曲名が「クロイツェルソナタ」というのも不思議な話ですよね。2曲ともかなりアクが強い音楽なので、1回聴いただけではピンとこないかもしれませんが、できれば何度も聴いて、そしてうまいカルテットの実演を聴いてみてください。ちょうどエマーソンカルテットが6月来日するようですから。
http://www.ojihall.jp/concert/lineup/2010/20100608.htm
Commented by berlinHbf at 2010-03-06 09:11
mamebitoさんもこの曲お好きでしたか。うれしいですね。
やはり「1Q84」の影響か、ヤナーチェクの関心が高まっているのでしょうか。近いうちに自分とヤナーチェクの関わりについてブログで語りたいと思っています。そういえば、もう「シンフォニエッタ」を演奏したあのツアーから10年経つのですね。
Commented by berlinHbf at 2010-03-06 09:19
AngeBleuさん
2日続けてのコメントありがとうございます(笑)。
エマーソンQの来日公演の情報ありがとうございます。実に11年ぶりの来日とは・・・さすがに日本ではヤナーチェクの合間にドヴォルザークの「アメリカ」などを挿んでいますね。やはりこの方がお客さんが入るのでしょうか。ヤナーチェクの音楽は、ドヴォルザークほど口当たりはよくありませんが、強烈な魅力を持っています。まずはCDなどでお聴きになってみてください。

ウーランド村さん
当日会場でお会いできるといいですね。でも問題がひとつ。チケットがかなり売れていて、いい席がもうほとんどない!このコンサートはどうしてもいい席で聴きたいので、心配になってきました。あのホールは室内楽をやるにしては相当デカいので、悪い席にあたると結構悲惨です。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング