ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ベルリン氷雪模様

e0038811_4411469.jpg
最近撮った中から、ベルリンの雪の風景をお届けしたいと思います。1枚目はフリードリヒ通り駅前のヴァイデンダム橋にて。無数に砕けた雪塊が荒涼とした風景を形作っています。

e0038811_4415092.jpg
それに比べると、シュロス橋(Schloßbrücke)から見た川面の氷は、板チョコみたいでおいしそう(笑)。

e0038811_4443863.jpg
最近、歩道はもちろん、階段を上り下りするのは本当にこわい。ここ数日は路面が完全に凍結して、怪我人が続出しているそうです。皆さんもお気をつけて。北駅(Nordbahnhof)にて。

e0038811_4435646.jpg
この天気でも、巨大クレーンは回り続ける。北駅前に建設中のビルは、大分形になってきました。

e0038811_4432034.jpg
ベルナウアー通りの壁記録センター近く。この先には誰も足を踏み入れないので、雪面がまっさらできれいでした。

e0038811_5135336.jpg
最後にプレンツラウアーベルクのKopenhagener Str.にて。歩道を歩いていると、アパートの屋根から雪塊が落ちてくることがあるので、こちらも要注意です。私も最近、深夜歩いていたら、首根っこにそれが直撃し、すごい衝撃が。何が起きたのかと一瞬パニくりました。幸い首の痛みはその後消えましたが、もしもつららが頭に落ちていたらと思うと、ぞっとします。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2010-02-07 22:37 | ベルリンのいま | Comments(12)
Commented by たんたん at 2010-02-08 07:30 x
本当に、足元にも頭上にも要注意ですね!
雪が降っても気温が上がらないので溶けないし、気温がずっとマイナス10度以下ならさらさらでそんなに危険ではなかったのですが、0度前後まで上がり溶けかけたところにまた気温が下がり、足元はカチカチツルツルの氷状態なので本当に危険ですよね。
出掛ける際には余裕を持って出掛けてゆっくり上と下に気をつけてあるかねば!ですね。
Commented by Ken at 2010-02-08 07:41 x
雪塊の流れる川、オホーツク海みたいですね。ところでプロフィールの写真、ユニークですね。壁の跡?
Commented by 冬風 at 2010-02-08 13:12 x
 ベルリンに行きますとシュプレー川に漂う氷を見て、ああベルリンまで来たなぁとかノンビリと眺めるのが好みな風景の1つでありますが、今回の写真まで、となるとより良い眺めと共に本当に寒い地域なのだと、足を運んでおきながら改めて実感してしまいます。
 自分も先月帰国する際に成田までの便が欠航して焦りましたが、冬はその荒涼さが好ましい反面、事故だとかが置きやすいのは悩ましいところだと改めて感じます。
 なお関東は先週の半ばに雪が降りましたが翌々日にはほとんど溶けてしまい、今では氷すらも残っていません。最も昨日までの数日間は強風で鉄道が運休したり、歩いているだけであおられる等かなり苦労しました。
Commented by TM at 2010-02-08 13:22 x
こんにちは。

上から4枚目と5枚目の写真ですが、なぜかこれが私にとって、ベルリンのイメージです。
建設というポジティブで前向きな行為が、なぜかちっとも浮かれて見えない。
連帯感とか、寄り添う感じが希薄な感じ。
冬でなく夏の写真だったとしても、同じ印象を持った気がします。


実際には、サッカーや映画祭、音楽祭などで熱狂や高揚もあるのでしょうけれど。

ベルリンってとても独特な街ですね。
Commented by zaichik at 2010-02-09 02:50 x
ここまで凍結しているのに放置されている、というのもベルリンでは珍しいことです。これも予算削減のせいなのでしょうか??危なくて仕方ありませんよね。ベビーバギーで外出することがほとんどなので、逆に滑って転ばずに済んでますが。 押しながらツルツルーっと滑ってますよ・笑 頭上は特に要注意!つららの事故は春先のモスクワでは毎年のことだと聞きました。
Commented by berlinHbf at 2010-02-09 21:52
たんたんさん
本当におっしゃる通りです。今週またこれから寒くなるようですし、お互い転倒しないようくれぐれも気をつけましょうね。

Kenさん
オホーツク海の流氷もこんな感じなのでしょうか・・・。一度見てみたいものです。今のプロフィール写真は、川に浮かぶこの雪塊がモチーフです。今度、中央駅近くで撮った写真も使いますね。
Commented by みづ at 2010-02-10 01:35 x
こんにちは。今までに2度ほどコメントさせていただいた者です。1年に1回くらい…。
そのときはまだ日本にいたのですが、半年ほど前にベルリンに引っ越してきました。ベルリンには何度も来たことがあるのですが、冬を越すのは初めてで、毎日寒い寒いとブーブー言ってます(笑)。

前に「古い看板の跡」というエントリで紹介してらしたプレンツラウアーベルクの建物のものすごーく近くに住んでます。笑えるほど近くて、あの写真を見たときは、「え? あれ、これって…」って思いました。

またコメントさせていただきますね。
Commented by berlinHbf at 2010-02-10 02:59
冬風さん
東京も最近雪が降ったようですね。日本に住んでいる時は、雪が降るとうれしかったのを思い出しました。ベルリンでも初雪が降ると少しは気分が華やぐものですが、さすがに今年はもううんざりしています。春はまだ当分先ですが、せめて安心して歩けるようになってほしいです。

TMさん
お久しぶりです。TMさんの独自の感性による文章は、いつも楽しく読ませていただいています。

>建設というポジティブで前向きな行為が、なぜかちっとも浮かれて
>見えない。連帯感とか、寄り添う感じが希薄な感じ。
なるほど、おっしゃることは実感として理解できます。私も歩きながら、不思議な街だなあとつくづく感じることがあります。新しい建物がどんどん建っても、どこか華やかさとは無縁ですよね。単純に街が貧しいという側面にもよるのかもしれませんが。
Commented by berlinHbf at 2010-02-10 03:06
zaichikさん
清掃局もここまで雪が降るとは予想しておらず、人員が足りなくなっている、というような話も聞きました。予算不足という要因もきっとどこかであるでしょうが。近々お会いできるといいですね。またご連絡します。

みづさん
お名前は記憶にあります。ベルリンに越してこられたのですか!

>前に「古い看板の跡」というエントリ
というと、あのカフェかブティックの近くでしょうかね。
そのうちどこかでお会いするかもしれませんね。
街で見かけたらお声をかけてください(笑)。
Commented by isamu at 2010-02-10 07:47 x
2,3回目のコメントです。

壁記録センターに行った時、北駅を使いました。回りは何も無くだだっ広い土地だった記憶がありますが、現在何か建設中なのですね。続報楽しみです。
Commented by キートス at 2010-02-10 22:55 x
へぇー!壁記録センターの案内やArkonaplatz, Mauerparkなどへ行く途中でNordbahnhofで頻繁に降りたんだけど(これは、かつてはベルリンのメイン・ステーションの一つであった、と説明しながら・・・)、あの殺風景が今度無くなるんだね・・・
Commented by berlinHbf at 2010-02-11 09:20
isamuさん、キートスさん
はい、北駅周辺はだだっ広くて何もないのが逆に好きだったのですが、あの風景も過去のものになりつつあります。でも、壁に沿った空き地は公園として残されたので、戦前の駅を偲びながら歩くことができますよ。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング