ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

橋口譲二さんが案内するホテル・ボゴタ

e0038811_1212221.jpg
先日(昨年11月26日)、ベルリンの日独センターで写真家、橋口譲二さんの講演会が開かれました。1980年代から現在に至るまで、橋口さんが撮り続けてきた写真を紹介しながら、自身とベルリンの関わりについて語るという大変興味深いものでした。たまたま、同センターの関係者の方が私の著書を橋口さんにプレゼントしてくださったことから知り合う機会を得て、「あなたに案内したい場所がある。今度会えませんか?」と、思いがけない言葉を掛けてくださったのです。

その週末、橋口さんが連れて行ってくださったのは、クーダムから一歩入った通りにあるホテル・ボゴタ(Hotel Bogota)。橋口さんが20年近く定宿にされているというホテルです。中に入るとまず、簡素な外観からは想像がつかないほど重厚な内装に強い印象を受けました。時を重ねることでしか生まれない、歴史の厚みのようなものを感じたのです。

この建物が住居として建てられたのは1911年。20年代には政治家や芸術家が集う場となり、若き日のベニー・グッドマンが演奏した部屋は今も残されています。4階と5階は有名な女流写真家イヴァのアトリエ兼住居で、36年にはヘルムート・ニュートンが見習いとしてここにやって来ました(しかしナチスの台頭により、ユダヤ人のニュートンは亡命、イヴァは後に殺害されました)。

第2次大戦中は、ナチスがここに「帝国文化院」を移し、検閲活動などを行いました。多くの人事記録が残っていたことから、終戦直後は非ナチ化審議の舞台となり、指揮者フルトヴェングラーもここに呼ばれた1人です。戦後、いくつかのホテルが統合されてホテル・ボゴタが誕生したのが70年代。現在まで家族経営が続けられています。

e0038811_115555.jpg
「この古い時計の前で朝食をとるのが好き」と語る橋口譲二さん

宿泊料は40ユーロからとリーズナブル。内装は部屋ごとにすべて異なり、リピーターが多いそう。「僕がとりわけ好きなのは朝の時間。部屋にコーヒーの香りがほのかに立ち込め、グレゴリア聖歌が聞こえてきます。朝食はシンプルながら、どこか厳粛な雰囲気があるんです」。

e0038811_1154898.jpg
フロアごとに誰でも自由に使えるスペースがあるのもこのホテルの特徴

ホテル・ボゴタを語る上で欠くことができないのが、ホテル内を彩るアートの数々。定期的に展覧会も開かれているほどで、吹き抜けのホールに飾られた日本人作家、大星純一さんの連作はひときわ鮮やかでした。

「このホテルは『文化』を本当に大切にしています。特に若い人たちに泊まって欲しいですね。ここで感じることは少なくないと思うし、何かに気付くきっかけになってもらえれば」と橋口さんは語っていました。
ドイツニュースダイジェスト 1月29日)

Hotel Bogota Berlin
Schlüterstr. 45
D-10707 Berlin
Tel. +49(0)30-881 50 01
Fax +49(0)30-883 58 87

追記:
大変残念ながら、ホテル・ボゴタは2013年12月をもって廃業となりました。

人気blogランキングへ

by berlinHbf | 2010-01-27 17:30 | ベルリンの人々 | Comments(7)
Commented by まっちゃん at 2010-01-28 06:30 x
懐かしい・・・実はここ、泊まったことあって。
留学したての頃、ユースオケの宿泊先がここだったんです。
なんか結構、怪しい置物とかあって、ちょっと怖いイメージもあったのですが(笑)、そんな由来のあるホテルだったのですね。
知りませんでした!
何泊かしたし、色んな友達と出会った場所なので、思い出いっぱいのホテルです。
取り上げていただいて、ありがとうございました。
Commented by la_vera_storia at 2010-01-28 14:30 x
マサトさん、このホテルのことはかつて書いたことがあります(名前でリンク)。 「幻影」の(7)と(8)に登場する「45番地」とはこのホテルのことです。

橋口さんの「ベルリン物語」は分断時代の80年代の西ベルリンの雰囲気を非常によく伝える本です。あの時代のベルリンを彷徨した者には橋口さんの皮膚感覚はよく理解できます。そして壁崩壊後間もないベルリンをどう感じたかについては「新ベルリン物語」でよく伝わってきます。それにも私はよく共感できます。
Commented by Jens at 2010-01-30 13:01 x
お久しぶりです。私もここは2度ほど利用したことがありました(立地と値段に惹かれて、笑)。が、こんな歴史的背景があるなんて全く知りませんでした。。。勿体無いことをしました!また機会があれば利用してみたいです。
Commented by berlinHbf at 2010-01-31 02:00
まっちゃん
へー、このホテルにそんな思い出があったのですか。
団体の若い人たちの宿泊先にもなっているようですね。
ここではよく展覧会をやっているので、宿泊客でなくても気楽に中に入れる雰囲気がいいです。
Commented by しゅり at 2010-01-31 07:23 x
マサトさん、こんにちは。

橋口譲二さんは写真や著作でしか存じませんが
静かな情熱を持たれた方だなと感じています。
ベルリンの芯の部分を、人間の奥底を大事に撮られている方のように
思います。
写真から伝わるあのベルリンの混沌とした雰囲気が好きです。

その橋口譲二さんはよくこのホテルを口にされておられますね。
時々このホテルのHPを見るのですが、古きよきベルリンを
感じさせてくれそうです。
気になります。
Commented by berlinHbf at 2010-01-31 20:45
la_vera_storiaさん
「幻影」の(7)と(8)は確か以前にも拝読したのですが、こうして改めて読ませていただき、深い感慨を受けました。ジョージ・クレア氏にお会いした時の出来事をつづった筆致には唸らされました。ふと、わずか20年前には、フルトヴェングラーの尋問に関わった人物に直接会って話を聞くことができたのかと思いました(もちろんla_vera_storiaさんの語学力と行動力があってのことでしょうが)。今後、あの時代を直に経験した人がどんどん少なくなることを思うと、焦りの気持ちを若干感じますね。自分に今できることはないかと・・・。

それにしても、この「中欧の音楽と文化」掲示板、今さらながらものすごい内容の充実とボリュームですね。時間のある時に最初から最後までじっくり拝読したいほどなのですが、(掲示板ゆえの)読みにくいフォームなのがとても残念です。
Commented by berlinHbf at 2010-01-31 20:55
Jensさん
確かにこのホテルの立地は魅力的ですよね。ベルリン在住の私でも、一度泊まってみたいとさえ思っています(笑)。

しゅりさん
橋口さんについては、私も似たような印象を抱いていたのですが、実際にお会いしてみて、やわらかい笑顔の中にも芯の強さを感じさせる方でした。

しゅりさんのベルリン滞在記も楽しく読ませていただいています。トルコマーケット、楽しいですよね。このホテルもいつか泊まってみてください。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング