ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ペルガモン博物館と再び共和国宮殿

e0038811_70538.jpg
共和国宮殿の「お立ち台」よりブランデンブルク門方面を望む(9月28日18時32分)。

大学時代の先輩から紹介されたあるお客さんがベルリンを訪れ、昨日の午後、町をご案内した。待ち合わせ場所は博物館島にあるペルガモン博物館。私がこの博物館を訪れるのは3回目だが、毎度のことながらそのスケールに圧倒される。ここは日本語によるオーディオガイド(無料)があるので、非常に助かるのだが、全ての説明を聞こうと思ったら丸一日はかかるだろう。そのぐらいの規模だ。

この建物の一角で、「ヘルクラネウムの最後のとき(Die letzten Stunden von Herculaneum)」という特別展がたまたま行われていたのだが、これがとりわけ面白かった。Herculaneumとはイタリア名でエルコラーノ(Ercolano)。ポンペイほど有名ではないが、紀元後79年のヴェスーヴィオ火山の大噴火で、町ごと一瞬にして埋まってしまったナポリ近郊の町である。私は昨年、母親とポンペイを訪れたので、これらの展示物は身近に感じることができた。

灰に埋もれ忘れ去られたこの町が発掘されたのは、1709年になってから。ポンペイより少し早かったとことになる。今回、そこから発掘された彫刻、モザイク画、調度品、アクセサリーなどが並べられたが、イタリア以外でそれらが展示されるのは初めてだという。噴火で町が崩壊する様子を再現した3D映像の他、遊びのためのサイコロや酸化したパンなんていう生活感がにじみ出たものも置いてあった。そして1982年になって初めて発見されたという、折り重なるように横たわる人の死体。わけのわからないまま一瞬のうちに死んでいった人々の恐怖が、時を越えて生々しいばかりに伝わってくる。

そのペルガモン博物館から程近い場所に、以前ご紹介した(こちらを参照)共和国宮殿(Palast der Repblik)がそびえているのだが、ちょうど現代アートの展示会をやっていたので、これも観ることになった。この中に入ることは、それだけでひとつの体験だ。ほとんど廃墟ではあるのだが、何ともいえない雰囲気が中の空間を支配している。オーラがあるというか。本当に今年末で壊されることになってしまうのだろうか・・

e0038811_9172546.jpg
e0038811_715367.jpg
e0038811_722152.jpg
(この写真のみ9月20日撮影)

その後、バスでブランデンブルク門へ。日が沈む直前、そこから程近いホロコースト記念碑も訪れる。一緒に見て回った方は、ここには強い印象を受けたご様子。まだ2日目だが、ベルリンのことを気に入ってもらえたようだ。日没寸前の石碑群は、またいつもと違う色合いを放っていた。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-09-29 02:23 | ベルリンのいま | Comments(4)
Commented by しゅり at 2005-09-29 10:37 x
マサトさん、こんにちは。
ペルガモン博物館は本当に大きいですよね。
絵画館にもその広さや展示の多さに
ぎっくり腰を起こしそうになりましたが(笑)。
ペルガモン博物館はじっくり見たつもりが
ホテルに帰ってガイドブックを確認していたら
建物の半分を見忘れ来たというとんでもない失態を
やらかしててまして、また一度訪れたいところです。
今年は日本へ展示物が多く行っているだろうと思い
今年ベルリンに行った時は見なかったのですが。
ボーデ博物館も開館したら一緒に見に行ってみたいです。

共和国宮殿の中にも一度入ってみたかったです。
最初に共和国宮殿を見た時には
前に広場があるし、たくさん車が止まっていたので
バス?のターミナル関連の建物かと勝手に
納得して見ていました。
しかし、今年の末には取り壊されるのですね。
なんだかあれはあれなりに街に馴染んでいたように思うので
寂しい気持ちがします。
Commented by berlinHbf at 2005-09-30 10:47
しゅりさん、こんばんは、というかもう明け方の時間ですが・・ペルガモン博物館を何回か訪れている私でも、初めての部屋がいくつかあったくらいです。ボーデ美術館はいよいよ来年新しくオープンしますね。楽しみです。エジプト博物館の展示物はあちらに移されるようですよ。

共和国宮殿の取り壊しについては、依然として反対の声も強いようです。どうにかならないものかという気はしますけど・・これからの行方に注目です。
Commented by punica at 2005-09-30 23:21 x
もう少しで10位ですね。応援しています。
Commented by berlinHbf at 2005-10-01 07:29
ありがとうございます。11位になったのは初めてなので、かなりうれしいですね。ブログを始めて今日でちょうど2ヶ月経ちましたが、自分でもこれほどマメに続けられるとは思っていませんでした。これも読んでくださる方がいてのことです。ここまで来たからには、ランキングの方ももうちょっとがんばります。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング