ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

『ドイツの原子力物語』(P.アウアー原著)

e0038811_6385051.jpg
昨年末、日本のある新聞社のベルリン支局にお邪魔した時、たまたま本棚にこの本が目に入った。ちょっと気になる内容だったのだが、短い時間だったので貸してくださいとも言えずそのままになっていた。それから半年以上経ったある日、家のポストに小包が入っていて、空けてみたら何とこの本だった。送り手はベルリンの知り合いの方。その方の知人がこの本の翻訳をしたそうで、私が以前このブログで原爆について何かを書いたのを覚えており、「興味がおありのようなので」と送ってくださったのだった。ちなみに、その方には数年前何度かお会いしただけである。こういう目に見えないところでのつながりというのは、本当にありがたいと思う。

原題は「ダーレムからヒロシマへ」というドイツ語の本で、訳者は外林秀人と外山茂樹の両氏。そのうち外林氏はベルリン在住の化学者で、自身が広島の被爆者ということでお名前は存じ上げていた。たまに講演などもされているようなのだが、残念ながら私はまだ直接お目にかかったことはない。

この物語の核となっている人物は、1938年12月に核分裂を発見した化学者オットー・ハーンと研究員のフリッツ・シュトラスマン。そしてもう1人、リーゼ・マイトナーという重要な女性物理学者がいるのだが、彼女はナチスのユダヤ人迫害により、その時スウェーデンに亡命していた。話は20世紀初頭のマイトナーとハーンの出会いから始まる。最初は純粋な科学的真実の究明だったのが、いつの間にかマンハッタン計画と結びつき、ポツダム、そしてヒロシマへと至る過程が、わかりやすい言葉で書かれている。私はツェツィーリエンホーフ宮殿に比較的よく行くので、広島の原爆投下がアメリカ大統領のトルーマンによってポツダム郊外で決定されたことは知っていたが、その根本の原理であるウランの核分裂反応が発見されたのも、ベルリン南のダーレムであることは知らなかった。

ハーンとシュトラスマンが核分裂反応を発見したダーレムのカイザー・ヴィルヘルム化学研究所は、現在「オットー・ハーン会館」として残っているというので、場所を調べてみたら、このブログで何度か紹介しているイエス・キリスト教会から300メートルと離れていないことがわかった。記念碑も掲げられているらしいので、人類の歴史を変えたその場所を今度訪れてみたい。


「ドイツの原子力物語」-幕開けから世紀をこえて-
総合工学出版会

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2009-09-06 23:28 | ベルリンを「読む」 | Comments(3)
Commented by しろう at 2009-09-07 10:24 x
僕がベルリン滞在をする前ですが、“なぜナチスは原爆を製造できなかったのか”をめぐっての芝居に関わったことがあります。

ナチス側についたハイゼンベルクが、戦時中に、ユダヤ人であるかつての師匠、ニールス・ボーアに“謎の訪問”を行うんです。ふたりのトップ科学者の間で何かが話されたのです。(訪問があったことは歴史的事実として確かめられるのですが、そこで何が話されたのかは現在公開されている記録にはないので、わからないんです。)

とにかく“何か”が話された。その結果、ナチスは原爆の開発に失敗するのです。成功していたら、言うまでもなく人類の歴史はその後、違ったものになっていたはずです。

二人の科学者が平和を望んで原爆開発を避けようとしたのか、あるいは彼らの研究がアメリカ側に大きく遅れをとっていて、計算がそもそも間違っていたのか、今ではそれもわからないのです。

その芝居にオットー・ハーンらの名前も出てくるので、思い出しました。
Commented by kyunkyun at 2009-09-10 17:28 x
はじめまして。
記事とは関係のないコメントになってしまうのですが・・・
すみません。

今、ドイツ国内での、ある制度について調べています。
それは、ドイツ語で 「Bedingungsloses Grundeinkommen」 と言われているものです。
一般的には、「Basic Income」 と呼ばれています。
日本でも、最近少しずつ議論され始めているのですが、ドイツでも盛んになっていると聞きました。

参考ページをリンクしておきます。
ttp://www.peace2001.org/2006/main/bow/20090408_bow_01.html
(リンク先頭に "h" を足して下さい。)

映画の紹介・短編フィルム
ttp://dotsub.com/view/1689fc6f-bade-4482-8829-04c0635f4731
(Japanese 「100%」 にすると、日本語の字幕になります。)

ネットで調べても、英語やドイツ語は分からないのですが、ドイツ国内では、この制度について、どんな受け止め方をされているのでしょうか?
Commented by berlinHbf at 2009-09-12 02:57
しろうさん
コメントありがとうございます。
教えてくださったシーンは、この本のP147に「ボーアとハイゼンベルクの確執」というタイトルで載っていました。普通に読み流していたので、ご指摘ありがたかったです。しろうさんが関わられた作品で、この問題がどのように扱われたのか興味があります。しろうさんの演出作品をいつか観るのが楽しみです。

kyunkyunさん
はじめまして。
「Basic Income」という言葉 、初めて耳にしました。
ですので、ドイツ国内でどう受け止められているかはわからないのですが、『Bedingungsloses Grundeinkommen』というドイツ語は、今後新聞を読む際に注意してみようと思います。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング