ベルリン-東と西が出会う場所。ドイツにありながらドイツではない町。歴史の影に彩られた栄光と悲運の世界都市。そんなベルリンの奥深い魅力をリアルタイムでお届けするブログです。Since 1. August 2005


by berlinHbf

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村真人 (Masato)
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、2000年よりベルリン在住。ベルリンの映像制作会社勤務を経て、現在はフリーのライター、ジャーナリスト。


ベルリンガイドブック
「素顔のベルリン」増補改訂版
¥1,680
ダイヤモンド社
(Amazon、全国各書店にて発売中)

本書は2009年10月発行「素顔のベルリン」の増補改訂版です。2013年に改めて新規取材を行い、データを更新。レストランやショッピング、コラムなどのページも増量し、より充実したガイドブックに生まれ変わりました。

Amazonにてネット購入ができます。



『街歩きのドイツ語 』
¥1,575
三修社

豊富なビジュアルとドイツ語フレーズを楽しめる1冊。基本のあいさつ表現から、街にまつわるドイツ語豆知識まで、ガイドブックとともに旅に役立つ会話集です。




『素顔のベルリン 過去と未来が交錯する12のエリアガイド 』
¥1,575
ダイヤモンド社
(2009年発売)

地球の歩き方シリーズ初、待望のベルリンガイドブック誕生!比類なき歴史を抱えつつ、明日へ向かって日々進化し続ける首都ベルリン。「ドイツで最もドイツらしくない」といわれるこの町の知られざる魅力を、現地在住著者が12のエリアにわけて徹底紹介。


現在のトップ画像は、ベルリン在住のイラストレーター、高田美穂子さんによるオリジナル作品です(詳しくはこちらより)

ベルリン更新情報
2013/02/20 up

ベルリン個人ガイドのご案内

執筆、ガイド、コーディネートなどのご依頼、お問い合わせはこちらまで(これまでの出版・寄稿実績)→
masatoberlin[AT]
yahoo.co.jp

ドイツ語ブログ
Berlin no kaze
1/18 up!「Schreiben auf deutsch über Japan」

※お願い
当ブログの写真や文章に関する、無断での転写・転用を禁じます。
© Copyright 2005-2015 Masato Nakamura. All Rights Reserved





検索

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
foggyな読書
おやぢの部屋2
怠け者の備忘録
庭は夏の日ざかり
資料館の書庫から
Morios Tagebuch
Prost Familie!
田口ランディ Offic...
長坂道子「ときどき日記」
ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記
まめびとの音楽手帳
blue in green
毎日ベルリン!
大栗博司のブログ
好きを仕事にする大人塾「...
Trans Europe...
ヤッホー!今日はどちらへ?
ドイツ木組みの家街道 -...
Sayako's Con...
こなな日記 Vol.2

外部リンク

ホロコースト記念碑(1)

e0038811_84522.jpg
今年新しくオープンしたベルリンの建築物の中で、最大の注目を集めたのはなんといってもこれであろう。訪れたものに、視覚的に圧倒的なインパクトで迫ってくる。「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑(Denkmal fuer die ermordeten Juden Europas)」、通称「ホロコースト記念碑」である。

e0038811_841436.jpg
まず驚くのが、この記念碑の位置する場所だ。ご覧のようにポツダム広場、そしてブランデンブルク門の目と鼻の先にある。日本でいえば、銀座や新宿のオフィス街のすぐ横にあるようなものである。この前例のない記念碑が、なぜこのような街のど真ん中にに建設されたのか、公式のパンフレット(日本語版もある)には次のように説明されている。
ベルリンの中心であり、各国大使館、各種文化施設、オフィスビル、住居ビル、ティーアガルテン公園に隣接するこの場所は、記念碑が公共のものであることを表しています。ベルリン市の歴史的な都市空間や議会・政府地区に位置していることは、記念碑が国と民間社会に向けてつくられたものだということの顕れなのです。
e0038811_8151160.jpg
このホロコースト記念碑だが、完成までの道のりはまさに紆余曲折の連続だった。ジャーナリストのレア・ロッシュがこの記念碑の建設を提案したのは1988年、まだこの場所に壁がある時代だった。記念碑設計の公開コンペが繰り返され、ニューヨークの建築家、ペーター・アイゼンマンの案が採用されることになったが、連邦議会が記念碑建設と財団設立を決定したのは、最初の提案から11年後の1999年になってからのことだった。しかし、「ナチスの犠牲者には(ジプシー系の)シンティやロマ、同性愛者といった人々もいるのに、なぜユダヤ人『だけ』に捧げる、これだけ大規模の記念碑を作らねばならないのか」という批判は消えることがなかった。

e0038811_10443773.jpg
ようやく工事が始まったのは2003年の4月。しかし、その年の10月に一旦工事はストップしてしまう。コンクリートの液化装置と石碑の落書き防止に関わっていたDegussa社が、ナチス時代、ユダヤ人殺害に使われたチクロンBを製造していた会社の姉妹会社であることが判明したのである。責任者のレア・ロッシュは多くの非難を浴びたが、しかし結局、その会社との作業は続行することになる。

2003年末に工事が再開すると、ここからは早かった。2004年の12月に最後の石碑が設置されると、翌2005年の5月12日、ついに一般公開が始まった。奇しくも今年は、あのアウシュビッツ強制収容所の開放から60年、そしてドイツとイスラエルの国交樹立から40年という記念の年だった。

e0038811_8212720.jpg
続きはまた次回に。

人気blogランキングへ
by berlinHbf | 2005-09-24 03:38 | ベルリン発掘(境界) | Comments(6)
Commented by smacks at 2005-09-24 23:44 x
エルサレムに行ったときに、丘一面に同じような形状・大きさの墓石が並ぶ墓地を見ました。色はもっとクリーム色っぽい明るい色でしたが。
それにしても凄まじい記念碑ですね。そしてこのコンクリート色や無機質に反復される形状が、皮肉にもイスラエルが建設中の「壁」を想起させてしまうという・・・
Commented by berlinHbf at 2005-09-25 07:18
エルサレムにはYad Vashemというホロコースト記念館がありますが、smacksさんはあそこにも行かれたのでしょうか。ベルリンのユダヤ博物館とは比較にならないくらい、強烈な内容だと聞いたことがあります。イスラエルの壁については、5月に観た「壁」というドキュメンタリー映画でその現実をおぼろげながら知ることができましたが、一般にはあまり話題に上らないのが逆に恐いですね。
Commented by KS at 2005-09-26 16:53 x
あ、ここで前に鬼ごっこしたらチョーおもしろかった!(って、おもしろいとかって言っていいのかな?)
韓国の何かの雑誌で、今じゃベルリンでの待ち合わせはここの何列目も何番目ってなっている、、、とかって書いてあった。
誰がしてんだ!そんなこと。笑えた。
Commented by berlinHbf at 2005-09-26 20:37
確かに鬼ごっこには最高の場所でしょうが・・いや、ダメですそんなことしては!狭いので、勢いよく駆け回ったら、コンクリートに頭ぶつけます。石碑は4メートル以上の高さのものもあるので、落ちたらまず死ぬでしょうし。その雑誌に書いてあることすごいですね。石碑は全部で2711基あるので、ちょっと間違えたら、会うだけで半日ぐらいかかったりして・・
Commented by havigo at 2005-09-27 12:03
こんにちは、はじめまして。havigoと申します。いつも楽しく拝見させて頂いております。
何年か前に日本での「ホロコースト展」に行った事があります。収容されていた子供たちが描いた絵なども展示されていて、戦争の恐ろしさを忘れない為にもと、その画集を購入しました。
ドイツの戦争を忘れない努力にはいつも感心させられます。
Commented by berlinHbf at 2005-09-28 07:29
havigoさん、はじめまして。ブログ拝見しました。フィーゴが本当にお好きなのですね!私は3年前、たまたま訪れたミラノでACミランの試合を観戦することができたのですが、ルイ・コスタを間近で観れてとても感激しました(フィーゴではありませんが・・)。強制収容所の子供たちが描いた絵は、プラハのユダヤ人墓地で観たことがあります。ベルリンに住んで、ドイツ人の過去への取り組み方を見ていると、いろいろ考えさせられるものがありますね。またブログでも書くつもりです。

カテゴリ

Deutsch
ベルリン中央駅
ベルリンのいま
ベルリン個人ガイド
ベルリン発掘(西)
ベルリン発掘(東)
ベルリン発掘(境界)
ベルリン発掘(全般)
ベルリン思い出話
ベルリンの人々
ベルリン音楽日記
ベルリン文化生活
ベルリン子育て日記
ベルリンを「観る」
ベルリンを「読む」
ベルリンあれこれ
ベルリン天使の降りた場所
ベルリン音のある街
ベルリンクイズ100
ベルリンリンク集
ドイツ全般
ドイツから見た日本
サッカーWM2006他
欧州を感じる旅
- 2005ウクライナ紀行
ドイツ語関連
ニッポン再発見
その他
BZ Lexikon (Berlin)
BZ Lexikon (1-50)
BZ Lexikon (51-100)
BZ Lexikon (101-150)
BZ Lexikon (151-200)

タグ

(113)
(112)
(111)
(107)
(105)
(97)
(96)
(87)
(86)
(78)
(73)
(67)
(66)
(64)
(58)
(55)
(54)
(46)
(42)
(40)

以前の記事

2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
more...

最新のコメント

山根正次のサインが「玄洋..
by 浦辺登 at 10:25
コメントありがとうござい..
by berlinHbf at 04:46
今、NHKBSで「ベルリ..
by 流れ星 at 01:14
Yozakuraさん ..
by berlinHbf at 02:26
Masatoさま  肝..
by Yozakura at 12:34
Masatoさま  未..
by Yozakura at 12:26
kokhavさん こち..
by berlinHbf at 06:13
長い間、ありがとうござい..
by kokhav at 22:30
焼きそうせいじさん 大..
by berlinHbf at 05:57
年に1回の日本での授業に..
by 焼きそうせいじ at 19:31
ヒガシモンさん 詳細な..
by berlinHbf at 17:02
kokhavさん >み..
by berlinHbf at 16:49
冬風さん コメントあり..
by berlinHbf at 16:46
続き…今回ドイツ宛へ物を..
by ヒガシモン at 15:44
マサトさん>ご返信ありが..
by ヒガシモン at 15:20
おかえりなさいませ。 ..
by kokhav at 23:31
ベルリンからの長旅お疲れ..
by 冬風 at 20:21
ヒガシモンさん こうい..
by berlinHbf at 18:51
軒国彦さん はじめまし..
by berlinHbf at 18:48
桑原さん ご丁寧なコメ..
by berlinHbf at 17:49

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事

10年分の感謝、ひとまずのお..
at 2015-08-03 23:23
上棟式を迎えたベルリン王宮
at 2015-07-18 22:29
指揮者キリル・ペトレンコのこと
at 2015-07-13 23:09
発掘の散歩術(60) - 番..
at 2015-07-08 14:18
ポツダムの新庭園へ!
at 2015-07-04 10:49
発掘の散歩術(59) - 7..
at 2015-06-13 16:43
マルティン・グロピウス・バウ..
at 2015-06-08 10:18
山梨での週末
at 2015-06-02 00:54
長男誕生3、4ヶ月目 - 日..
at 2015-05-23 21:39
旧カール・マルクス書店が文学..
at 2015-05-17 14:12
ドイツニュースダイジェストの..
at 2015-05-10 15:00
発掘の散歩術(58) - S..
at 2015-05-10 13:48
変わりゆくツォー駅周辺
at 2015-05-01 18:52
「西ベルリン」の回顧展
at 2015-04-20 21:23
NHK『テレビでドイツ語』新..
at 2015-04-10 17:01

記事ランキング